ありがとうさんさんのマイページ

視線の動きで心を読み取る「目は口ほどにものをいう」

2007/08/05 22:02

昔から「目は口ほどにものをいう」といいます。言語学と心理学から生まれた学問であるNLP(神経言語プログラミング)の世界でも、目の動きから心理状態を読み取る「視線解析」が研究されています。そこで今回はNLPの視線解析にもとづき、視線の動きによって相手がどのようなことを考え、感じ取ろうとしているのかを読み取るコツをご紹介したいと思います。

● 視線が右上を向いているとき
未来のことをイメージで想像しているときや、新しくイメージを作り出そうとしているときなどは、視線が右上を向くことが多いといわれます。これを応用して、将来の計画をしたいときに視線を右上に向けると、イメージが膨らみやすくなるのです。

● 視線が左上を向いているとき
過去のイメージを創造しているときは、視線が左上を向きます。人物の顔や場所などがなかなか思い出せないというときは、視線を左上に向けると思い出しやすくなるでしょう。

● 視線が右横を向いているとき
作曲をしようとしているときなど、音声情報を作り出そうとしているときは視線が自然と右横を向きます。“動物の話し声”など、聞いたことのない未知の音声を想像しようとするときも視線が右横を向くといいます。

● 視線が左横を向いているとき
過去に聞いた人の声や物音、過去に話した会話の内容などを思い出そうとしているとき、視線は左横を向く傾向があります。打ち合わせの内容をメモし忘れたときなど、音声情報を思い出したいときは視線を左横に向けると記憶がよみがえりやすくなります。

● 視線が右下を向いているとき
触覚や味覚、嗅覚といった体感覚が働いていたり、思い出そうとしていたりするときは、多くの場合、視線が右下を向くといいます。マッサージを受けているときやワインのテイスティングをしているときなどは、視線を右下に向けると敏感に感じやすくなります。

● 視線が左下を向いているとき
自己対話をしていたり、何か言葉を探し出そうとしたりすると、視線が左下を向くといわれています。ことわざや熟語などを度忘れして思い出せないというときなどは、視線を左下に向けて考えると思い出しやすくなるのです。

視線解析を踏まえたうえで相手の視線を監察すると、細かい心理状態の変化に気づきやすくなり、円滑なコミュニケーションにもつながります。また、意識的に視線を動かすことで、自分自身の想像力や記憶力のコントロールにも役立ちますから、ぜひ活用してみてください。


Binder: ありがとうのバインダー(日記数:706/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    ブレス
    ブレスさん
     2007/08/05 23:22
    目線で心を読むって面白いですね〜

  • Comment : 2
    UZOU
    UZOUさん
     2007/08/06 06:46
    ほー、「目は口ほどにものを言う」とはこのことですか!

  • Comment : 3
    Greedy Kay
     2007/08/06 07:59
    視線を合わせない人は嘘をついている時とか、ごまかして
    いる時なのかと思いました
    そうではなかったんですネ、あ〜よかった(*^。^*)

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=207353&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.