umasica :桜里さんのマイページ

橋下氏の新たな一歩

2013/05/27 22:09

午後、時間がとれたので、橋下徹氏の、日本外国特派員協会での記者会見の後半をニコ動の中継で見ていた。

内容的には、『毎日新聞』の以下の報道に相当する部分(この「毎日」による要約は、橋下氏の発言内容をほぼ正確に伝えている)だ。


 一方で、従軍慰安婦についての政府の公式見解である河野洋平官房長官談話については「否定するつもりはない」としつつ、内容に疑問を呈した。
 橋下氏は「国家の意思として組織的に女性を拉致、人身売買した点を裏付ける証拠はないのが日本の立場だ」と説明し、拉致・人身売買については日韓両国の歴史学者による事実解明を主張。「この核心的論点について河野談話は逃げている。これが日韓関係が改善しない最大の理由だ」と述べ、日韓間の慰安婦を巡る対立は河野談話に起因しているとの主張を展開。河野談話に「表現はもっと付け足さないといけない」と述べた。
 これに対し、河野談話が元慰安婦の証言などをもとにしていることを踏まえ、「元慰安婦の証言は信用できないのか」などと追及されると「最大の論点は人身売買を国家の意思として組織的にやったかどうかだと思う」などと主張し、明確には答えなかった。【阿部亮介、林由紀子】
(毎日新聞 5月27日(月)21時30分配信)



要するに、「河野談話」が「いわゆる強制連行」を認めたものであるのかどうかについての疑念と、日韓の歴史学者による問題の解明を求めたものである。



昨日の記事で述べたように、慰安婦が軍により組織的・暴力的に拉致連行されたという意味において「強制連行」という語を用いるのだとすれば、「河野談話」はそのような意味での「強制連行」を認めたものではない。しかし、この、

 国家の意思として組織的に女性を拉致、人身売買した点を裏付ける証拠はないのが日本の立場だ

 最大の論点は人身売買を国家の意思として組織的にやったかどうかだと思う

…との言い方は諸刃の剣である。
実際問題として、『ニューヨークタイムス』の記者は、「人身売買」はシステムとして考えるべき問題であること、募集の時点だけではなく、(人身売買された)女性の移送、(人身売買された)女性の使役、(人身売買された)女性の利用のすべての局面により構成されるものであることを指摘し、その点についての橋下氏の認識を問うていた。
しかし、橋下氏は、この問いに対する明確な返答をしていない。問題の所在に気付けなかったのか、気付いていながらはぐらかそうとしたのかは不明だが、この論点は重要である。

前回の記事で書いたように、日本軍の「慰安婦制度」の特徴として、慰安婦の募集には(そして多くの場合、慰安所の運用にも)民間業者を活用し、軍の直接的関与を避けていた事実がある。軍の関与の直接性ではなく間接性が、慰安婦制度の基本構図なのである。
しかし、間接的関与ではあっても、慰安所の設置を起案するのは軍であり、民間業者に慰安婦の募集を求めるのも軍であり、戦地に慰安婦を移送するのも軍であり(これは直接的関与に属する)、民間業者の運営する慰安所を警備するのも軍であり、民間業者の運営する慰安所の衛生管理をするのも軍であり、民間業者の運営する慰安所の顧客も軍であった。
慰安所は軍による軍のための施設なのであり、慰安婦は軍が集めさせた軍のための戦時売春婦(平沼赳夫)なのである。
つまり、慰安婦の募集の時点での出来事としての「人身売買」であるにしても、「人身売買」の現場での一方の当事者が「民間業者」であったにしても、その背後には軍による募集依頼の事実があり、その後の全過程は軍のためのものであったのである。

その意味で、募集の時点での「強制連行」の有無の問題は、今後の議論では、大きな問題ではなくなってしまう可能性が高い。

繰り返せば、

 慰安所は軍による軍のための施設なのであり、慰安婦は軍が集めさせた軍のための戦時売春婦(平沼赳夫)なのである

…ということなのであり、たとえそれが間接的関与であっても、その全過程に軍が関与しているという事実の重さが、あらためて我々の上にのしかかってくることになるはずである。

橋下氏の今回の日本外国特派員協会での主張は、そのような新たな展開への第一歩であったように思われる。




 
 


 読み込み中...
Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:653/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2013/05/27 22:54
    本日のメモ記事。

  • Comment : 2
    umasica :桜里
     2013/05/27 23:30
    前回の記事の内容を「註」に取り込んで、
    早速、ココログ版の「現代史のトラウマ」にアップしておいた。

     橋下氏の新たな一歩
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-fa8d.html

  • Comment : 3
    河童
    河童さん
     2013/05/28 21:11
    『竹の森遠く』 (So Far from the Bamboo Grove) は、日系米国人作家のヨーコ・カワシマ・ワトキンズによる自伝的小説くらいよんだら?
    あなたがたの言う慰安婦を韓国自身も使い性奴隷にしていたくらい
    理解したらいい。
    amazonでうってるよ。
    どれだけ かんこくが二枚舌なのか
    おれ?二枚舌じゃなくて是々非々なだけだから。

  • Comment : 4
    河童
    河童さん
     2013/05/28 21:12
    2005年に韓国でも『요코 이야기(ヨーコ物語、ヨーコの話)』として訳出されている(後に発売中止)。日本語版は出版されていない。

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2013/05/28 21:49
    >慰安婦を韓国自身も使い性奴隷にしていた

    そんなこたぁ常識でしょ??

  • Comment : 6
    umasica :桜里
     2013/05/28 21:56
      慰安所での慰安婦の生活や、慰安婦の心情をみるに、それは大変不幸なことであり、筆舌に尽くしがたい。このようなことが二度と起こらないようにするのは当然だ。
         posted at 15:21:52 5月14日

      軍が施設を管理し、意に反して慰安婦になった方が悲惨な境遇であったことは確かだが、これは他国の軍でもある話だ。
         posted at 15:27:37 5月14日

      当時意に反してそのような職に就かざるを得なかった方は大変不幸であり、その心身の苦痛は筆舌に尽くし難いものがある。ただそれは韓国人だけでなく、日本人も、その他世界各国の軍が活用していたいわゆる慰安婦制度の慰安婦も同じだ。
         posted at 00:14:09 5月15日

     強制連行があろうとなかろうと、こういう制度を持ったことは申し訳ないし恥ずべきことだし、二度と繰り返してはならない
     『日本が強制連行をしたのではない』と言って、慰安婦問題を正当化しようとしたり、自分たちの責任を回避しようとしたりする人が非常に多い
    (2013/05/16 12:31 産経新聞)
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/654768/

  • Comment : 7
    umasica :桜里
     2013/05/28 22:34
    橋下氏は、日本軍の慰安婦に関して、
    まず日本の責任を認めた上で、他国の行為の問題を指摘している。

    それはなぜなのか??

    日本軍の慰安婦となった朝鮮人との関係において、
    日本は加害者であり、韓国朝鮮人は被害者だからですよ。
    つまり、われわれは加害者として問題の当事者なんですよ。

    韓国軍の利用した慰安婦については、
    日本は加害者でも被害者でもない他人です。
    問題の当事者ではありませんのです。

    その構図を理解しないで、
    韓国軍も慰安婦を利用していた事実だけを声高に主張しても、
    自分のことを棚に上げた構図になってしまいますから、
    第三者への説得力は生まれません。

    韓国人の独善を当事者(被害者)として批判し得るのは、
    たとえばベトナム人であって、日本人ではないのですよ。

  • Comment : 8
    umasica :桜里
     2013/05/28 22:37
    まずは、日本と朝鮮韓国人との関係の中では、
    慰安婦問題への日本の責任(加害者としての責任)を認める。

    それをせずに、
    韓国軍の慰安婦の存在を声高に叫び続けても、
    日本の責任回避の言説としてしか受け取られず、
    国際的理解など得られません。

  • Comment : 9
    umasica :桜里
     2013/05/29 11:17
    >まずは、日本と朝鮮韓国人との関係の中では、
    >慰安婦問題への日本の責任(加害者としての責任)を認める。


    橋下徹氏は27日の日本外国特派員協会での記者会見で、

     かつて日本兵が女性の人権を蹂躙(じゅうりん)したことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない。日本以外の少なからぬ国々の兵士も女性の人権を蹂躙した事実に各国も真摯(しんし)に向き合わなければならない。日本だけ非難するのはフェアな態度ではない
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/657802/

    …と述べている(「朝日の捏造記事」とやらじゃなくて「産経新聞」の記事)。
    橋下氏は、まず、

     かつて日本兵が女性の人権を蹂躙(じゅうりん)したことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない。

    …と明言している。橋下氏が、

     慰安婦の方々に謝罪しなければならない。

    …と断言するのはなぜなのか?

    あなたには、そこをしっかり考える必要があります。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.