umasica :桜里さんのマイページ

記憶遺産

2015/10/15 22:18



 中国の南京事件(1937年)に関する資料の世界記憶遺産登録に反発する日本からの資金が絶たれることになれば、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が受ける打撃は大きい。
 米国は今回の問題とは関係なく以前から分担金の支払いを停止しており、ユネスコの台所事情は既に火の車。現状でも事務所閉鎖や事業中断といった経費節減策を実施中で、関係者は息を詰めて成り行きを見守っている。
 日本政府はユネスコへの資金拠出見直し検討に着手した。菅義偉官房長官は「停止を含め検討したい」と表明。記憶遺産決定過程の透明性を確保するための改革を促す。
     (時事通信 10月15日(木)14時23分配信)



この「時事通信」記事は、


 日本が実際に資金を引き揚げた場合、世界遺産などの選定で日本が不利になるなど「有形無形の影響は避けられない」(関係者)と指摘する声もある。「兵糧攻め」のやり方で、果たして日本の主張に対する理解を各国から得られるのか。


…との問題も指摘している。

実際問題として、資金拠出を停止してしまえば、日本のユネスコへの影響力の根拠も失われる。日本は自ら発言権を失い、記憶遺産にせよ世界遺産にせよ選定の外部に置かれてしまう。

日本の拠出分を、その一部でも中国が肩代わりするような事態に至れば、日本の意思に反する選定が常態化されるだけだ。


国際連盟を脱退していい気になったり、「国民政府ヲ対手ニセズ」なんて声明を発して自ら交渉による解決の可能性を断ち切ってしまったり…といった歴史が繰り返されているような気もしないではない。

「国際連盟脱退」や「近衛声明」こそ、日本人にとって忘れてはならぬ「記憶遺産」じゃないんですかねぇ?










Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:656/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2015/10/15 22:38
    なんか、しょーもないニュースなのであった。

  • Comment : 2
    umasica :桜里
     2015/10/15 22:41
     国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に日本のシベリア抑留資料が登録されたことについて、ロシア政府は15日までに、ユネスコの「政治利用」だとして登録の撤回を求める方針を固めた。露ユネスコ国内委員会のオルジョニキゼ書記が国営ロシア通信に対して明らかにした。日本政府は、中国の申請で「南京大虐殺文書」が登録されたことを同様に「政治利用」と批判しており、この問題は日中露が入り乱れる構図となった。
         (産経新聞 10月15日(木)20時46分配信)


    日本政府の理路、
    ロシアにも利用されちゃってますし…

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2015/10/18 22:25
    加筆して、ココログ版の「現代史のトラウマ」記事としてアップ。



     日本の「記憶遺産」
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-3e74.html

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.