umasica :桜里さんのマイページ

続々・恐ろしき者の末の末

2013/01/09 22:04

ミズーリ艦上での降伏文書調印の場に、日本側全権団の随員として臨んでいた一人が柴勝男海軍大佐であり、それが「石川のおじいちゃん(石川秀三郎)」の娘婿なのであった。

私からは、祖父の妹と夫の間に生まれた娘の結婚相手ということになり、かなり距離がある存在だが、母にとっては従弟の結婚相手であり、実際に顔を合わせる機会も少なくなかったと思われる。


私からすれば、「ミズーリの降伏文書調印式」のエピソードをこそ聞いてみたい人物となるが、母からはそんな話を聞いた記憶はない。ヒトラー全盛時代のベルリンに駐在した親戚の存在についての話だけが記憶に残っている。

相沢淳氏による「日本海軍の対独認識」(1996)によれば、確かに柴勝男は1935年5月からドイツに滞在し、同年12月からは「武官補佐官」としての資格によるものとなっている(1937年7月まで)。1936年のベルリンオリンピックを挟む、いわばナチスの黄金期である。妻の従弟(つまり私の母)も、親戚の集まりなどで、そんなベルリンの姿を印象深く聞いていたのであろう。

武官補佐官の前任者は神重徳であり、海軍内の親独派の中心となった人物である。その神と柴は、対米英開戦に至る時期の軍令部勤務を共にしているわけで、つまり国策としての対米英開戦の決定に関与していたことになる。



祖父の妹の夫という意味では、母から「伊江のおじいちゃん」と呼ばれていた人物も、その一人である。

その伊江朝助についてネット検索をすると、「1940年の沖縄県人会」の名簿を見ることが出来るのだが、そこに「伊江朝助(男爵、貴族院議員)ー中野区高根町、伊江朝睦(小菅刑務所所長)ー葛飾区小菅町」として記載されている前者が当人であり後者がその弟ということになる。

伊江朝睦の名を知ったのは、実は今回の検索が初めてであるのだが、母の話には「刑務所長をしていた伊江のおじいちゃんの弟」として登場していたことは覚えている。「収容者からも、それなりに尊敬されていた刑務所長」という言い方であったが、あらためて考えれば、大日本帝國の法の執行の現場の長という捉え方も出来る。収容者の側からは様々な評価があるものと思われる。


「伊江のおじいちゃん」は母が私淑していた人物であり、(現在に至る)沖縄の戦後の歴史にも関与している人物でもある。




いずれにしても、このようにしてネット経由での情報と、母からの話を重ね合わせてみると、大日本帝國の国策をトップとして決定するような立場となったことはないが、大日本帝國の国策に近いところで近代化を推進し(時には統治する側の一員として)、その利益を享受していた一族だった、ということになりそうである。








 読み込み中...
Tags: なし
Binder: いぢわる、あるいは神の姿(日記数:2143/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2013/01/09 22:55
    …と、いろいろと明らかになるのでありました。

  • Comment : 2
    askyneko
    askynekoさん
     2013/01/10 16:37
    >…と、いろいろと明らかになるのでありました。

    「恐ろしき者の末の末」は H だったなんてことも明らかに…


    そういえば、

    オーリ H を略して
     ↓
    OH ということで
     ↓
    Oh
     ↓
    めでたく



    オー

    となりました


    umasica:オーさまは
    UO

    (うお?

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2013/01/10 17:38
    >オーリ H を略して
    > ↓
    >OH ということで

    Oは酸素でHなら水素でございます。

    世の中になくてはならぬ存在だったのでございますなぁ…

  • Comment : 4
    askyneko
    askynekoさん
     2013/01/10 17:56
    >世の中になくてはならぬ存在だったのでございますなぁ…

    うぉっ…と

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2013/01/26 11:30
    加筆修正してココログ版「現代史のトラウマ」にアップ。

     続々・恐ろしき者の末の末
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-be56.html

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.