umasica :桜里さんのマイページ

昭和11年のシンデレラ

2016/05/14 18:52

アメリカのアニメについての話題続きで…





私にとって衝撃的だった作品が、1936年の『A Coach for Cinderella 』 だったりする。


9分ちょっとのテクニカラーによるフルカラーアニメなのだが、このミュージカル仕立ての作品は、何とシボレーのコマーシャルとして作製されたものなのである。確かに、コマーシャルにカネをかけるのは現代でも「当たり前」な話ではあるが、クルマの促販用に、(大人向けではなく)子供向けのアニメを作ってしまうというところに驚かされる。しかもそのクオリティーの高さは「子供だまし」の域を脱している。

私企業が促販用に、フルカラーのアニメを制作する。自動車メーカーが、自社製品の促販用に、子供向けのしかもクオリティーの高いアニメを制作する。そこでは既にクルマが家族のものであり、一家の必需品となりつつある状況もが反映されている。






A Coach for Cinderella 1936 Chevrolet, Animated Cartoon in Technicolor
     https://www.youtube.com/watch?v=Ejkoga0FyNA





1936年は、つまり昭和11年である。2.26事件の年であり、支那事変の始まる前年である。

5年後には、「事変」は対米英戦争へと拡大する。

その戦争の相手であった米国では、モータリゼーションが進展し、自動車が既に大衆のものとなりつつあった。

米国の国力というものが、フルカラーの自動車メーカーの促販用アニメを通して伝わってくるのである。

単にフルカラーであるだけではなく、ミュージカル仕立ての映像の動きはスムーズであり、映像と音声は完全に同期しているのである。

当時の日本にはフルカラーアニメを作る技術そのものがなかった。昭和19年に作製された(公開は昭和20年)国策長編アニメ『桃太郎 海の神兵』も、モノクロ作品である。それが大日本帝國の国力の限界であった。1944年製作の国策アニメがモノクロであり、1936年製作の促販用アニメが既にフルカラーであった。彼我の「国力」の懸隔、隔絶した米国の国力を思い知らされるエピソードである。











 読み込み中...
Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:645/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2016/05/14 19:32
    こんなアメリカと戦争する気になったのだから凄い。
    (それも勝てる前提で)

  • Comment : 2
    やわらか☆不思議猫
     2016/05/14 21:57
    すげぇ

    MODERNIZERに笑った。

    でもこれ、作画が既にディズニー調。動きが気持ち悪いのが残念。

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2016/05/15 16:37
    >でもこれ、作画が既にディズニー調。動きが気持ち悪いのが残念。


    作ってるのはディズニーのライバルのフライシャー兄弟ですけどね。
    あの「動き」は我が国策アニメ『桃太郎 海の神兵』にまで続く。
    その意味で一種のアニメスタンダードになってしまったのかも。

    ちなみに、『スーパーマン』もフライシャースタジオ作品。

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2016/05/15 19:10
    せっかくなので、ココログ版の「現代史のトラウマ」記事としてアップ。


     昭和11年のシンデレラ
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-ca62.html

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2016/05/20 07:40
    《タイトルを変更》


     昭和11年のシンデレラ(シボレーのシンデレラ)
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-ca62.html

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.