NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

【報告】10/13の 1435 虹の架け橋キャンペーン

差出人: "國場 大介"さん
送信日時 2004/10/14 01:07
ML.NO [chance-forum:19776]
本文:

國場です。
イラクの自衛隊の死亡情報で緊張が走っている中、恐縮ではありますが、今日の法務
省虹の架け橋キャンペーンの報告をさせていただきたいと思います。尚、まだ自衛隊
についての情報が流れていないMLには追って報告致します。以下転送
*********************************************************************
【御報告:転送OK】  1435 虹の架け橋キャンペーン       
     ――――”人権の”ルールを守って国際化――――      

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ◆◇◆◇◆◇◆  法務省を囲む人間の輪を! ◇◆◇◆◇◆◇◆   
                                     
*********************************************************************

       ■04年10月13日 午後5−7時 霞ヶ関・法務省前■


 多くの皆様においでいただき、ありがとうございました。
 なんと、目標600名を越える、750名にのぼる人々が、
 本キャンペーンに参加してくださいました。
 (警察の話を漏れ聞いたところによると警察は
                600名と考えているようです)

 法務省前は足の踏み場もないというくらい
 人があふれかえっておりました。
 ケミカルライトや虹のプラカード、そして、虹のビニールテープ、そして、
 虹の旗がはためくなかで、警察の不当な規制はありましたが、
 それ以外では、本当に素敵な時間を過ごせました。

 午後5時からの1時間にわたる法務省要請には、
 千葉景子議員が同行してくれました。
 そのほか、中村哲治議員、福島瑞穂議員、
 そしてもちろん喜納昌吉議員
 が、輪のイベントのために駆けつけてくれました。
 
 午後6時からのイベントでは、当事者たちのリレートーク
 (難民、家族の在特を求める子ども、長期単身滞在者など)、
 そして、ナラカズオさん、喜納昌吉さん、イイダコス・バンド
 のコンサートが行われ、大変な盛り上がりを見せました。
 喜納さんの「花」には、大きなウェーブと合唱がおこりました。

 千葉景子議員、喜納昌吉議員、中村哲治議員、今野東議員、
 石毛えい子議員、松岡 徹議員、土井たか子議員、照屋寛徳議員
 が、私たちの実行委員会の要請書に賛同してくれました。

 そして、なんと言っても、1435人といわれる収容所の中の人たちと
 連携できたことがすばらしかったです。

 東日本入国管理センター(牛久)、そして東京入管収容場(品川)では、
 13日、24時間のハンガーストライキが行われています。
 そして、西日本入管センター(大阪・茨木)から19名の要請書を、
 牛久から収容者49名の署名を、
 品川から、収容者28名の署名と9通の要請書を、
 受け取り、法務省に手渡しました。
 収容されているみなさんと連携を取ってくれた牛久や茨木の方々、
 本当にありがとうございました。

 法務省要請をより人間的に変えてほしいという人々が、
 こんなにもいるということが、法務省に伝わったと
 思います(というか圧倒されていたでしょう)。

 みなさま、これからも、日本社会を少しでもよくしていくために、
 一緒に力を合わせて参りましょう。
 本日は本当にありがとうございました。

★本キャンペーンのHPでのお知らせ
http://www.asahi-net.or.jp/~bx8k-arkw/               

◆【法務大臣に提出した要請書の内容】_/_/_/_/_/_/_/_/

○収容について○
 不必要な収容はしないでください。とりわけ、難民申請者、家族のある者、
 長期滞在者、病気・怪我治療中の者、子ども、高齢者、裁判係争中の者、
 妊婦、送還の目処がつかない者・・・の収容は絶対にやめてください。
 無期限収容はやめてください。

○在留について○
 難民、家族、子ども、長期滞在者、そのほか人道上の配慮を要する
 外国人に対し、在留を許可してください。

○難民について○
 難民鎖国をやめ、日本をようこそといえる国にしてください。
迫害を止めさせるための平和外交をしてください。

○差別禁止及び多文化共生について○
 多民族・多文化共生社会を目指した施策を立案・実行し、
 人種差別禁止法を制定してください。

 ★★ 主催 ★★
1435虹の架け橋・人間の輪実行委員会
   (問合先 03-5296-5533 弁護士・土井香苗)             
   
―――――――――――――――――――
★★ 賛同団体 ★★ 

APFS (Asian People sFriendship Society)
移住労働者と連帯するネットワーク
入管問題調査会
難民受入れのあり方を考えるネットワーク
全国難民弁護団連絡会議
アフガニスタン難民弁護団
ビルマ市民フォーラム
カトリック東京国際センター(CTIC)
社会問題のために行動するASPネットワーク(学生中心)
(社)アムネスティ・インターナショナル日本
RAFIQ
納税者ネットワーク
クルド人難民二家族を支援する会
ジャマルさんを支援する会
クルド難民弁護団
♪花は土に咲くキャラバン隊♪
難民・移住労働者問題キリスト教連絡会
東日本入管センター面会支援キリスト教ネットワーク(牛久面会ネット)
ワールドアクション
法輪功難民弁護団
グローバルピースキャンペーン
ATTAC Japan移住労働者研究会
法輪功の難民申請者支援会
ピース・チェーン・リアクション
在日韓国人問題研究所
外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会
クルディスタン&日本友好協会
クルドを知る会
反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)
チームS・シェイダさん救援グループ
CHANCE!pono2
在留特別許可取得一斉行動弁護団
首都圏コープ職員評議会
RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
ピースボート
イラクの現状と平和を考える会
在日アジア労働者と共に闘う会
山谷労働者福祉会館活動委員会
ボランティア団体すたあと長田
在日ビルマ人難民弁護団
首都圏コープ関連労組協議会

Gg[ubN}[N
添付: