水野朋子さんのマイページ

Devils Bible385-2 悪魔のバイブル385−2

2012/03/07 20:58

 「まあ...やっぱり、あのドラマに出ている男性俳優って...
やっぱり...そうなのかしら...でも...そういえば...
そんな演技だわよね...」
"Oh,... I see... those actors who appear in the long drama
... oh, I can never say such things from my own mouth...
but... they are definitely..."


 エリザベスは首を傾げながら執事を振り返る。
Elizabeth looks back toward the Steward, looking doubtful.


 「そうでございます、お嬢様。あのおかたがたは、実は、男で
あって男ではないのです。お嬢様のような、まことの「大和撫子」
は、決して近づけてはなりません。変な病気がうつってもいけ
ませんので...」
"Yes, Lady. They look like men, but, actually, they are
not men. So you must never let them approach you so that
you won't be infected with any weird sexual diseases..."


 「そうね。個人的には、『大奥』の上様の振る舞いのほうが男
らしいから好みだわ。」
"Well, I personally prefer shoguns' masculine behaviors
in "O-oku"..."


 「そうでございましょ?必ず、着物も脱がず、人形のように身動
きひとつしない女性に上から覆いかぶさっていく感じで迫るでしょ?
あれこそが、まことの健康な男性と、まことの大和撫子というもの
です!
"You are right, Lady. Shoguns in "O-oku" push down women
who wear kimono tightly like Japanese dolls and behave so
obedient to men, without doing anything tempting. That's the
very way a healthy man and a real Yamato Nadeshiko should be!!


 女の身でありながら、国立大学にまで進学して男と対等の教育を
受けてこられたお嬢様ですが...決して男性に対して淫らな振る
舞いをなさらないところは、やはり大和撫子でいらっしゃる証拠...
Though you are a woman having proceeded to a national univer-
sity and been educated being on an equal footing with male
students, you never do anything tempting to men, either,
Lady? That's the very evidence to prove that you are a real
Yamato Nadeshiko!!


 若かりし頃のお嬢様をよくご存知の皆さんは口を揃えてそうおっ
しゃいます。大学に入学したての頃は、萩原流行が正統派の二枚目
になった感じの見た目の法学部の先輩と交際なさってらっしゃい
ましたが...その交際は1年ばかり続きましたが、やはり、
まことのお嬢様であったと専らの評判でございました。」
Everyone who knows you at university says in chorus that
you were a real lady when you were associating with a senior
male student, a graduate of the law department, for about a
year."


 「そうね...だけど、誤解しないで欲しいけど、ガチガチの
貞女の鑑だったというよりはむしろ、単なる変人だっただけ、
だと思うけど?でも、単なる「変人」つまり「変わり者」であっ
て、決して変態じゃないのよ。ただ単に、そういう「いやらしい」
ことにあまり興味がないだけ。
"Yes. But please don't misunderstand me, I was rather a
mere "eccentric woman" than a stern embodiment of virtue.
I mean, I was eccentric, but not at all "perverted". I
just wasn't so interested in anything sexual.


 実は、その人は、当時私が所属していた九州大学のjazz
研究会の先輩だったのよ。彼はウッドベース、私はピアノを
担当していたのだけど、「モダン・ジャズ・カルテット」を
「無断で過激にjazzをやるカルテット」という意味で
もじった「ムダン・ジャズ・カルテット」という名前のクイン
テットを結成して、一緒に音楽ばかりやっていたの。
Actually, he was a senior member of the society for the
study of jazz music at Kyushu University. We organized a
quintet called "Mudan Jazz Quartet", after the famous
"Modern Jazz Quartet", which means, "we play jazz so
aggressively!!" where he was in charge of the contrabass,
and I, the piano, and were always enjoying playing music.


 もちろんプライベートでもおつきあいしていたけど、デート
はいつも飲み食いばかりで、とても紳士的な人だったわ。」
Of course, we often went out together privately, but we
were always just eating out. He was always such a gentle-
man to me."


Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.