umasica :桜里さんのマイページ

何でガンスカノー?

2013/08/06 23:41


 その時、俺は耳もと近くにせきこむような人聲をきいた。

 「何でガンスカノー?」

 「どこでガンヒョウ?」

 振り向くと中背の六十歳近い男が二人、この近所のお百姓らしい。

 「西練兵場あたりじやないでしようか」

 「そのあたりでガンスノー」

 「やっぱり爆彈でガンヒョウカ」

 「イヤ……」

 俺はうかつなことはいえないと思つて言葉を切つた。お前も知つているようにあの頃の廣島の「流言蜚語」の取締は實にひどかつたからね。尤も、あれも仕方がなかつたかも知れないよ。俺が敗戰後にある軍の参謀から聴いたことだが、あの頃全國の主要都市がみんな片つぱしから爆撃されているのに、廣島がまぎれ彈を二三發見舞われただけで、大規模な爆撃を全然受けていなかつたのは、スパイが多數入り込んでいるからかも知れない、という解釋をしていたというのだからね。

 だが俺は、「何か新兵器ちゆうもんでガンヒョウカ」とたたみかけてきかれると「私は火藥庫の爆發じやないかと思うんですがね」と答えてしまつた。ところが、「やっぱり爆彈を落とされたんでガンヒョウカ」と追及された。俺は軍の過失による爆發と思いこんでいたのだ。だつて飛行機の一臺もこない爆撃なんてナンセンスだものね。そこで「飛行機の来ない爆撃なんてまだ日本にはないでしよう」と皮肉るつもりで答えたのだ。すると意外、二人共殆ど異口同音にきおいこんでいうのだ。

 「きましたぜ、こつちからあつちへ」

 やつぱり二人いつしよに東から西の方を指すのだ。

 「いつ?」

 「ホンさつき――B29でガンス」

     小倉豊文 『廣島原子爆彈の手記 絶後の記録』 中央社 昭和24年(初版は昭和23年) 15〜16ページ




 小倉豊文は、この時、爆心から東に4キロ以上離れた地点にいた。

 米軍による爆撃とは思わず、日本軍の火薬庫の爆発と考えていたのである。


 その日一日をかけて市内を横切り(爆心地から500メートルほどの地点を通る―ただし爆心がどこかも知らないままに)、最終的に爆心から3キロ西方のかつての家主の住まいで夜を過ごす。












Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:656/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2013/08/07 00:34
    何が起きたのか、
    誰にもまだ本当のところは理解されていないのである。

  • Comment : 2
    askyneko
    askynekoさん
     2013/08/07 05:45
    「ガンスカノー」って何だろうと思いましたが、何度か読み返してみて、ようやくわかりました。

  • Comment : 3
    やわらか☆不思議猫
     2013/08/07 08:40
     むむ 「ガンス」

     手塚治虫のキャラの一部(ガンスじゃなくてゴンスだったかな?)→藤子不二雄Aの怪物くんに出てくる「オオカミ男」→(多分藤子不二雄Aの「笑うセールスマン」でも見た気が) と、マンガの中でのみ目にしていましたので、創作かと思ってました。

     広島の方言で今の人はほとんど使わないが、年配の人は使う。〜ガンスは丁寧語、という解説を某所で見つけました。

     むむ〜 そうでガンスか〜

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2013/08/07 22:43
    >〜ガンスは丁寧語、という解説を某所で見つけました。


    なるほど。

    眼の前の、ただし4キロ先での、とてつもない出来事なんですけど、
    とにかく前代未聞なことなわけで、
    まだ誰にも何が起きたのかがわからない段階での会話。

    そこでのお百姓さんの「…ガンスカノー?」と「…ガンヒョウカ」。

    その丁寧さが、
    かえって、何か、とてもリアルに感じられたのでした。

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2014/08/06 21:45
    加筆して、ココログ版の「現代史のトラウマ」記事としてアップ。


     何でガンスカノー? (『廣島原子爆彈の手記 絶後の記録』 昭和20年8月6日)
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-1920.html

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.