若旦那さんのマイページ

5才の幼児を餓死させたのは誰だ

2010/03/05 18:41

5才の子供を餓死させるという、悲惨な事件が起こった。どんな親でも、感情が昂ぶって子供を殴ってしまうことは、あり得る。しかし、半年間以上、わが子に碌な食事を与えず、骨と皮の寝たきり状態にし、終には餓死させるというのは、並の人間の神経ではできないことだ。
しかも、状況証拠から明らかに虐待が進行していると思われるにもかかわらず、児童相談所が機能せずに、みすみす幼い命を失う結果となった。
朝日新聞の記事(3月5日付け)より、一部を転載する。

>>

「お水を下さい」哀願の声響く


相次ぐ虐待、行政救えず 



親による虐待の後に子どもが亡くなる事件が、奈良県桜井市と埼玉県蕨市で相次いで明らかになった。亡くなった幼児はいずれも保育園などに通っておらず、近所の人とのかかわりも限られていた。厚生労働省によると、児童相談所などが問題の家庭と接触しながら虐待死を防げなかったケースが多発している。

埼玉県蕨市の両親が4日、保護責任者遺棄容疑で県警に逮捕された事件では、蕨署や市、児童相談所が、虐待の疑いを指摘する通報を受けて家庭訪問や協議を繰り返しながら、父親に面会を拒まれ、衰弱に気づけなかったことが分かった。(以下略)
<< 引用ここまで

この子供は、半年毎にある定期健診をずっと受けていない。
数日間行った保育園から、身体に痣があると通報を受けた。
近所の人から、何度も通報があった。

そこで、相談所の係員が電話をし、家を訪問した。
「本人に会えなかったので、(虐待の)確認ができなかった」。

阿呆か!


体重は標準の3分の1しかない。骨と皮の寝たきり状態。
朝の一食だけしか与えられていないから、当然のことだ。
親が幼児に会わせないということこそが、
最悪の状況を意味しているという想像力がないのか。

阪神淡路大震災の時に、自衛隊の幹部が
「電話による出動要請がなかったので、出動しなかった」と
言っていた。そうかもしれない。
しかし、「電話もできない状態」を察知できなくて、どうする?

どれだけ災害対策の準備がなされていても、
運用する人間が馬鹿ばかりでは、しょうがない。

日本は、いつからこんな国になってしまったのか。


Binder: セブ島からのメール(日記数:713/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    トロピカル
     2010/03/05 19:32
    大事な事が機能しなくなってしまっているんですわ。こうなりゃ親が馬鹿なら死んだ方がましですわ。今はいったニュースで愛子様が暴力による虐めを受けて学習院小学校を休んでいるそうですわ。−−−そんな学校は止めたほうがいいですわ。

  • Comment : 2
    ともりん
     2010/03/05 20:16
    よくこんな残虐なことが出来るものですね

    子どもがかわいそうでならないです

    助けられたはずなのに酷すぎます

  • Comment : 3
    若旦那
    若旦那さん
     2010/03/05 21:45
    トロピカルさん、

    昔は、「親はなくとも子は育つ」でした。
    今は、「親があっても子は育つ」です。

  • Comment : 4
    若旦那
    若旦那さん
     2010/03/05 21:51
    >助けられたはずなのに酷すぎます

    少子化時代に、貴重な子供を殺してどうする。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=324616&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.