パピパパさんのマイページ

次女がヨーロッパ旅行

2010/03/05 00:06



先週次女がヨーロッパに出かけてきました。エリザベートに夢中のため、選んだ国はそのゆかりの土地です。オーストリア⇒ハンガリー⇒スロバキア⇒チェコ⇒オーストリアというスケジュールでした。膨大な写真を整理していたら私たちも行きたくなりましたねところどころをほんのワンポイントで紹介します先ずはハンガリーからくさり橋だそうです。定番の観光地らしいです。スロバキアのブラチスラバでは面白いモニュメントですね。チェコのプラハに移動です。ここは見所がたくさんあるらしい。ビート教会です。このシーズンでこのようなステンドグラスが見られるのは珍しいそうです。天候に恵まれたということですね。プラハ城の門の前でお国柄ですね。このようなストリートミュージシャンがあちこちにいるそうです。イースターグッズが売っている(今年は4月上旬がイースター)シーズンが近いのでイースターエッグがずらり。このうちいくつかはあらためて紹介します。カレル橋からどれもこれも絵になりますね。真ん中の銅像は有名らしい。チェスキー・クロムロフ城へ通じる道から橋から皆さん写真を撮ってます。      橋からこんな街並みがオーストリアに戻ってきました。マリアテレジアの王宮:シェーンブルン宮殿です。娘にとってもっとも大事な場所です。マニアならこの独特のカラーに見覚えがあるはずとのこと。この奥に広大な庭園があります。ウィーンフィルハーモニーの本拠地:楽友協会コンサート中はもちろん入場券が必要ですがそもそも入場券をゲットするのはかなり難しいらしいです。ツアーで一緒したお友達がこの分野に詳しいらしく、コンサートをしていない時に見学ツアーがあることを教えられ連れて行ってもらったようです。翌日からコンサートが始まるため設営中で特にピアノを弾いている人は・・・・・この分野の知識は全くありません なんと世界的に有名な中国のピアニストだそうです。つまり前日にトップアーティストが音合わせをしていたわけです。ピアノの音が全く違っていたそうです。単なるコンサートホールの見学だったのに超一級のピアノの調べが聴けて感激したとのことです。定番のオペラ座とりあえず中の雰囲気を・・・・・ここは見所が多くて 膨大な写真の中から1枚でした。さて、観光の途中でいろんなわんちゃんに出会ったようです。ただし日本と異なり小型犬はほとんど見られず中型犬以上が大半だったようです。街中で出会ったワンちゃんをチョットご紹介!先ずはプラハ城の近くでスパニエルの一種でしょうが正確な犬種はチョットわかりませんねぇ〜プラハの街で飼い主さんがお買い物中に外で大人しくしているワンちゃんベルジャンシェパード タービュレンですね ヨーロッパでは一般的な犬種なんだろうかウィーンの街中でボクサーもこの街には似合いますね!快く写真を撮らせてくれたナイスガイに拍手1000枚を越える写真を整理していたらやはりこの目で見たくなりましたね


Binder: パピパパのバインダー(日記数:610/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=6726120&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.