水野朋子さんのマイページ

Devils Bible406-2 悪魔のバイブル406−2

2012/09/19 19:38

 その様子を監視カメラで見ていたエリザベスと執事は、怖がっている。


 「なるほどね...どうしてわざわざあんな女たちのフェラチオにはま
るのかと思っていたら...こんな裏のからくりがあったのだわ...」


 「たいして練習もせずして天才ピアニストを気取りたいという、見栄
張り男の願望でしょうか...?」


 「それにしては、恐ろしい結末よね。刑務所行きか精神病院行き、だ
なんて...」


 「そういう「天才的な霊感」というものは、フェラチオによってしか
得られないものなのでしょうか?」


 「さぁ〜...そんなことはないと思うわよ。芸術活動の源である脳内
覚醒剤と呼ばれるドーパミンは、たとえば綺麗な女性を見て、ああ綺麗だな、
と感動して憧れたりするだけでも分泌されるものらしいから。もちろん、
フェラチオではなく普通の性行為やマスターベーションでも十分分泌される
と思うけど...わざわざあんな、結局発狂してしまうような不健康かつ
刺激的過ぎることまでしてもらう必要はないわ。危険過ぎるわよ。


 あとは、反復練習で克服するのよ。技術面はハノン教本やツェルニー
などをコツコツさらって...あとは、自分がなにかしら弾いていて快感
を得られるつまり「感動」出来るお気に入りの作品を、最初はゆっくり、
そして、だんだんテンポを上げながらひたすら反復練習するのよ。そう
して、ある種のトランス状態に自分を持ち込んでいくのが王道ってもの
じゃないかしら?


 十分に譜読みも練習もせずしてこんな安易な道を選択したりするから、
楽譜からかけ離れた滅茶苦茶な演奏をし続けた挙句に刑務所行きか
精神科送りになったりするのよ。


 「天才妄想患者」はこうして作られる、ってことよね、つまり...」


 「それだけならまだいいのですが...あの女のフェラチオによって
一時的に天才になった人々はことごとく、天才芸術家としてあの女にさん
ざんこき使われた挙句に、『月と6ペンス』の主人公ストリクランドと
同様、癩病にされてどんどん腐らされてただの肉塊にされるのです。
文字通り、人を「骨の髄まで」こき使う女です。」


 「まあ...よく言われる「悪魔との契約」とはつまりこのことなのね
...」


 「そうですな。いずれにせよ、幼少の頃からご自分できちんと技術的な
練習をも積み重ねてこられた本物の天才のお嬢様には無縁のお話には
違いございませんが...」


 「まあそうね。この『バラード第一番ト短調』にしてみても、楽譜を
実際に読んでみると、かなり変則的な展開をみせる作品なのよね。


 だから、人前で演奏するからには、自ら楽譜を綿密に読んで、技術的な
ことは反復練習で克服して、という形で発表しないと、非常に危険だわ。
そして、暗譜が第一、なんて言う人もいるけど、中途半端な状態で暗譜して
滅茶苦茶な演奏をするくらいなら譜面を読みながらきちんと楽譜どおりに
演奏するほうがずっとマシかも...


 こうなると、音楽もある種の学問よね。こういう複雑な作品を楽譜どおり
に演奏するにはけっこう頭を使うものだし、ほんとうに疲れるわ。」


 「実は、お嬢様...最近私どもがつきとめましたことですが、あの毒蝮
参太夫は、お嬢様の知り合いや求職先にも先回りしてしつこくつきまとっては、
あの社難・ドハーティが綺麗になったような見た目で「うんこ座り」して、
フェラチオで関係者たちにことごとくお嬢様を盥回しにしろと催眠術をかけて
きた張本人なのです。しかも、こうして執拗に邪魔ばかりしてきたのはほか
ならぬこやつのくせに、お嬢様が肝心の面接などの「勝負」の席では逃げて
ばかりいる、などとまことしやかに言い触らしているとのこと...いやはや、
たいした神経ですな。


 なにしろ、あの社難・ドハーティが綺麗になったような見た目になると、
この毒蝮までもが関係者全員に崇拝されるようで...ついつい気を許して
その「うんこ座り」にはまってしまうらしいのです。


 嘘だとお思いなら、次回この毒蝮社難が出没したときには、自白剤でも
使って「吐かせて」みてはいかがでしょう?きっとこれまでの悪事の数々が、
芋蔓式にあの憎むべき口からどんどん飛び出してくることでしょうから...
この女のせいでこれまで一体何人の真面目な社会人たちが、自殺や破産に
追い込まれたり、左遷されたり犯罪者にされたり、ひどい時には殺されるか
またはそれと同等の目に遭ってきたとお思いです?決して笑い事では済ま
されないお話なのです。」



Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.