くみちょうさんのマイページ

学校に何を求めているのか

2009/10/16 19:00

昨日の記事において、
「教職大学教諭」さまからご意見をいただきました。

「根本的に見直すなどということをただ言うより、
優秀な教員を養成しようと考えることのほうが、
より具体的で、建設的です」とのこと。

ご意見いただいたことはもっともだと思います。
いま、目の前にある学校関係の教育問題に携わった際に、
私自身が感じている問題も、そこにあると感じているからです。

学校内部において、正直時間がありません。
よりよい授業を行うための教材研究の時間。
子供たちとふれあうための時間。
教員としての資質を高めるための時間。
・・・

そうした問題を解決するためには、
今回の「教員の質の向上と量を増やす」ということは
非常に効果的であると思います。



が、そこだけでは足りないのが現状ではないでしょうか。

いまの教育問題において、
「個人」「家庭」「国」、それぞれが教育に何を求めているのか。

「良質な労働力」をつくることなのか。
「人間として生きていく力」を求めているのか。
「忙しい親にとって、親が面倒見なくてもいい」預かってくれる場所としてなのか。
「知識を詰め込む場所」なのか。
・・・などなど。

さらに一歩踏み込んでいくためには、

「何のために教育が行われているのか」
「何のために学校があるのか」

そうした根本的な部分をきちんと捉えなおさないと、
新しく生み出されてきた問題に対処できないのではないでしょうか。


日本の「高度経済成長」時代においては、
「適度な知識を有した優秀な労働力」というのは、
日本の学校教育のすばらしい実績であると思います。

でも、今もそれが必要なのかと言われたら疑問です。

そうした、時代の変化とともに、求められたことが変わってきているので、
現代に合わせた教育・学校というものを、
いまこそ、とらえなおす必要があると考えています。


「君は、人間としてはすばらしいが、教員としては失格だ」
「教員は、すばらしい人間をつくることよりも、
言うことを聞く、言われたことをその通りに理解して実行できる、
決められたことをやる人間をつくることが大切だ」

そう言われ、教員落第をつきつけられた私としては、
現在の学校教育はおかしいのではないかと感じずにはいられません。

もちろん、これが必ずしも現在の学校社会すべてだとは言いません。
私のことを認めてくれる先生もいらっしゃいますし、
賛同し、協力してくれようとしている先生もいらっしゃいます。

が、上記の教員が、学校の第一人者であったことは確かで、
そんな教員が増えて果たして日本がどうなるのか、を考慮すると、

やはり、学校自体の役割について、
学校に何を求めているのかについて、

もっと深めていかなければならないと感じております。

それが、私が「質と量」という点だけではなく、
「学校自体の本来の役割について」考える必要があると
考えている理由であります。



Binder: くみちょうのバインダー(日記数:7354/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=3603351&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.