foauewrooiさんのマイページ

心因性のEDが精神がキーマンであり

2017/07/26 16:30

心因性のEDが精神がキーマンであり、ストレスが深く関係していることがわかったと思います。

次は心因性EDの症状やその特徴について紹介します。

自分の症状と照らし合わせてみましょう。

ストレスで自律神経がバランスを崩すと心因性のEDになる

慢性的に続くストレスや強いストレスがかかると自律神経のバランスは崩れてしまいます。

バランスが崩れてしまうと、本来、副交感神経の役割の時に交感神経が担当してしまったりします。

ベッドで夜の営みが始まると同時に交感神経が担当してしまい勃起しないということにもなるんです。

それだけではなく、不安や緊張といったストレスが常に付きまとうと、ずっとシアリス 通販交感神経が担当し続けなければならないので、勃起担当の副交感神経にシフトチェンジできなんです。

つまり、勃起する時間帯がとても少なくなります。

トラウマで心因性のEDになる

  • 「前の性行為で中折れしてしまった。」
  • 「勃起しなくて彼女がとても不満そうだった」

こういった体験はトラウマとなってEDを引き起こす可能性があります。これも心因性EDの症状の1つです。

これは「中折れしてしまった・・・」「彼女を悲しませてしまった・・・」という失敗談からくる、緊張やプレッシャーがストレスとなりEDを引き起こしています。

こういったトラウマがある状況の中で1番緊張したり・プレッシャーがかかる時はいつでしょうか?

おそらく、「さぁ、ことが始まるぞ」「さぁ本番だ」というスタート地点だと思います。

マラソンなどでもスタート地点が1番緊張し、ストレスを感じると思います。

だから、過去の失敗のトラウマがストレスで勃起に不具合がでる人は、

G行為の時は問題なく勃起する。
本番が始まる前まではギンギンに勃起している。

といった症状になりがちになります。

これは紛れも無く、威哥王性行為を引き金にトラウマというストレスが発生し、いよいよという時に緊張やプレッシャーがピークに達していることを表しています。

緊張やプレッシャーが大きくなればなるほど交感神経の役割も強くなります。

つまり、どんどん勃起できない状況になっているということです。


Tags: なし
Binder: foauewrooiのバインダー(日記数:2/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=15723736&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.