umasica :桜里さんのマイページ

統帥の無責任としての特攻精神 3

2011/11/30 21:52

1944(昭和十九)年の戦局は、大日本帝國の軍隊が完全に守勢となり、玉砕や特攻という形式で軍人兵士の生命を使い捨てにしていく状況に陥る一方で、米軍は攻勢の一端として最新鋭重爆撃機B−29を実戦投入する段階を迎えていた。



今回は、そのB−29をめぐる話題である。


B−29の機体は、本来の重爆撃機としての用途以外にも、偵察機や輸送機としても用いられている。

その中に「スーパー・ダンボ(Super Dumbo)」と呼ばれるタイプがあった。

文林堂の「世界の傑作機シリーズ」中の『ボーイングB−29』(1995)によれば、


 B−29改修の救難型。救命イカダや食糧、投下ラジオその他の救難用具と搭載無線装備を増加させたもので、救助作戦に従事した艦艇、航空機の中で、最も日本沿岸に近い区域を担当した。1945年初めころは2〜4機が出動していたが、終戦間際には6〜8機ほどが作戦するようになっていた。


…というものである。

日本列島の爆撃任務には、長距離の洋上飛行が必要となる。乗機が飛行不能になれば、搭乗員は洋上に脱出し漂流せねばならない。米軍は、その救助のための航空機や艦艇を用意していたのである。


飯山幸伸氏は、その著書『B−29恐るべし』(光人社NF文庫 2011)の中で、


 B−29の先輩機種に当たるB−17の最多、最終生産型となったB−17Gからの改造機というかたちで洋上捜索救難型のB−17H(通称、ダンボ)が作られて、大戦終盤には欧州戦でも太平洋戦でも洋上で消息を絶った友軍機搭乗員の救難活動に勤しんだことがあったが、同様の救難機型はB−29の系列にも現れた。爆撃作戦に赴いたB−29の喪失機数は数百機規模で出撃した際には喪失機数が十機を上回り、数十機で出撃しても数機が喪失という事態はしばしば発生。そういったケースが積み重なれば、悩まされてきた搭乗員不足の問題がまたもや深刻化する状態になりかねなかった。救難機が帰路に控えているか否かも、危険な爆撃任務に挑む搭乗員たちの支えになったはずだった。


…と書いている。ここでは、


  そういったケースが積み重なれば、悩まされてきた搭乗員不足の問題がまたもや深刻化する状態になりかねなかった


…という記述に注目しておきたい。救難システムの存在には、単なる人命尊重以上の意味があったのである。搭乗員には訓練が必要であり、その養成には時間と資金の投下が不可欠なのである。爆撃搭乗員とは、その養成に多くのコストを要するものなのであり、使い捨てにするのではなく使いまわさねばならないものなのである。要するに、米軍における救難システムの存在は、単に軍人兵士の人命尊重を意味するだけではなく、戦争遂行のマネジメントの問題でもあるということなのだ。


特攻とは、訓練養成にコストを要するパイロットを使い捨てにすること(もちろん、航空機という生産に高いコストを要する兵器も使い捨てにされる)で可能となる軍事行動である。

戦争遂行のマネジメントという観点からしても、軍事作戦としての「特攻」という選択は、「統帥の無責任」を象徴した行為であることを、あらためて理解しておく必要を感じる。










Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:666/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2011/11/30 23:06
    洋上を護衛もなく、
    あの戦時標準船の船倉に詰め込まれて、
    米潜水艦の魚雷攻撃で海の底に沈んだ陸軍兵士達。

    これもまた「統帥の無責任」の犠牲である。


    ジャングルの奥深く、補給もなく餓死した兵士達。

    これもまた「統帥の無責任」の犠牲だ。



    そのような兵士達が、靖国の英霊の半数以上を占めているのだ。

    彼らは、
    敵の銃弾の犠牲ではなく、「統帥の無責任」の犠牲なのである。

  • Comment : 2
    Mr.Dark
    Mr.Darkさん
     2011/12/01 21:57
    B-29は戦略爆撃機として特化した機体とばかり思っていました
    なるほど…航続距離が長いから色々な用途に利用されて当然ですよね

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2011/12/01 23:15
    NASAが使っていたスーパーグッピー。
    あのロケット運搬用のヤツも、ベースはB−29だそうで。

     B−29
       ↓
     C−97(輸送機バージョン)
       ↓
     ボーイング377(旅客機タイプ)
       ↓
     スーパーグッピー(を含むグッピー・シリーズ)

    あんなに太らせても安定はよかったらしい。

  • Comment : 4
    Mr.Dark
    Mr.Darkさん
     2011/12/02 00:26
    え、あのマッコウクジラみたいなヤツがですか!?
    へぇ〜(°Д°)

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.