よっこんさんのマイページ

亀龍寿の篆刻入り年賀状

2011/11/23 16:56


年賀状デザインシリーズ-4

今日の篆刻入り年賀状は辰109のデザインです。






こちらは梅をバックにした少し華やかな雰囲気のデザインに、さらに左上に篆刻を配置した欲張りなデザインになりました。
正月なんだからやっぱりこのくらい華やかでないと、と思われる方にはお勧めです。

使った篆刻は「亀龍寿」(きりゅうのじゅ)です。

「寿」というのは、命が長いこと、或いは命長かれと祝福することと言う意味です。
亀や龍の寿命のように長命であることを願う、或いは祝福する言葉なんです。

亀は万年、鶴は千年と言いますが、亀の場合200年以上生きた実例があるみたいです。

さて、龍ですが、これはなにしろ伝説上の動物ですから(笑)

伝説といえばいえば亀と龍で思い出すのは、浦島太郎。

助けた亀に連れられて〜竜宮城に来てみれば〜 と亀と竜(龍)が出てきます。
竜宮城で歓待の日々ののち、陸に戻ってお土産の玉手箱を開けた浦島太郎は白髪の老人に・・・

しかし、浦島太郎の話って不思議な話ですよね。

亀に乗って海にもぐった浦島太郎が何でおぼれないのか?

いやいや、それもそうなんですけど、そこじゃなくて、そもそも開けちゃいけないお土産を何でくれたのか? 
挙げ句の果てが見知らぬ時代に白髪の老人として一人ぼっちで残されて、、、これって恩返しなん?って思ってしまいます。

話しが逸れましたが、昔から人間の究極の願いは不老不死ですよね。
亀や龍のように長生きするものにあやかりたいっていう人間のせつなる望みなんでしょうか。

兎にも角にも長命はうれしく目出度いこと、亀龍寿は年賀状に相応しい縁起の良い言葉なんですね。


 読み込み中...
Tags: なし
Binder: よっこんのバインダー(日記数:43/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMOとくとくID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=8632428&f_code=1



Copyright(C)2014 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.