NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

2017年衆議院千葉6区政策協定

投稿者:太田光征さん  2017/10/05 11:40  MLNo.27324   [メール表示]

[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

千葉県第6区は民進党元衆議院議員・現立憲民主党の生方幸夫氏と共産党新人の浦野真氏などが立候補を表明していた選挙区です。

民進党と希望の党との合流クーデターや、千葉県第13区が共産党の必勝区の1つになっていて、13区からも立憲民主党からの立候補予定者がいるという事情が重なり、6区における政策協定の締結がずれ込んでいました。

しかし昨日、共産党が6区候補者を降ろすという決断をされたため、本日ようやく、つながろう!ちば6区市民連合は生方幸夫氏と下記の政策協定を締結しました。

6区を優先し、自党に不利になるかもしれない可能性があるにもかかわらず13区問題を解決しないままでの共産党の決断に感謝します。

後がありません。市民運動の実力が試されます。後で後悔しないような実践をしていきましょう。

太田光征



2017年衆議院千葉6区政策協定

つながろう!ちば6区市民連合と衆議院議員選挙予定候補・生方幸夫は、以下合意する。

1.野党4党合意(2017年4月5日付「『市民連合が実現を目指す政策』に関する4党の考え方」)を堅持し、つながろう!ちば6区市民連合開催の「市民の願いを語る会」で出た意見に留意する。
2.安倍政権を退陣させ、集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、憲法違反の安保法制を廃止して、立憲主義を回復する。
3.憲法改正の発議に反対する。
4.共謀罪法、特定秘密保護法は廃止する。
5.低所得者の社会保障・労働条件を改善し、中小企業を助け、格差貧困を解消する。残業代ゼロなど安倍政権の働き方改革に反対する。
6.消費税の10%への引き上げは見送る。富裕層や大企業への課税を強化する。
7.原発の再稼働を止める。
8.辺野古新基地建設を止める。
9.核兵器禁止条約に加盟する。
10.小選挙区制を廃止し、一票の格差をなくし、民意をフェアに反映する選挙制度を実現する。
11.生方幸夫は衆議院千葉県第6区野党統一候補として当選後にちば6区市民連合との政策協議に応じる。

2017年10月5日

つながろう!ちば6区市民連合
共同代表 浅川博之
共同代表 太田光征
共同代表 高平福代

衆議院議員予定候補 生方幸夫


Gg[ubN}[N

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。