ゆめゆめさんのマイページ

●流れるような文章を書くコツ

2011/07/10 20:28


こんばんは。






アメブロ集客アップ基礎からの勉強法の西川です。










●流れるような文章を書くコツ









読まれやすい文章の書き方で文章を読んだときに、一度で理解できる文章の長さってあるんですね。










1文は短く長くなるようだったら、一度声に出して読んでみて、息継ぎをするところで区切るといいですね。




だいたい1行は平均して30文字から40文字ぐらいで、一つの段落は3行から5行程度が読みやいそうです。

↑   ↑
上の文章でスペースなしで50文字です。


30文字から40文字って結構短いですね。


文字の大きさで調整すれば、多少の長めの文章でも大丈夫だと思います。


私も伝えたいことを書くのに一生懸命になって書いていると、つい長い文章になってしまいがちです(^_^;)










そんな時は何回か読みなおすと、自分でもちょっと長い文章で読みにくいなってわかります。


長い文章になっても、どうしても区切ることができない時もありますね。


そんな場合は次の行では短めの文章にしてみる。


長い文章ばかりが続かないようにすれば、読みやすくなります。


次のような接続語は使いすぎると文章の流れが途切れてしまいます。







さて・そして・そこで・また・しかしなど







接続詞を使わなくても書ける文章なら、できるだけ文章の流れを考えて使わないようにしましょう。







使い方を間違ったら、文章の意味自体が伝えたいこととは違った意味の文章になってしまいます。




漢字も知っていても何でも漢字に変換しないで、適当にひらがなやカタカナをおりまぜて使うほうが読みやすくなります。




 







リズム感のある文章を書くってなかなか難しいですが、いつも意識して読者さんにとって読みやすい文章を心がけたいですね。

















 読み込み中...
Tags: なし
Binder: ゆめゆめのバインダー(日記数:1348/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMOとくとくID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=8684150&f_code=1



Copyright(C)2014 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.