umasica :桜里さんのマイページ

続々々々々・映画「靖国」を観る

2009/05/10 21:17

「メイシネマ祭 ’09」で、映画『靖国』(2007年 李纓監督作品)が上映されてから一週間が過ぎた。その日以来、映画『靖国』が提起した問題を考えて来たわけだ。

 

 

その「メイシネマ祭 ’09」における映画「靖国」の上映日5月3日は、奇しくも一年前、一連の上映妨害行為を乗り越え、新たに名乗りを上げた映画館での上映の初日でもあった。

「週刊新潮」誌上での「反日映画」とのレッテル貼り。稲田朋美自民党議員による(個人的な)事前試写要求。右翼による街宣活動。その三者が、当初の上映予定館での上映中止の要因と考えられている。

主因がどれであったのかについては、一概に言うことは難しい。いずれにしても、『靖国』が「反日映画」だという評価においては一致していたわけである。

 

もっとも、「週刊新潮」がこの問題でキャンペーンを展開するようなことはなかったし、右翼団体も合同試写会を開催後は、映画『靖国』を「反日映画」として上映反対キャンペーンを行うことはしなかった。稲田朋美議員自身も、2008年3月31日に、配給会社による全館上映中止の発表に際し、「日本は表現の自由も政治活動の自由も守られている国。一部政治家が映画の内容を批判して上映をやめさせるようなことは許されてはいけない」「上映中止という結果になるのは残念」とのコメントを残している。

 

 

『靖国』に対する、「反日映画」あるいは「反靖国神社映画」であるという評価を、映画の画面自体から導き出すことは出来ないというのが、これまでの私の主張であった。

 

敗戦後の日本人の視線が、戦中の帝國軍人による敵軍人の斬首という軍刀使用法に「やましさ」あるいは「後ろめたさ」を感じてしまうが故に、そのような写真の映画中での使用に対し「反日的」であるという評価をさせてしまうのである。その写真自体は、戦中の日本人のイメージでは、皇軍の勇猛さの証しとして評価されこそすれ、恥ずべき・隠すべきものではない。

刀匠自身が、自ら鍛えた軍刀が骨まで斬れるものであることを証言していることの意味は重要であろう。軍刀はお飾りではなく、実際の使用法の想定の上で、刀匠により鍛え上げられていったのである。

そこに映し出されているのは、それこそ「歴史の真実」(靖国神社「遊就館」の「使命」の一つは、「近代史の真実を明らかにする」ことである)なのであり、現代の日本人も、その「真実」にこそ向き合うべきではなかろうか?

皇軍の精神を肯定するならば、軍刀が象徴する本来の世界をフィルム(ヴィデオ?)に収めてくれた李纓監督の営為には感謝すべきであろう。

もちろん、李纓監督自身が皇軍精神礼賛のために作品を制作したかどうかは別問題である。しかし、我々が観るべきは、映像そのものなのであって、そこに「反日性」を見出すのは、敗戦後の日本人ならではの「負い目」という「目」なのである。
 

 

 

稲田朋美議員自身は、映画に対し、


 靖国神社が侵略戦争に国民を駆り立て、天皇陛下のために死ぬ国民を作る一種の装置だった、というメッセージを映画から感じた


というコメントを残している。文脈から考えて、肯定的な評価ではないように思われる(でなければ、映画『靖国』への芸術文化振興基金からの助成金支給に批判的態度はとらないだろう)。

しかし、前回も指摘したように、稲田議員自身の靖国神社認識である、


 靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、「祖国に何かあれば後に続きます」と誓うところでないといけないんです


という言葉は、「祖国=天皇陛下」・「後に続きます=戦死します」として変換可能であり、稲田議員が受け取ったと感じた「メッセージ」は議員自身の「靖国」認識に合致しているのである。

 

ただし、靖国神社の歴史を考えれば、「侵略戦争に国民を駆り立て」るという意図は、創建時の理念からは見出せない。明治維新の過程における、官軍側の死者の慰霊施設というのがそもそもの起源なのである。

最初期の慰霊(文久2年に「私祭」として営まれた)の対象者は、時の正統政府である「幕府」へのテロリストであった。もちろん、「勝てば官軍」なのであって、かつての反体制テロリスト及び官軍側従軍者を、政変の後に、新たに体制側(かつては反体制テロリストの側にいたわけだ)となった人間達が祀った場が、靖国神社の起源となるのだ。(『靖国神社 遊就館図録』 2004 「靖国神社の創祀」の項、及び小島毅『靖国史観』 ちくま新書 2007 参照)

つまり、内戦という過程を経ての政治的正統性の問題と不可分の場ではなかったのである。戦死者の慰霊行為に際し、「賊軍」の戦死者を排除し、そのことで「官軍」の勝利と薩長政権の正統性をアピールする場となっていたのだ。西南戦争まで、その構造が続く。

戊辰戦争では「賊軍」として慰霊の対象とされなかった会津出身者も、西南戦争で政府軍に従軍し戦死した者は、靖国神社に祀られることになる。ここでも内戦状況で勝利した側のための慰霊の場であることに変化はない。

 

対外戦争における戦死者の慰霊施設として本格的に機能し始めるのは、日清戦争以降になってのことなのである。「祖国=大日本帝國」という図式は、対外戦争において成立するものなのだ。それまでの「国」とは、薩摩や長州あるいは会津なのである。つまり、それが「内戦」というものだ。

 

ここで興味深いのは、つまり稲田朋美議員の認識の興味深さということなのだが、彼女の尊敬する人物をご存知であろうか?

なんと西郷隆盛、だそうである。

もちろん、西郷隆盛は西南戦争という内戦における「賊軍の首魁」であり、「英霊」として靖国神社には祀られてはいない。そもそもの靖国神社の意義は、内戦時における敵味方の峻別にあった。その靖国神社から排除された西郷隆盛を尊敬するというのは、そもそもの靖国神社創建の理念に反することなのではなかろうか?

 

その辺の論理的整合性が、この弁護士資格を持つ国会議員の中でどのように処理されているのか? 私には実に興味深く感じられるのである。

 

もちろん、それは私の私的興味にとどまる問題ではなく、靖国神社という施設への認識の根幹に関わることなのである。

 

 

 

こんなことを考えてしまうのも、一週間前の「メイシネマ映画祭 ’09」初日の、李纓監督作品『靖国』との出会いあればこそである。

何よりも映画祭関係者には感謝を申し上げたい。この一週間、実に楽しんで書き継ぐことが出来たのだから。

 

 

 

 

 


Binder: 現代史のトラウマ(日記数:656/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2009/05/11 01:16
    長い文章を書いて投稿する時のスリル。

    たまりませんぜ!


      エラー : このリンクは無効です


                   ・・・出るか出ないか・・・出なかったぁ〜!!

  • Comment : 2
    umasica :桜里
     2009/05/11 13:05
    >ナンマンダブ、ナンマンダブ、ナンマン…。どうか気付きません様に。 



    Comment 2  2009/05/11 01:28 たぬき男いたち男さん

    良かったネェ。せっかくの長文がオシャカ…では、ショックだよな。

    Comment 3  2009/05/11 01:50 たぬき男いたち男さん

    でも出来うるならば、O時O分…て所までこだわって欲しかったな。


     ↑ ↑
    深夜の徘徊行状


    シャワーを浴びて散歩でもしたらどうか、とオレは思うのだが…

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2009/05/11 13:21
    >ナンマンダブ、ナンマンダブ、ナンマン…。どうか気付きません様に。


    Comment 2  2009/05/11 10:59 たぬき男いたち男さん

    時の米「タイム誌」の表紙に、「帝国軍人による米兵士の斬首」の写真

    がデカデカと掲載され、米国民に与えた日本軍の体質のイメージとは、

    この「軍刀」に象徴される「日本」と云う国家の歴史を、知らなかった

    大方の彼らに取っては、恐ろしい野蛮性だった。邦画「人間の条件」に

    於いて見られる「中国人捕虜の斬首」のシーンは、首を討ち取る仁義の

    「或る種の爽快さ」を表現している。「日本」とはそう云う国なのだ。
     

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2009/05/11 13:27
    「Comment 4」(2009/05/11 13:05)を、
    削除された「Comment 2」(2009/05/11 10:59)と比較。

    まったくの同文に見える。


    何の意味があるのだろうか?



    シャワーでも浴びて、散歩でもしてればいいと思うけどなぁ… 

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2009/05/11 13:30
    >まったくの同文に見える。


    違った。

     …を表現している → …を反映している

  • Comment : 6
    uma-sika:桜里
     2009/05/11 13:57
    >まぁ「ウマシカ」は名の通りの「馬鹿」だ…とだけは、云っておこう。


    「umasica」氏に街宣車の手配をして欲しいのか???


    >あわてるから、いけないんだよ。自分が仕様としている事を確かめろ。


    天に唾するタヌキwwwwww

  • Comment : 7
    uma-sika:桜里
     2009/05/11 14:12
    Comment 108 2009/05/09 19:46 ためいき男いらだち男さん

    言いたい事は明日言え

    言いたいことがあってもすぐ言わず、時間をおいてよく考えてから
    言えば思わぬ失言をまぬがれることもあるということ

    肝に銘じるんだな


    Comment 109 2009/05/09 19:52 たぬき男いたち男さん

    「スミス」様。肝に銘じておきます。




    全然肝に銘じてない、ってことだけはよぉくわかるが・・・

  • Comment : 8
    uma-sika:桜里
     2009/05/11 14:47
    >「コメント」は大事に扱って欲しい所だ。少なくとも良く読んでくれ。


    って書いてあるが…


    「umasica」氏には、忙しい中、
    いつ削除されるかわからんコメントの相手をしろ、ってぇことらしい。

    よく読んだって、返事書いている間に削除じゃなぁ・・・

    「umasica」氏も大変だな、こりゃぁ。

  • Comment : 9
    ストロング@テロル
     2009/05/11 15:31
    たぬきの誤変換ソフト

    人のふり見て我がふり直せ

    自戒するが、解釈誤作動

    たぬきのふり見て人のふり直せ

  • Comment : 10
    ストロング@テロル
     2009/05/11 15:33
    そして、又振り出し

  • Comment : 11
    AGENT S
    AGENT Sさん
     2009/05/11 15:53
    しかし、たぬきのスミスにたいする恐怖は本物

    なんせ、こちらはいつも本気モード

    いつでも地獄に突き落とす気十分

    いつまで余裕で楽しんでいられることやら


    話は変わるが、なかなかwindows7はvistaを改良されて快適な動作のようだ


    余裕のある「スミス」であった。

  • Comment : 12
    AGENT S
    AGENT Sさん
     2009/05/11 16:11
    >まぁいいさ。「スミス」が相手だと、こちらも手加減せざるを得ない。

    手加減しないのでしょう。かかってきなさい

  • Comment : 13
    AGENT S
    AGENT Sさん
     2009/05/11 16:15
    とは云え、結構ケンカを楽しんでいる余裕のある「スミス」であった。

    まぁ、所詮「猫の戯れ」程度のケンカだ。本気で噛んでいる訳はない。

  • Comment : 14
    Mr.Dark
    Mr.Darkさん
     2009/05/11 16:51
    たぬきさん、シャワーを浴びて身を浄めなさいまし。
    そしてumasica氏に謝罪のコメントを‥
    さすれば、OKですぞ。

    さもないと、スミス軍のブラックバス(街宣車)が大挙して桶川に‥

  • Comment : 15
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 19:17
    冗談じゃないぜ!!今、YAHOO!japanのグループ・コーナーで

    ドえらい目に会ってるんだ。なんだか「たぬき」の名が引っ掛かって、

    「ゲイ」の方に誘われてるんだが、どうしたもんか。全く困った話だ。

    なんで又「たぬき男」が男色の目で見られるんだ。気持ち悪いじゃあ

    ないか。真面に応対してもらえないのが、愛称のせいなのかと思うと

    情けなくって泣きたいよ。なぜ、どうして「たぬき男」は拒否される。

  • Comment : 16
    Mr.Dark
    Mr.Darkさん
     2009/05/11 19:24
    神に呪われし「たぬき」はソドムに相応しい

    わはははははっ

  • Comment : 17
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:33
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 18
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:33
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 19
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 20
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 21
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 22
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 23
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 24
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 25
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:34
    「皆さん」良く御承知の様に「たぬき」は少々オツムが可笑しいんだ。 

    自分の発言に責任が取れる状態でないから、寛大に見てやって欲しい

    と思う。「薬」がどうしても必要だし、それも危なっかしいくらいだ。

    「コメント」の削除は「私」の定番となってしまったが、それも許し

    無視していて欲しい。削除大魔王の名を頂いて、大いに感謝している。

    どうにも読み辛い内容で、白ける話題ばかり持ち出す所は申し訳ない。

  • Comment : 26
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 20:44
    困ったなぁ。そんな積もりはないんだが、もうパソコンがバテてる。

    今、2台目と交換するから、しばらく待ってくれ。誰も待ってない

    事を重々承知した上での話だがな。お〜パソコンよ、ゆっくり休め。

  • Comment : 27
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 21:18
    やぁれやれ、選手交代だ。これで「フリーズ」からも解放されるな。

    パソコン虐待の現行犯逮捕だ。ヨロシかるかる話ではないか。

    さぁて、いよいよこれからが「御楽しみ」の時間ってもんだな。

  • Comment : 28
    umasica :桜里
     2009/05/11 22:00
    無事(?)振り出しに戻りましたとさ。

    メデタシメデタシ…なんですかねぇ…?

  • Comment : 29
    Smith
    Smithさん
     2009/05/11 23:51
    それが「メデタシメデタシ」なんですよ。消えるものは消えて由至。

    次の新手が現れますから、ご心配には及びません。

    そう、すべては「振り出し」にと戻ります。永劫回帰ですよ。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.