yahanteiさんのマイページ

平成万葉歌仙三十六「春なれや」の巻〜ウ七

2010/03/05 09:09

[1大伴家持→2山上憶良→3柿本人麻呂→4東歌→5挽歌(※有間皇子)→6山部赤人→7志貴皇子→8大伴旅人→9高市黒人→10額田王→11高橋虫麻呂→12橘諸兄→13田辺福麻呂→14雄略天皇→15※大伴坂上郎女・和ふる人→16藤原鎌足→17鏡王女→18湯原王→19※有間皇子→20笠女郎→21資人余明軍→22持統天皇→23※大伴坂上郎女→24大津皇子→25中大兄皇子→26舎人親王→27長忌寸意吉麻呂→28大伴書持→29大伴池主→30笠金村→31狭野茅上娘子→32春日老→33聖武天皇→34小野老→35穂積皇子→36舒明天皇〕


平成万葉歌仙三十六「春なれや」の巻〜ウ七

起首 2010/3/ 1(日)
満尾 2010/


大和(やまと)には 群山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あめ)の香具山 登り立ち 
国見をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ 海原(うなはら)は 鴎(かまめ)
立ち立つ 美(うま)し国ぞ 蜻蛉島(あきつしま) 大和(やまと)の国は(万1-2) 舒明天


発句 春なれや国原海原美(うま)し国        不遜
脇   霞たなびき映ゆる言霊           宣長
第三 懽(よろこび)の「なりにけるかも」麗らかに   不
四   醜の御楯と健気に生くる            宣
五  東(ひがし)野の月を背にして歌人立つ     不 月
六   采女の袖を吹く秋の風            宣

一  群竹の虫の時雨の夕べかも           不        
二   餓鬼に額づくむなしきは恋          宣 恋
三  飲む水に妻の影見る忘(わす)られず       不 恋
四   志賀の大わだただ波の音           宣
五  何ものにまさるは子供宝なり          不
六   世の中空し挽歌は哀し            宣
七  老鶯や忘れかねつる父母のこと         不


(下野通信)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1233008587


 
万葉集 防人歌

父母が頭かき撫で幸くあれていひし言葉ぜ忘れかねつる

の和歌に使われている表現の特色(表現技法)をわかるかたおしえてください



> 幸くあれて
これは「無事でいるようにと」という意味です。
> いひし(言いし)言葉「ぜ」
「ぜ」というのは関東地方の方言で「ぞ」という意味になります。つまり、本来は「いひし言葉『ぞ』」になります。
> 忘れかねつる
「ぜ」と「つ」は『係り結び』でつながっています。

この歌の意味は

防人として北九州の地へ出発する日に、父母が頭をなでて達者でいろやと言った言葉が忘れられない。父母は元気でいるだろうか。無事に帰って早く会いたい。

というようになります。

ちなみに、「防人歌」は辺境(特に北九州)の防備に3年の任期で集められた人や、残された家族のつくった歌で、東国地方(静岡県より東)の人が書いた歌が多く、家族に対する強い愛情を歌っているそうです。約100首あります。


Binder: yahanteiのバインダー(日記数:2245/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=2766&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.