みんなで哲学を語ろう

メールの詳細(メール表示)

件名:

一問多答をHPへ掲載する

差出人: 野狐禅(やこぜん)さん
送信日時 2005/03/25 21:55
ML.NO [ept:10692]
本文:

みなさん、こんにちは。
みなてつホームページ管理人の野狐禅です。


みなてつのホームページのアクセス数をもっと増やしたいと思って
います。もっとたくさんの方にみなてつを知ってもらって、参加し
ていただきたいと思うからです。
これから書くことは、アクセス数を増やすためのアイデアです。み
なさんのご意見を伺いたいと思います。

通常、どこかのサイトへアクセスするためには、まず「検索」をす
ると思います。
しかし、みなてつのホームページは、MLの紹介とルールブックが主
な内容であるため、なかなか検索にひっかかりません。現在のみな
てつホームページで最も検索されているフレーズは「袋とじ やり
方」です。(笑)
「アリストテレス」も「構造主義」もそんな言葉はみなてつのホー
ムページには書いてありません。


そこで提案です。
何か哲学の問題を出題し、参加者各位がそれに対し500字以内ぐら
いで自分なりの解答を寄せ、ホームページに解答を掲載するといっ
たものです。
ホームページ内の文章量が増え、検索にヒットする機会も増えるだ
ろうと考えています。

僕がイメージしている「哲学の問題」は、「教えて!goo」のよう
なものです。

[教えて!goo] 哲学
http://oshiete1.goo.ne.jp/oshiete.php3?c=383

「人はなぜ生まれてくるのか?」とか「死とは何か?」といったよ
うな話題があって、とても興味深いです。


広いインターネットの世界には、眠れぬ夜に「生きている意味」と
いうフレーズを検索する少年少女もいると思います(いるの
か?)。彼らのたどり着いた先がみなてつであり、参加者のみなさ
んが書いた解答を読んで何かを得ることができたなら、それって素
敵やん?と思うのです。

どのような問いを出題するか、どのように運用するかなど、みなさ
んごご意見をいただきたいと思います。

ちなみに僕が心配しているのは、出題してもあんまり解答が集まら
ないんじゃない?という点です。



+---+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
野狐禅(やこぜん)Takashi Nakao
悟ってもいないのに悟ったようなことを言う者の意。
[mail] info@…
[blog] http://www.yakozen.com/blog/
[mixi] http://mixi.jp/show_friend.pl?id=246804
+---+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
1 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60

Gg[ubN}[N
添付:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト