たらやんさんのマイページ

減塩うどん☆主食はパンよりも御飯☆ツキを呼ぶ魔法の言葉

2010/03/05 03:20

私σ(o^_^o)の減塩食 うどん前日のカレーにだし汁を加え、減塩しょう油、酒、みりんで味付け。長ネギも加える。元病院調理師さんからも いただいてきまし...


Binder: たらやんのバインダー(日記数:1903/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    hime
     2010/03/05 17:50
    私も減塩食食べてますよ☆高血圧のお薬も飲んでいます。
    頑張って(o人)いますもの。たらやんさんも気をつけてるんですね。

  • Comment : 2
    たらやん
     2010/03/06 02:02
    w(゜o゜)w オオー! お薬を飲んでいるのね〜ん。
    もぉ若くない そんな言葉が
    頭の片隅から何処へも行かない毎日です。

    アトピー用のサプリメント って 名前は何でしょか?
    ピーちゃんが貰ってた 黄色い塗り薬の
    名前を聞かなくっちゃ と思いつつ
    日常の出来事に追われて過ごしておりますです。(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

  • Comment : 3
    ユタカ
    ユタカさん
     2010/03/07 02:47
    お久しぶりです。
    私は慢性腎炎のためずっと減塩食です。
    同じく一日塩分6グラムですよ。

    高血圧改善には必要なのですが、皆さん意外に実行できていませんね。

    塩分に関しては習慣的なものが大きいです。
    ですから意識的に変えていかないと、難しいですよね。

    私は味噌汁やその他の汁物は飲みません。
    漬物も食べません。
    梅干も食べません。

    日本食の唯一の欠点は高塩分ですね。
    ご飯が塩分と合いすぎるのでしょう、だって塩を振ってご飯を食べる方もいるくらいですから。

    ああ、そういえば、おにぎりも滅多に食べません。
    煮物も食べません。
    干物魚も食べません。

    麺類は極端に減塩して食べています。
    汁はほとんど残します。

    外食では、協力してくれるお店を捜して食べます。

    香辛料やお酢は減塩食の味方ですね。
    醤油もソースも、減塩のものはあります。
    味噌もあるようですが、私は食べないので使った事はありません。

    ちなみに、蛋白も食べ過ぎないように気をつけています。
    慢性腎炎患者には必要な事ですので。
    これは結構難しいですね。
    かなり意識的にかつ科学的に認識しないと出来ませんから。
    まだ減塩の方が、慣れれば感覚的に把握できますから。

  • Comment : 4
    たらやん
     2010/03/07 04:42
    w(゜o゜)w オオー! 衝撃的でスゥ
    まだ減塩の方が、慣れれば感覚的に把握できますから。

    慢性腎炎 肌の色はドォですか?
    ご存知かどうか判りませんが 南海ファンのドイルさん
    此間まで病気だったらしく ガリガリ君になってたのが
    ようやく 元に戻ったところらしい。

    手首から先しか見えなかったけんど
    日本人の肌色ではなく スス黒かったよん。

  • Comment : 5
    ユタカ
    ユタカさん
     2010/03/08 00:17
    塩分の感覚というのは、習慣的なものに影響されています。
    薄味に慣れれば、濃いか薄いかは一口で分かるようになりますよ。

    私は牛乳の塩分も感じますし。
    成分表を見ればナトリウムが存在しているので、そう感じてもおかしくは無いのです。

    普通の味の麺類はとてもでは無いが塩味が濃くて食べられませんね。

    あ、でも最初はきちんと軽量して把握するのも大事でしょう。
    私もそうしましたね。
    お惣菜や弁当を買う時には見て選ぶのも大事ですが、表示があれば必ず確認します。
    塩分はナトリウムで表示されているので、その数値を2.5倍します。
    それが塩分換算量ですから。

    皮膚の状態が悪化するのは腎炎以外にも肝炎や膵炎でも起こりますよね。

    腎臓病患者さんで皮膚症状が出るのは、かなり進行した場合ですね。
    腎臓から皮膚の新陳代謝を促すホルモンが出ているのですが、腎機能低下によってそのホルモンは出なくなり、皮膚がごわごわとした状態になってくすんだような色合いになってしまいます。
    人工透析患者さんは、皮膚の掻痒感に悩まされます。

    高血圧でも原因不明の本態性高血圧患者さんは、皆さん潜在的な腎炎患者予備軍ともいえるのですよ。
    腎臓でろ過する時に血圧を上げないとろ過できないので高血圧になってしまうのですから。
    腎臓は全身の血液を30分で全てろ過するほどの働き者なんです。
    その割に肝臓ほどには理解も認識もされていませんね。

    それだけ無理をさせているので、感染症などで更に負担が増えると、腎機能がパンクしてしまう場合が有ります。
    働きすぎで、腎臓糸球体が壊れはじめます。
    更には尿細管細胞も壊れだしてきます。

    何故感染症で腎臓に負担がかかるかというと、全ての蛋白老廃物を分解処理するのは腎臓なんですね。
    感染症の場合、細菌やウイルスは蛋白の塊りであり、それを攻撃して破壊する免疫機能も蛋白で出来ています。
    それらの死骸や残骸を処理するのは腎臓なのです。
    慢性腎炎患者ですと、インフルエンザなどに罹ると検査数値はすぐに悪化しますよ。
    風邪なんかでも目で見える血尿が出る方もいますから。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=83587&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.