みんなで哲学を語ろう

メールの詳細(メール表示)

件名:

断るときには、言い訳は無駄な事

差出人: 呟き尾形さん <zan01231…>
送信日時 2015/05/07 23:13
ML.NO [ept:19333]
本文:

こんにちわ。みなさん。呟き尾形です。

名言コレクションです

★★★ここから★★★

断るのにあれこれ多くのことを弁ずるのはむだなこと、
相手の耳には拒否の一語しか聞こえていない。
 ─ ゲーテ  ─

★★★ここまで★★★
 だれしも、断ることが忍びない気持ちになります。

 それは、自分の申し出を断られたときを、想像すれば、
良い気分にならないことを知っているからです。

 しかし、さらに言い訳をすると、さらに気分が悪くさ
せることがある、ということに、に気がついている人は
少ないようです。

 相手が言い訳を理解したとしても、頼みごとを断られ
たことには変わりがないからです。

 ならば、断るときは、言い訳をなるべくしないように
心がけた方がいいでしょう。
 そうでなくとも、思わず言い訳をしてしまうのですか
ら。

 
------
e0ebh
> こんにちわ。みなさん。呟き尾形です。
>
> 名言コレクションです
>
> 過失を改めるのは恥じるべきではない
> ★★★ここから★★★
>
>  「過失は恥じるべきだが、
> 過失を改めるのは恥じるべきではない。」
> ― ルソー)  ―
>
> ★★★ここまで★★★
>
>  
>  過失とは、不注意や怠慢などのために
> おかされた失敗です。
>  だからこそ、過失は恥じるべきことが
> らです。
>
>  なぜなら、不注意や怠慢は、本来、す
> べき事をしなかったことによるものだか
> らです。
>  かといって、過失を改める事は恥じる
> べき事ではありません。
>
>  むしろ、不注意や怠慢を戒めるために
> も、過失が繰り返されないように、過失
> を改めるべきです。
> ------
> e0ebg

Gg[ubN}[N
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: