玲さんのマイページ

カラバッジョ

2010/03/05 00:21

なんと美しい画面、

光と影の対比が映し出す世界の豊潤さ、

かぐわしさも異臭もただようような色合いの深さ。


イタリアといえば古代ローマ帝国を築いた国。

その歴史の重み。

コスチューム物はいいなぁ。


サッカーを見てから

イタリアっていまいち好きな国でなくなってたんだけど、

イタリア男は色男多いね。

ハンサムさんばっかり出てきて眼福眼福。


カラバッジョの作品は

ついこのあいだの「ハプスブルク展」でも見たような。

こんな激烈な人生の人だとは思いもよらず、

ただ、あの光の濃淡から

その尋常ならざる人格まで見えてきそうな気配はあり。


才能をもち、尊敬も集めながら、

誇り高さゆえに身を持ち崩す、

とても因果な人だ。


その因果さに振り回されながら

たっぷり2時間13分。

かつて「パッション・ベアトリス」(87)で見た世界も垣間見ながら、

当時のイタリア世界にどっぷりひたれる

いい時間を過ごしました。



Binder: 映画の感想(日記数:212/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=2633905&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.