ぱふぉ新聞編集室さんのマイページ

資料:和訳/チョー・イーティン参考資料「NY TIMES 2007.8/13」

2008/02/24 11:12

小東亜共栄軒'08」出演アーティスト

http://aetta.blog62.fc2.com/blog-entry-146.html#artistfile02chaweithen146

チョー・イーティンの参考資料:

(日本語訳)


チョー・イーティンの友人テイ・リンを紹介する「ニューヨーク・タイムズ」2007年8月13日号

ニューヨークタイムズ (07年8月13日号)
(ほぼ機械訳なので、原文を参照ください)

(2007年8月12日、ロンドン)出獄したときのテイ・リンの写真を見ると、青白く、猫背で20歳はふけて見える。顔はやせ、細い手には6年以上の独房での生活用品を入れたうすでのビニール袋を握っている。彼の隣には監獄を警備する軍人が立っている。彼はうれしそうに笑っている。その笑顔の背後には有刺鉄線に囲まれた監獄である。

テイ・リンは反体制運動をした政治犯として逮捕された。そして監獄で描いた300の絵画と1000のドローイングをひそかに持ち出した。その3年後世界で最も独裁的で閉ざされた国といわれる元ビルマ、ミャンマーの監獄の実態を、彼の作品は描き出している。

最も悲惨な作品は「6本の指」で、やせ細り、手や足の指をなくした男たちの列を描いている。彼らは貧しくて50-100ドルの賄賂を役人に渡せなかったばかりに、マラリアの湿地のある採石場の強制収容所に連行された男たちだ。

「この男たちがここから脱出する唯一方法は、事故ることだ」と今はロンドンに住む41歳のテイ・リンは言う。日常的に監獄の庭園用の鋤や鍬でほかの囚人に、手や足の指の2-3本を切断してもらい、それを医師に見せるのだ。

ほかの作品は囚人に制服として支給される白いロンジー(布の腰巻)に描かれている。それらは身の毛もよだつ飢えと病のさまを描いている。それらはロンドン中心の文化センター「アジア・ハウス」で展示されている。

ここで展示されている彼の作品は1880年から第2次世界大戦以後も続いた長い英国の植民地政策を照らし出している。彼はジョージ・オーウェルについて特に語らないが、彼の作品にはオーウェルの遺産が横たわっている。ジョージ・オーウェルは植民地ビルマの英国警察官であり、彼はそのときの経験を独裁(密告)社会の腐敗として、小説で表現した。

テイ・リンにとって、政治的な演説を行ったとして死刑囚だった7カ月間は結果的にたくさんの重要な作品を作る契機となった。
「絵を描くにはチャンスだった。官吏はまったくやって来なかった。彼らはとても怖かったんだ」そして絵のことを知らない、向こう見ずな死刑囚の仲間たちが助けてくれた。「何かやらなくちゃ」と、彼らは「死ぬ前に、俺らはこの絵描きを助けてやろう」と思ったんだろう。それで、彼らは彼らのロンジーをテイ・リンのキャンバスとして差し出したのだ。

それで多くの囚人は真っ裸で過ごしていた。何しろロンジーは半年に1回しか支給されないのだ。「彼らは裸のままだったが、罰せられることはなかった」とテイ・リンは語る。結局官吏は新しいロンジーを準備し、それは秘密の絵描きのキャンバスになっていたわけである。

テイ・リンは反体制グループの努力によって、彼が獄中で絵を描いていたことがばれずに脱獄した。しかし、1998年彼が友人に協力者を募るよう手紙を出したのを、検閲された。警察はヤンゴンの自宅で彼に目隠しをされ逮捕。軍事法廷で懲役7年以下の懲役となる。2004年に恩赦で少し早めに出獄する。

彼はずっとアウン・サン・スー・チー女史を支持してきた。彼女は民主化指導者であり1988年以来国外に出られず、その17年間のうち11年間は軟禁状態である。アメリカ合衆国は彼女の軟禁解除のために厳しい経済制裁を行っている。
「私が逮捕された一番の理由は、警官に君たちが国を愛するようにアウン・サン・スー・チーも国を愛しているんだよと言ったことなんだ」と彼は言う。
監獄に入った、彼は画材等を見つけ、官吏たちと仲良くなり、彼の作品を外の友達に運び出すのを手伝わせるように、必死になった。
彼は先ず医務局の人と仲良くなった。その人は詩人で喜んで注射器をくれた。それは筆の代わりになった。
面会の家族からもらうお金で仲良くなった官吏を買収して、油絵の具、アクリル、ときには家庭用塗料を手に入れた。

彼の独創的なテクニックの一つは、彼が独房に持ち込むことを許された、白の仏像プラスティック製の写真の裏を使用することだ。裏が白くコートされた表面の上に絵を描き、その上にイメージを写し出すための布を置いた。

時々、危ない目にもあった。それは囚人が告げ口をして、官吏が彼の独房に彼の作品を探しに来る時だった。彼はロンジー(布)に描いた絵を乾かしていたのだ。官吏がその布の隅を持ち上げ後ろをのぞきこみ、それを元に戻すのを見守った。しかし、実は、そのぬれた布が、官吏が探しているものだとは、全く気がつかなかった。彼らはそこにぬれた布を見いだすだけだった。

仲間の作家チョー・イーティン(38歳)がヤンゴンから3カ月彼の展覧会に訪れている。彼女の絵画はタイで展示され、日本と台湾でパフォーマンスをやってきた。

彼らは90年代ヤンゴンの法律学校で出会った。そして二人とも法律家になるのをやめ、もっと軍事政権下の表現の制限を突き破ることができるパフォーマンスアートをやり始めた。

彼らは、ヤンゴンの市場や街角でリボンや飴といった小銭で扱う商品を売るパフォーマンスを行った。これはもちろん、現政権下で日常化する超インフレーションを批評していたのであった。

意外にも彼らは彼らは逮捕された。しかし、もっと深刻な首都での爆弾事件が起こり、その警察署はてんやわんやになってしまった。実際警官はチョウ・イーティンに一度に2つの事件に対処することができないと、愚痴ったそうだ。そこで、警官はテイ・リンチョウ・イーティンに釈放だと言った。

2人のアーティストに爆弾犯捜査の様子を描いてもらうべくもなく、ビルマでの生活にはジョージ・オーウェルが描いた荒唐無稽でそこで生きる人々には悲惨な独裁(密告)社会の特徴がにじみ出ていると記者は考える。


ART-NEWS  '08 5/2-3 K.D japon (パフォーマンス・アートのイベント/アジアから5名+日本人5名)


パフォーマンス・アートのイベント
小東亜共栄軒'08 名古屋
アジアから5名+日本人5名
2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
KDハポン(K・D Japon) 名古屋鶴舞
◆会場アクセス◆/下の方に記載してあります。


◆催名:小東亜共栄軒'08
◆内容:パフォーマンス・アートのイベント
◆日時:2008年5月2日(金)3日(土)pm7:00-pm9:00
◆会場:KDハポン(K・D Japon)
◆入場料:1500円 (入場時に1ドリンクオーダー代500円が別途必要になります。)

◆出演者:
::各アーティストの紹介頁は、下記アーティスト名をクリックしてください。
アジアから5名/ミャンマー1名、タイ1名、中国3名(うち1名はドイツ在住)
日本5名/東京3名、名古屋2名
段英梅 インメイ・ヅアン Yingmei Duan 中国 China (ドイツ在住)
チョウ・イーティン Chaw Ei Then ビルマ Burma (ミャンマー myanmar)
陳進 チェン・ジン Chen Jin 中国 China
舒陽 シュー・ヤン Shu Yang 中国 China
ワサン・シティケット Vasan Sitthiket タイ Thailand
川端希満子 Mamiko Kawabata
田上真知子 Machiko Tagami
寺尾晴美 Harumi Terao
荒井真一 Shin-ichi Arai
西島一洋 Kazuhiro Nishijima
◆問い合わせ先:0568-23-2017(西島一洋)
 
mailはこちら≫
◆名古屋開催企画/西島一洋&寺尾晴美

◆会場アクセス◆
【KDハポン(K・D Japon)】
名古屋市中区千代田5丁目12-7
電話:052-251-0324
・JR鶴舞駅北口より高架沿いに北上(千種方面)徒歩約3分
・同じく地下鉄鶴舞駅2番出口より徒歩約7分


★map:


◆上記イベント「小東亜共栄軒'08」の最新情報は、

  [ART-NEWS]をクリックしてください。
◆出演アーティストの紹介や写真など、新記事を順次追加掲載していきます。



◆小東亜共栄軒'08 全国日程
4月26日(土)−29日(火)/東京:Gallery mestallaおよび美学校
5月2日(金)−3日(土)/名古屋:K・D Japon (ケーディ・ハポン)
5月5日(月)/富山:(富山の会場は交渉中)




◆ART NEWS (最新情報) ◆archives ◆VIDEO & Slide Index ◆ビデオ ◆スライドショー
◆K・D Japon ハポン MAP ◆林裕己の眼(新連載) ◆アーティスト・ファイル ◆ART-Letter
●パフォーマンス・アートって? ◇森淳の語学講座 携帯から [mixi] about us contact us BBS

◆パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」からのお知らせです。◆
その1/イベントのご案内 ≫ KDハポンにて パフォーマンス・アートのイベント アジアから+日本
名古屋鶴舞 K・D Japon (ケーディ・ハポン) 2008年5月2日(金)3日(土) 詳しくはここをクリック

その2/連載「林裕己の眼/名古屋のパフォーマンス・アート」始まる。ここをクリックしてください。

◆パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」Top Pageへ◆

★[パフォーマンス・アート新聞…略して「ぱふぉ新聞」]


◆ホームページ:[φAETTA & ART-Letter]は下記バナーをクリックしてください◆

★ホーム[φAETTA & ART-Letter]はこちらをクリックしてください。


ぱふぉ新聞編集室日記


Binder: ぱふぉ新聞編集室日記(日記数:20/全体に公開)
Gg[ubN}[N

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!


Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.