先生さんのマイページ

ナマステ・インディア2014での講演、無事終了しました

2014/09/22 20:04

ナマステ・インディア2014、東方学院セミナーハウスでの講演(2014年9月20日)は、無事終了しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
講演の15分前くらいに会場に到着したのですが、デング熱さわぎで代々木公園の北側は閉鎖され、人影がありません。

ナマステ・インディアの会場は、閉鎖されている北側地区ではなく、運動場や野外音楽堂のある南側だったのですが、例年の混雑ぶりを知っている人間としては、かなりさびしい感じでした。

こんな状況で、セミナーハウスにはたして人が来るのかな、と思ったのですが、途中からほぼ満員となり、正直びっくりしました。本当にありがとうございました。
今年は、「日本に仏教が伝わった頃−『日本霊異記』の世界−」という題でお話しさせていただきました。
内容は、
『在家佛教』9月号にも書いた、平安時代はじめに奈良・薬師寺の僧景戒によって編纂された日本最古の『日本霊異記』から読み取ることができる、当時の仏教の状況と、
それに加えて、
差別思想のようにいわれることのある因果応報の考えの仏教本来の意味、
なぜ編者の景戒は、仏教への回心には(経典に書かれた知識などではなく)「霊異」が不可欠と考えたのか、
またそのような仏教の性格を踏まえてはじめて、それ以降の日本仏教の展開(なぜ空海や道元は中国まで師を求めに行ったのか、多くの人が極楽往生を願ったのか、など)が正しく理解できること、
仏教の現代的意義(近年の西洋社会におけるマインドフルネスへの関心)とのつながり、
などでした。
在家仏教協会の高梨和巨さんにはわざわざ会場にきていただき、私の原稿の掲載された『在家佛教』9月号を参加された方に配っていただきました。ご厚意に感謝いたします。
http://www.zaikebukkyo.com/publication/index_201409.html


Binder: ナーガールジュナ仏教研究所(日記数:87/全体に公開)
Gg[ubN}[N

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=6894599&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.