SGIHIDEさんのマイページ

私の履歴書?

2010/02/09 15:47

2001年10月 300名以上の招待客を招いた結婚式の壇上で
仲人が新郎を紹介する。
「・・・新郎は○○家の第21代目にあたります。・・・」

私の先祖は、21代前に遡ると戦国武将武田家の家臣であったらしい。
名前は、桑原といい諏訪湖の近くに桑原城というものがあった。
その後、農民として暮らし、祖父の祖父の代には、村長も務めるほどの家柄であった。
地元の名主として収穫物を集め、城に運ぶ役目でもあった。

祖父は、若い頃から苦労をし、家を大きくした人である。
20歳の時、父を亡くし、12人兄弟の長男として家を守る。
若い頃は、「坊っちゃん」と呼ばれていたのが、父が亡くなった時から
「おい小僧」と呼ばれるようになったと苦労話を聞かされたことがある。
若くして家長となることは、大変なことである。

当時は戦時中ということもあり、兵役も務め、
終戦後は、農協に勤務した。
その後、村会議員に当選し、
戦後政府に取り上げられた土地に対し小作権補償問題を実現させる。

その時の話もある。
補償問題を提起して運動を始めると
「そんな事は実現できるわけない。」と周囲の人に冷たくあしらわれた。
しかし、いざ実現となると
「おまえは、賄賂でももらっているんだろう。」と逆に責められることになる。
名古屋の国の機関まで、自費で何度も往復したり
大変な苦労の元にこの補償問題を実現したのに
「こんな仕打ちにあうとは」、と祖父は大変落胆する。

これをきっかけに、人の為に何かをするのではなく、自分で商売を始めようと
実家も空家にして、隣町で一から商売を始めることになる。


Binder: 中小企業診断士奮闘(日記数:597/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=6528172&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.