ひげ爺さんのマイページ

2008年ダラムサラ訪問記(11)

2010/02/09 18:02

2008年10月24日 最後の日

早朝、コルラをしてナムギャル寺院で瞑想をする。

ナムギャル寺院の周りを時計回りに回ることは健康によい。しかしこの朝は、心の中で、祈りながら歩いた。

心が平安が得られることを願うという思いで、祷りをつぶやきながら歩いた。

私は妻や子供のために生きることを願い、自分に執着することのないように、心安らかに一生を終わることを念じた。そして、教生きているのは養父母の深い愛情によるものだと、思うと、感謝の念に押しつぶされそうになって、涙があふれてきた。私は生かされて今日まであるのだと実感しながら道を歩いた。誰かに涙を見られたかも知れない。

しかし、この時間は、私は至福のときのように思えた。祈りることで、涙があふれてきたけれど、そのとき私は満たされていたと思う。

そして、その心のままに、ナムギャルの寺院でベンチに座って瞑想をした。


生まれたときから子供の時期まで、心はピュアーなままであるのに、成人するに連れて心は汚れてくる。生きるためにたくさんの経験をして、心を汚していくのだ。しかし、あるとき、その汚れに気づいたとき、人はピュアーな心を取り戻そうと戦い始める。多くの欲望と執着、それに気づいたときから心の汚れをとり除くために、心を鍛錬することになる。その有効手段がこの瞑想なのだろう。人はピュアーな心を取り戻して死んでいくことが大事なのだ。


輪廻の思想は別にして、人生はこのピュアーな心を取り戻すための過程なのだと、瞑想の中で得た。


瞑想しているところを同行のメンバーが写真に撮っていた。彼女らが言うには雰囲気があったとのこと。


ナムギャルの門前でチベタンブレッドを買う。スィートとプレーンがある。スィートを買う。アンパンほどの大きさだが、これでチャイを飲んで、二つも食べれば朝食としては十分だ。1っ4Rsである。


ダラムサラ最後の日なので、ナムギャルからディスクールに立ち寄って写真を渡す。校長先生に会う。校長は女性である。親戚が東京にいると言うので驚いた。住所を教えてもらう。帰国したら会いに行こう。


バスターミナルの広場の前で毎日チベタンブレッドを売っている、30代に見える女性からパンを買う。これはデリーに帰るときの食料だ。

ホテルに戻り、全員で朝食。


10時にTCVに行く。プレゼントの荷物が遅れて到着していなかったのが、昨日ついたという。プレゼントをあげていない子供に渡すために出かける。もしこのことが泣ければ、そのままデリーにもどったかも知れない。


Binder: ひげ爺のバインダー(日記数:20/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=7012094&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.