NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

ブランド研究所でやりたいこと

投稿者:河野さん  2007/08/09 02:39  MLNo.1   [メール表示]

参加者のみなさん、こんにちは。

主催の河野です。
このグループでやりたいことを書いてみます。
「あ、なんかちがう!」って思ったら遠慮なく抜けてください。
「おもしろそう!」って思ったらぜひ、いろんなディスカッションに
参加してください。

ぼくはこれからのマーケティングでは「ブランド」が今まで以上に
重要になってくると思っています、というか信じています。
機能的にはほとんど差別化が難しくなってきて、
用途提案などをしていくんだけど、それはすぐに真似できるので
やっぱりその先の感情に訴える情緒的な部分での差別化が
必要になってくると思ってます。

じゃあ「ブランド」ってのはなんなのか、そして「ブランド」はぼくらが
狙って作れるのかを考えていきたいのです。

結論から言うと、ぼくはある程度までのブランドは作れると思ってます。
具体的には「伊右衛門」程度は綿密に考えればできると思うし、
スターバックスくらいならできると思ってます。

もちろんAppleとかウォークマンとかになると無理で、
こういうのは神様とかカリスマとか天才とかがいないと生まれない、
稀有な「ブランド」なのですが、こういう突然変異的なものじゃなくて
ファンやユーザー(総じてパートナー)とのコミュニケーションの積み重ねで
形成されていく「ブランド」というものがあると思うし、
それならある程度までは仕組み化、フォーマット化できるんじゃないかと。
それを解き明かしていきたいと思っています。

心理学の領域にも踏み込むことになるけど、ぼくら自身が消費者なのだから
普段の行動を検証していくことで、記憶に残る商品名とか、
また買いたくなる、誰かに薦めたくなるモノやサービスについて、
たくさんのデータが取れると思ってます。
そういうのをひとつずつ考えていければいいなと思ってます。

今後、MLでの会話のほかに、リアルなイベントとか、
各種調査結果などをブログで公開するとかしていきます。
なるだけオープンに、なるだけたくさんの人が関われるように
していきたいなって思ってます。

--
Takeshi KOUNO
http://smashmedia.jp/



Gg[ubN}[N

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト