umasica :桜里さんのマイページ

フィンランドの「救国の戦犯」と日本の亡国の戦犯をめぐって

2009/03/24 21:24

「フィンランドで「救国の戦犯」に光」というタイトルの記事が、産経新聞から配信されていた(→ http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090323/erp0903232135001-n1.htm / http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090323/erp0903232135001-n2.htm / http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090323/erp0903232135001-n3.htm)。

3月23日付、22時2分ということなので、紙面としては24日付になってるのかも知れない。

 

実は昨夜、「現代史のトラウマ」のアクセス・ログの検索語をチェックしていたら、「フィンランド」や、かつての戦時の大統領名「リュティ」によるものがあった(例えば→ http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%BD%E9%80%A3%E3%80%80%E3%
83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E4%BE%B5%E6%9D%A1
%E7%B4%84%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%86%E3%82%A3&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
)。検索元にアクセスしてみたら、上記の記事があったわけだ。

 

 

 

 

検索を頼りに、周辺の話題を読むと、かつての戦犯の復権という文脈から、「東京裁判史観批判」にご執心の田母神一族(?)が盛り上がっているのが見て取れた。

私自身、「フィンランドの歴史 あるいは軍事力による防衛」シリーズを書いた身である(→ http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/cat33391329/index.html)。盛り上がる人々に対し、ひとこと言っておきたい。

 

 

 

その前に、上記の記事を読むと、紹介されているテュートラ博士によるリュティの伝記の出版年は1994年となっており、「復権」の動き自体は新しいもの(つまり「ニュース」)ではない。そもそもが、1956年のリュティの死に際し、その葬儀は「国葬」として執り行われているのである。フィンランド国内におけるリュティの評価がまったく低かったわけではない、ということになるだろう。ただし、対ソ関係の上での配慮も必要であったのである。

そういう意味では、まさに冷戦後の世界が、伝記出版を可能にしたわけだ。

上記の記事が、現在のニュースとして書かれる理由があるとすれば、2009年が、「冬戦争」から70周年に当たるということにあるだろう。

 

 

記事自体にあるように、リスト・リュティは、対ソ戦争時におけるフィンランドの政治指導者であった(首相、そして大統領)。

「冬戦争」および「継続戦争」という、2度のソ連を相手にした戦争は、どちらもソ連による都市無差別爆撃によって開始されているものだ。あくまでも攻撃側はソ連であり、フィンランドは被侵略国なのである。

 

「冬戦争」時には、ソ連はナチス・ドイツの同盟国であり、共にポーランドを侵略・分割しており、フィンランド攻撃の結果として、ソ連は「国際連盟」を除名されている。

「冬戦争」終結後のフィンランドにとり、ソ連の脅威に対する軍事的援助の確保は依然として重要事であった。その時点でそれが可能なのはナチス・ドイツであった。そして、実際にフィンランドは、ナチス・ドイツからの軍事援助を確保するのである。

しかし、1941年6月22日、ナチス・ドイツはソ連への侵攻を開始する。結果として、ソ連は連合国側の一員となり、フィンランドは枢軸国側に組み入れられてしまうことになる。

そして戦後世界においては、フィンランドが国際連合の敵国条項の適用対象とされ、リュティが戦争犯罪人として取り扱われることになるのである。そもそもが、フィンランドを主語にして事態を考えれば、不当な話なのである。

その間の詳細は、「フィンランドの歴史 あるいは軍事力による防衛」をお読みいただきたい。

 

 

いずれにしても、政治指導者としてのリュティの努力はフィンランドの独立の維持に注がれており、その努力は実ったのである。

フィンランドは、ソ連による軍事侵略の撃退に成功したし、ナチス・ドイツの占領下にもならなかった。後にワルシャワ条約機構に組み込まれることになる東欧諸国にとり、ソ連がナチス・ドイツからの「解放者」であったのに比し、ソ連との休戦後の対独戦争(ラップランド戦争と呼ばれる)をフィンランドは独力で闘い抜いた。

その過程の背後に存在したのが、軍事的指導者としてのマンネルハイムであり、政治指導者としてのリュティであったのである。

 

 

 

「産経新聞」の記事にあるように(ここを田母神一族の人々には見落として欲しくないのだが)、戦後の「戦犯裁判」はあくまでもフィンランドの国内法(臨時立法によるものではあるが)によるものであった。「東京裁判」とは、まったく性格が異なるのである。もちろん、その背後には、戦勝国であり軍事大国であるソ連の存在がある。リュティの「戦犯」認定は、あくまでも軍事大国に隣接する小国家という条件の下での政治的なものなのであり、フィンランド人自身にとってのリュティ評価は、その死に際しての「国葬」という待遇に現れていると考えるべきだろう。

 

 

 

記事中にある、

 

 テュートラ博士は「継続戦争の開戦、ナチスとの取引、戦争責任裁判、服役の  

 すべてがリュティにとり祖国への献身だった。ロシアで権威主義が台頭する

 中、わが国にとり彼の生きようを検証することはさらに重みを増してくる」と語っ

 ている。

 

という言葉の背後には、独立の維持に大きな貢献をした政治家としてのリュティへの評価として、フィンランド人に共有された認識があるはずだ。

 

 

 

 

さて、「東京裁判」である。

被告を裁いたのは、日本ではない。日本人により、日本という国家により裁かれたのではない(そこがリュティとは異なる)。

「東京裁判」の「被告」は、連合国に対する責任を裁かれたのであって、大日本帝國に対する彼らの責任が裁かれたわけではない。

大日本帝國に対し、彼らに責任があるとすれば、亡国という事態を招いた政治的・軍事的指導の責任ではないだろうか? 大東亜戦争の結果、大日本帝國は、あるいは日本は、国家としての独立を失ったのである。

リュティのフィンランド国家・国民に対する功績は明らかである。リュティの存在により、フィンランドは困難な状況下での独立の維持を確保し得たのである。

「東京裁判」の被告はどうであろうか? 大日本帝國に訪れた「亡国」という事態は、彼らの「功績」なのだろうか?

 

もちろん、、彼らの責任は、日本国民により裁かれなければならない。

 

 

 

 


リスト・リュティ

→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%86%E3%82%A3

 

 

 

 

 



Binder: 現代史のトラウマ(日記数:656/全体に公開)
Gg[ubN}[N
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2009/03/25 00:15
    たぬき男いたち男騒動(?)も一段落し、
    通常モードでの久しぶりの日記となった。

    サブタイトルは、
    「田母神一族の盛り上がりに水を差す愛国者の姿日記」??

  • Comment : 2
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 08:24
    了解!!

  • Comment : 3
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 15:21
    「リュティ」の死は「国葬」となったが、「タヌキ」の死は…。

    遠いフィンランドの話をするよりも、卑近な話題はないのかい。

    「私」が死んだら、多分世界中でお祭りが行われる事だろうな。

    生きている内からの「騒ぎ」なんだから、この上どうなる物か。

    あぁ「神」よ!! お願いだから、そう喜ばないで下さいマシ。

    そりゃあ「私」は「貴方」をなじった、憎き「思想犯」ですが。

    火葬が済んだら「母」の骨壷の隣に、置いてやって下さいマシ。

    一生スズメでメダカの「私」でしたが、まぁヨ御座んしょう?

    なまじ「私」に「才」があったなら、この世界を焼き払った筈。

    なんにも出来ないバカだからこそ、世界は安泰で平和ですから。

    そう、へたに「才」を持つと「貴方」にとっては危険でしたネ。

    だから騒さく「なじらない」で、許してやって欲しいんです…。

    ともかくスズメにメダカでは行けませんか。オマケに「精神病」

    にまでさせて、どう云う積もりなのか「貴方」が理解できない。

    「貴方」は単なる「専制君主」ではあっても「天なる父」では

    ありません。「私」と「貴方」のどちらにトガがあるんですか。

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2009/03/25 18:20
    >「リュティ」の死は「国葬」となったが、「タヌキ」の死は…。
    >遠いフィンランドの話をするよりも、卑近な話題はないのかい。

    注文に応えて…


    オケガワは雨降った?
    タチカワは、初めは雨だったけど、夕方にはやんでいた。
               (以上、卑近な話題)
     

  • Comment : 5
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 18:39
    日中は少し降ったが、夕方止んだ。そんな話しかないのか。

  • Comment : 6
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:03
    …と思ったら、又降り始めた。今、家の工事をやってる。

    なにかとウルサイので電子ピアノの「ヘッドホン」が頼りだ。

  • Comment : 7
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:13
    ついでに云えば、夕食はオヤジの作った怪しい料理に、大福餅。

  • Comment : 8
    umasica :桜里
     2009/03/25 19:34
    >日中は少し降ったが、夕方止んだ。そんな話しかないのか。


    これぞ、世間話の大道!!

    世の中なんて退屈なもんだよ。

  • Comment : 9
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:37
    「大福餅」の製造者は、(株)十勝大福本舗。

    住所は北海道中川郡幕別町緑町7番地だ。

  • Comment : 10
    umasica :桜里
     2009/03/25 19:41
    >「大福餅」の製造者は、(株)十勝大福本舗。
    >住所は北海道中川郡幕別町緑町7番地だ。

    なるほど。

    で、北海道には行ったことある?

          (とか続くわけだ)
     

  • Comment : 11
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:41
    電話番号は0120−55−3690だ。

    営業時間は9:00~17:00だ。退屈でもないぞ。

    「電子ピアノ」の「暗譜演奏」に成功しつつある。

  • Comment : 12
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:44
    「北海道」は「妹夫婦」の新婚旅行地だが「私」は知らない。

  • Comment : 13
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 19:55
    「大東亜戦争の結果、大日本帝国は、日本は、国家としての独立

    を失ったのである…」か。そう云うものかネェ。へ〜、大変だ。

  • Comment : 14
    umasica :桜里
     2009/03/25 19:59
    >「大東亜戦争の結果、大日本帝国は、日本は、国家としての独立
    >を失ったのである…」か。そう云うものかネェ。へ〜、大変だ。


    「鬼畜米英」に占領されたしね。

    フィンランドはソ連のコミュニストの占領下になったことはないんだぜ。

  • Comment : 15
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:01
    それは知らなかった。じゃあ中立国家として平和を守ったのか。

  • Comment : 16
    umasica :桜里
     2009/03/25 20:10
    >それは知らなかった。じゃあ中立国家として平和を守ったのか。

    詳しくは日記本文を読め。

    もっと詳しくは、→ http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/cat33391329/index.html

    軍事大国としての隣国ソ連の存在の拘束は大きかったけれど、
    フィンランドは中立国として戦後世界に復帰した。
    「フィンランド化」という言葉は、
    西独では、ソ連に従属した状態を意味したが、
    東欧圏では、ソ連から自立した国家として憧れの対象だった。

  • Comment : 17
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:14
    良く勉強してるね「ウマシカ」君。末は博士か、大統領か。

  • Comment : 18
    umasica :桜里
     2009/03/25 20:23
    >良く勉強してるね「ウマシカ」君。末は博士か、大統領か。

    何になろうが、最後はソーシキだ。

  • Comment : 19
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:26
    そうかい…。なんとこの国、米軍F−18を装備してるネェ。

  • Comment : 20
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:33
    「存在するのは、あくまでもリアリズムなのである…」か。

  • Comment : 21
    umasica :桜里
     2009/03/25 20:35
    >そうかい…。なんとこの国、米軍F−18を装備してるネェ。

    要するに、軍事大国のソ連、そしてロシアが隣国だ。

    対ソ戦争の経験からも、
    防衛における軍事力の重要性は身に沁みているだろう。

    冷戦時代には、
    戦闘機はソ連製だった。
    その装備で、ソ連からの攻撃に備えていたわけ。

    外交や軍事を単純にしか考えられない日本人には理解不能な世界だろう。

  • Comment : 22
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:41
    やぁ、はるばるフィンランドからお越しですか「ウマシカ」様。

  • Comment : 23
    umasica :桜里
     2009/03/25 20:43
    >やぁ、はるばるフィンランドからお越しですか「ウマシカ」様。

    オレは日本の「愛国者」だよ。

              メイド・イン・ジャパン!!

     

  • Comment : 24
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 20:49
    それなら、いっそ「憂国塾」へでも入ってモノを云え!

  • Comment : 25
    umasica :桜里
     2009/03/25 20:55
    >それなら、いっそ「憂国塾」へでも入ってモノを云え!

    こっちは、独立系(?)愛国者だからな。

    愛国者のインディーズ・レーベルだ。

  • Comment : 26
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 21:00
    なるほどネ。良く解らないけれど…この「インディーズって何?

  • Comment : 27
    umasica :桜里
  • Comment : 28
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 21:11
    さすがに、くたびれたらしい。黙った。えっ!まだ先がある?

  • Comment : 29
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 21:19
    まぁ良い。この辺でフロシキを仕舞いましょう。ありがとサン。

  • Comment : 30
    umasica :桜里
     2009/03/25 21:29
    >さすがに、くたびれたらしい。黙った。


    さすがに、くたびれたらしい。黙った。

               やっと、お休みの時間か…?

  • Comment : 31
    たぬき男いたち男
     2009/03/25 21:33
    はい、残念ながら。オヤジの馬鹿がウルサイんです。では又…。

  • Comment : 32
    umasica :桜里
     2009/03/25 21:35
    >はい、残念ながら。オヤジの馬鹿がウルサイんです。では又…。

     まぁ良い。この辺でフロシキを仕舞いましょう。ありがとサン。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


http://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.