水野朋子さんのマイページ

Devils Bible335-2 悪魔のバイブル335−2

2011/05/25 14:07

 「音楽的なことでもご質問なさりたいのでしょうか?」
"Does he want to ask you some technical questions?"


 「まあそうなのかも。この作品は、技術的にはそんなに難しくないし、
わりと聴きやすいから、その楽譜の一部をネットで公開しちゃおうかしら?
今回のテーマはずばり、私がよく使用するポリリズムよ。
"Well, I think so. Whatever, as this work is not so difficult in
terms of pianistic techniques and rather easy to listen to, I'd
like to publish some parts of the score on the Internet. Today's
topic is, to say frankly, "polyrhythm" I often use in my music.


 『びっくり箱』は全部で7曲の短い作品から成る組曲なのだけど、
第一曲の『私の世界へようこそ』はもうすでに、MIDIオーケストラ
アレンジしたものを発表済みだわね。
http://www.youtube.com/watch?v=D6gzUcGYagk
"Jack-In-The-Box" is a suite consisting of 7 short pieces, and
I have already published the first one of them, "Welcome To My
World Of Music" ("Enchantee") as the MIDI orchestra version.
http://www.youtube.com/watch?v=D6gzUcGYagk


 2台のピアノ用の楽譜はこのとおりなのだけど、
http://www.youtube.com/watch?v=sLBlle2Rp1M

拍子は4分の5で、第二ピアノが一拍ずつ、つまり、4分音符を奏でて
いるのと同時に、第一ピアノは5拍4連符を奏でる、ということなのだ
けど、この手のポリリズムは、ラヴェルなどクラシックの作曲家も
しばしば使っていたわね。
Here's the score for 4 hands.
http://www.youtube.com/watch?v=sLBlle2Rp1M
The meter is quintuple. While the second piano plays quarter
notes, the first piano divides the five quarter notes into
four. Some classical music composers, for example, Ravel,
often used such a kind of polyrhythm.


 そして次に、第三曲『旋回飛行』だけど、前半部分の楽譜はこちらに
アップしたわ。
http://www.youtube.com/watch?v=WK28g7-SCsQ
これは第一曲と比較するとかなり現代的かしら?第二ピアノが4分音符
を奏でる一方で、第一ピアノは、2拍3連をさらに分割した複雑なリズム
を奏でるようになっているの。」
"And the third one, "Circular Flight" ("Le Vol Circulaire") .
The former half of its score is here;
http://www.youtube.com/watch?v=WK28g7-SCsQ
I think this polyrhythm is more modern than that of the first
one. While the second piano plays the quarter notes, the first
piano plays rather a complicated rhythm where one of the two
quarter notes divided into three is divided again into two."


 「たしか管弦楽版では、第一ピアノのポリリズムはトランペットと
シロホンが担当していましたな。高校の吹奏楽部でシロホンを担当して
いたお嬢様ならではの、粋なアレンジです。」
"In the orchestra version you yourself have arranged, trumpets
and a xylophone are in charge of this rhythm of the first piano.
That's rather a chic idea of you, the ex-xylophonist of the school
brass ensemble at senior high school."


 「そうね...当時は、無調の現代音楽みたいなのばかりやっていた
けど、けっこう面白かったわ。吹奏楽コンクールの課題曲だとか。バル
トークなんかもやったわね、たしか...
"Well, we often played atonal, modern music in those days,
for example, set pieces of brass ensemble contests. They were
rather amusing. I remember we played Bartok, too...


 それから、第七曲の『いつか見た、聴いた音』だけど、前半の楽譜は
こちらだけど、
http://www.youtube.com/watch?v=DR_hMhODNVQ
どうしてこんな題名になったのか、というと、1990年に書いた管弦楽
作品『異国の人々』
http://www.youtube.com/watch?v=qiI665Dim1M
の中間部からテーマを拝借しているからなのよ。
"And the seventh one, "The Sound Already Seen, Already Listened To"
("Le Son Deja Vu, Deja Entendu") The former part of its score is
here;
http://www.youtube.com/watch?v=DR_hMhODNVQ
The reason why it was named like that is because it borrowed its
theme from the middle part of one of my orchestra works, "Foreign
People",
http://www.youtube.com/watch?v=qiI665Dim1M
which I composed in 1990.


 『異国の人々』は4分の5拍子なのだけど、こちらは4分の3拍子の
ワルツにしちゃったわ。だけど、こうやって、第二ピアノを付点四分音符
にすると、なんだか、3拍2連音符みたいに聞こえるでしょ?このリズム
に乗って、第一ピアノはワルツを奏でるから、やっぱりどうしても、結局
ポリリズム的に聞こえるというわけなのよ。」
While the time of "Foreign People" is quintuple, I made this work
triple, that is, a waltz. If we make the second piano play those
dotted quarter notes, they sound like two notes where three quarter
notes are divided into two notes. And the first piano plays a waltz
on the rhythm to create a polyrhythmic atmosphere."



Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.