クライネ・フォト・マ…さんのマイページ

LUXMAN CL35/2の帰還。

2008/01/19 22:25


 先々週、円座町のオーディオ専門店「In the mood」に、手持ちの真空管式プリアンプを修理に出していた話は、この間に書いたと思う。修理に出していたアンプは、16日には修理完了のメールが届いたので、今日のお昼に引き取りに行った。昨日に銀行ATMで修理代金を下ろしていたので、そのまま代金を支払って引き取って来た。ここのお店はゆめタウン高松の「ゆめカード」ポイントが貯められる。私も家人に頼まれたので、ゆめカードにポイントを入れてもらって来た。(LPや各種アクセサリも扱っているので、それを探しに行く時には、結構便利かも知れない。)

 実は、このプリアンプは20年間使って来て、初めて修理に出したのである。それまでビクともしなかった方が不思議である。見積もりを取った時、「とりあえず音を出せる状態に戻す修理で○万円、真空管全交換で1万5千円強プラスとなる。」という見積もりをもらったので、思い切って全真空管の交換をお願いした。元々入っていた真空管は別で袋に入れて返して頂いた。プリアンプの真空管は余り見たことがなかったが、松下製12AU7と12AX7、フィリップス製12AX7であった。うーん、恐らく前の持ち主も修理に出したことはなかっただろうから、メーカーが出荷した時のままの管なんだろうなぁ・・・。

 私が大学1年生の時に、当時属していた新聞総部の先輩がプリアンプとパワーアンプのセットを捨てようとしていた。私が「それ捨てるんですか?もらいます」と言った時、先輩は「これで厄介者払いできる」と、アンプセットをすんなりくれたのである。それ以来ずっと使っていた代物である。最初からパワーアンプは調子が悪くて、すぐに家電量販店・星電社に修理に出して、2万円近くの修理代金を払って、初段管の交換とカップリングコンデンサーを全部交換して(当時店頭で聞いたんだけど、詳しくはわからず)使っていた。その修理以後、パワーアンプはいまだにビクともせず、ちゃんと音を出してくれている。

 当初から調子が良くて、ずっと使っていたプリアンプは、今の家に引っ越す前後から調子が悪くなり、今回「初めての入院」となったわけである。さて、このアンプはいつ頃に生産されていたものだろうか?とネット検索をしてみる。調べた結果、今から35年も前の管球式アンプを、「30年以上メンテナンスなし」では、へたるのも当然だ。そんなに昔のアンプだと知らなかった私は、「本領を発揮した状態」を知らなかったわけである(冷や汗)
LUXMAN CL35/2ラックスマン株式会社公式サイトから、製品検索をかけた結果である。1972年発売で、74年に次モデルCL35/3が出るまで製造されたようだ。定価98000円というのは、安いのか高いのか、現在の貨幣価値の感覚ではわからない。当時のラックスマンの主力機種であったことは、間違いなさそうである。

 今メンテナンスから戻ってきたアンプを使って、CDや昔エアチェックした生中継ライブのテープを聞いている。今までは「ちゃんとした音だけど、ほどよくソフトフォーカスをかけて、長い時間でも聞きやすい。」印象を持っていた。多くの人が思っている「管球式アンプが出す音」とはこんなイメージだし、中音〜低音域がしっかりしているから、いいやと思っていた。「事実上のOH後」は、音場感はより広がりを持って、音の濃度はより色濃く出ているような印象を受けた。今まで何度も聞いたことがあるはずのテープから、「え?こんな音入っていたっけ?」と思うようなこともあったりした。

 今回の修理は、出した価値は十分あったと思う。修理代金としては高いかも知れないけど、新たにこんな「管球式アンプ」は、私のお財布では絶対買えない代物だからだ。今はCDと昔のテープしか再生できないけど、このアンプはLPレコード再生で威力を発揮する。フォノイコライザが相当いいようで、「音の濃厚さ」が、より深く出てくる傾向がある。

 私は未だに数枚LPを手元に残しているが、今手元にプレーヤーがない。学生時代には、1970年代のマイクロのMR411に、シュアのV15タイプ3や普通のカートリッジをつけて使っていたんだけど、大学を卒業して下宿を引き払う時に、当時の親友にあげてしまったのである(数年後聞いた時には、プレーヤーは現役として健在だった。)今更LP用にプレーヤーを買うのも何だしなぁ・・・と思っていたら、

 今静かにアナログディスク再生が見直されているようである。普通ラックスマンのアンプでフュージョンをかける人はいないが、昔私はフュージョン好きの親友にカシオペアのLPをかけて、「これ、凄い。ベースを弾く人の腕が見えてくるようだ」と言わせたことがある。完全復調のアンプでLPをかけてみたいな・・・という気もするが、今私のお財布で買える「オーディオ用アナログプレーヤー」ってあるんだろうか?

 ←もし、よろしければ、クリックしてね。


Binder: クライネ・フォト・マイスターのバインダー(日記数:3581/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=450375&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.