umasica :桜里さんのマイページ

現代史のトラウマ、その7 続マイノリティーとマジョリティーの間 (再録)

2007/05/12 11:48

現実に、明治維新の時点で考えれば、日本国民など存在してはいなかった。国とは、藩のことであり、何よりもそこでのマジョリティーは、農・工・商ではあっても、「国民」ではなかった。国=藩は、支配層である士の関心事であっても、そこにマジョリティーである農・工・商が関与することはなかったのである。そのような分権的幕藩体制国家が中央集権的明治国家に編成しなおされる過程を思い起こしてみたい。そこでは、西南戦争という内戦状況をくぐり抜けていることに注目しておく必要がある。幕藩体制に代わる国家が複数誕生している可能性がそこにはあった、ということを想像しておくことは決して無駄なことではない。複数の民族がそこに生まれていたかもしれないのである。実際、当時の口語を考えて欲しい。列島の東と西、北と南の人間が会話を通じてコミュニケーションを図るには大きな困難があったはずだ。単一の「日本語」の存在さえ怪しかったのである。現在のチェコ語とスロバキア語の差異と、当時の薩摩語と津軽語の差異を考えた時、どちらに大きな開きがあるのか、一度は問うてみる必要はあるのではないか。
「日本民族」、「大和民族」という答えのすわりの悪さにはそのような淵源もあることを忘れるべきではない。
そのようなことを考えに入れた上で、当初の問題に戻りたい。民族問題に無自覚な多数者・マジョリティーとしての「日本人」、つまりアイヌ民族出身者、朝鮮半島出身者、その他の日本国内在住の少数民族出身者を除いた「日本人」に属する私の問題に、である。
民族問題に無自覚であるということは、民族的アイデンティティー及びそこから生まれるプライドへの想像力の欠如をもたらす。そのような場にこの国のマジョリティーは立っている、ということなのである。自らを問うこと無しに、しかし、マジョリティーであるという相対的に有利な位置から、現に、少数民族差別が無自覚に行われ続けているのである。
そして、私の思想・心情とはまったく別のこととして、被差別少数者から見れば、私はマジョリティーの側の人間なのである。
つまり、ここには個人は存在しないのである。カテゴリーのどこに組み入れられるか、そこで決定されることなのであるから。あるアイヌが差別される時、その個人が問題にされてはいない。カテゴリーが問題なのである。その同型の関係が、私に向けられる、と考えておかなくてはいけないというわけなのである。人間をカテゴライズすることが何を生み出すのか、そのことも考えておくこと。
そして、たとえば、私がアイヌ差別を語るとすれば、被差別当事者のアイヌではなく、差別当事者のマジョリティーの側に分類されうる人間で私自身がいることを忘れてはいけないということなのである。
個人を主語にできれば、そこに問題はないのかも知れない。しかし、現実のこの世界には、個人を主語にして語ることが出来ない、そのような現実もあるということ、なのである。




                    (2006年10月22日の日記の再録です)


Binder: 現代史のトラウマ(日記数:656/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    あつこ
    あつこさん
     2007/05/12 20:57
    スイスのばわいは、4ヶ国語 あるわけで、マジョリテーは、
    スイス ドイツ 語を 話す人達です。そのほか、5人に 1人は、
    外国人ですし。。。私の意見が いつも 少数派となるのは、
    かならずしも、この国で 生まれていない から と いう わけでは
    ありません。。。

  • Comment : 2
    青原さとし
     2007/05/13 12:21
    >つまりアイヌ民族出身者、朝鮮半島出身者、その他の日本国内在住の少数民族出身者を除いた「日本人」に属する私の問題
    南九州にいけば「隼人」の意識を持っている人も若干いますね。
    「古代日本には大和朝廷を形成した支配者集団の呼んだところの、多くの異集団が古典に記録されている。長髄彦、兄猾・弟猾、八十梟師、土蜘蛛など十種以上を数えることができるが、日本全体では蝦夷、熊襲、隼人など大小様々の異集団が割拠していて大和朝廷に服従することを拒否していた。」(坪井洋文)
    これらの「まつろわぬものども」はいつから「まつろって」しまったんでしょうね?広島でその一端でもわかればいいのですが。

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2007/05/14 08:48
    あつこ様

    そうなんですよね。

    別に、ひねくれているつもりはないのですが、気付くと少数意見の側にいる自分を発見してしまうんです。

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2007/05/14 08:50
    青原さとし様

    「まつろわぬものども」の子孫が、今は金欠でヒーヒー言ってます。あちこちでね。

  • Comment : 5
    あつこ
    あつこさん
     2007/05/16 13:14
    大和朝廷は、異集団を服従させるために、宗教では なく
    稲作人民に する 事で、従えて いった と あります。
    中国など の ばわい は、それこそ、自分達の 宗教的な ものを
    従えた民の、宗教的なものの 上に おいかぶせて いったようです。
    南米、アフリカ、殖民地は、宗教で支配して います。
    横レス で 失礼いたしました。
    食料が 常設できる という 事は、それだけの 価値が あったのでは
    ないでしょうか?

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.