みんなで哲学を語ろう

メールの詳細(トピック表示)

呟き尾形の本棚 名言: どんな形であれ、できるだけ早くお礼の気持ちを表すだけでも誠意は伝わるもの

投稿者:呟き尾形さん  2015/10/31 08:17  MLNo.19341   [メール表示]

呟き尾形の本棚

 こんにちわ。呟き尾形です。呟き尾形の本棚というブログを2004年の12月から名言を紹介してきており、そのログとして、みなてつで、
本日出会えた名言
http://www.freeml.com/ept/8993/latest
 にて紹介してきまたが、毎日更新のblogにおいつける
わけもなく、だいぶ更新がおくれてしまいました。
 そんなわけで、最新の更新情報として、みなてつに配信し
たいと思っています。

 名言を通して、なにか思うことがあれば、それを語り合っ
てもいいかなと言う話題提供だと思っていただければ幸いで
す。

 では、さっそく



名言: どんな形であれ、できるだけ早くお礼の気持ちを表すだけでも誠意は伝わるもの http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/diary/201510310000/ #名言
★★★
こんにちわ。呟き尾形です。

うまくいく人は、お礼のスピードが速いです。
うまくいかない人は、お礼をしないのではありません。
お礼が遅いのです。
お礼をしているから大丈夫と考える人は、
「相手から先にお礼をされたら、自分はお礼をしなかった
のと同じ」というシビアな感覚を持っていません。
この感覚が、鈍感になっています。
 ― 中谷 彰宏 ― 『すぐやる人は、うまくいく。』

 善は急げ

 善は急げ悪は延べよと言う言葉が短くなったものです。

 善いとおもったことは、、迷うことなく、すぐに実行す
べきです。
 なぜなら、迷っている時間は実行しておらず、やりたく
なくて実行していない時間と同じだけ過ぎ去ります。

 善いと思ったことを実行せずにいるということはまさに
無駄であり、後悔だけがのこります。
 仮に、迷った末に行動しても手遅れになることすらあり
ます。

 迷うことなく実行すれば、無駄な時間から、有意義な経
験に変わります。

 無駄な時間はもっと早くやればよかった、あの時やって
おけばよかったという後悔しかのりません。

 しかし、善は急げと行動すれば、結果はどうあれ経験が
のこり次に活かせます。

 たとえば、お礼。

 お礼をするのに、迷ってお礼することが遅れれば、お礼
する誠意が伝わりません。
 むしろ、相手が何に対するお礼なのかすら思い出せない
ことがあったり、いやいやお礼をしているのではないかと
思われ、お礼が失礼に変わります。

 それに対して、どんな形であれ、できるだけ早くお礼の
気持ちを表すだけでも誠意は伝わるものです。

 つまり、お礼をすることが遅れれば遅れるほど、お礼を
したくないと解釈される度合いが増えるのです。

 それだけに、お礼に時間をかけることは、失礼にあたる
と言うシビアな感覚を持つべきです。

 このシビアな感覚は、日頃の緊張感を生み、結果として
成功を生みだすきっかけになるのです。




★★★★★★ホームページ更新情報★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/ 
 今回は 今回は、呟き尾形の哲学講座 第176回 
近世哲学 デカルト  主観-客観の図式 を追加しま
した。
 次に、エッセイ 呟き尾形の怪獣大好き ミイラ怪人
ミイラ人間 を追加しました。
 次に、小説 哲学モンスター 相対ゴブリン 06 
を追加しました。
 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング
アルコン リプレイ を追加しました。
 
 


Gg[ubN}[N

最新の10件 1 2 3 4 5
  • MLNo.19549   呟き尾形さん  (15) 2016/11/09 19:05  [メール表示する]
    名言: あなたにとっての正解 #名言

    http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/diary/201611090000/ #名言



    ★★★★★★★★★
    こんにちわ。呟き尾形です。

    書を読んでもそれを
    自己の学問の参考にするだけでいい。
    他人の書物を自己の頂上にいただき、
    他人の学問の範囲に従属する
    気持ちで学ぼうとするなら
    その学問の奴隷になってしまう。
     ― 植木枝盛 ―

     書を読むことは良いことです。

     学問を学ぶことは、より視野を広げるからです。

     ただ、勘違いしてはいけません。

     学問は、より多くの個別の具象の中の共通の正解、つまり抽象の正解にすぎません。

     抽象の正解とは、いってしまえば、おおざっぱな正解です。

     おおざっぱな正解では、具象の正解、つまり、あなたにとっての正解ではないのです。

     学問はあなたにとっての正解のヒントにはなりますが、あなたにとっての正解とはなりません。

     つまり、学問を学ぶことは目的ではなく、あなたにとっての正解を探すための手段の一つに過ぎないということです。





    ★★★★★ 更新情報 ★★★★★★
     さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
     今回は、呟き尾形の哲学講座  189号 デカルトが残した問題 1 を追加しました。
     次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
     次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
     次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


  • MLNo.19572   呟き尾形さん  (15) 2016/11/26 21:26  [メール表示する]
    名言: ごまかせないのは、目に見えない部分 #名言
    http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/diary/201208210000/ #名言


    ★★★★★★★★★


     

    こんにちわ。呟き尾形です。

    “今の世の中では、
    「目に見える部分」つまり「どんな花を咲かせたか」
    「いくつ実をつけたか」ばかりが注目されがち。
    ついつい他人と自分の花や実を比較して、
    焦ってしまうこともあるでしょう。
    そんなとき、「目に見えない部分」
    つまり「根っこ(人間性)」に意識をフォーカスすることで、
    地に足着いた生き方ができます。”
     ― 野口嘉則 ― 「鏡の法則


     人はついつい、目に見える結果だけで評価されがちです。

     それは、見た目のきれいさや数値化が注目されるということです。

     しかし、キレイさや数値はいくらでもごまかせます。

     ごまかせないのは、目に見えない部分。

     その人の人間性をごまかすことはできません。

     植物でいえば、目に見えるのは花や実の数です。
     しかし、根っこがしっかりしていなければ、花はすぐ散ってしまい、次の花はさきません。
     実も数をつけても、おいしい実とはなりません。
     なにより、すぐに枯れてしまいます。

     人間でいう根っこは人間性です。
     今は花を咲かせなくても、いつか花をさかせ、たとえ花が散っても次の花が咲きます。
     実の数は少なくても、おいしい実が実ります。
     なにより、ずっと丈夫でいられます。

     目立つところだけで自己評価せず、目立たない努力を続ける。
     目立たない親切や思いやりを積み重ねることが良い人間性を育てます。




     
    ★★★★★ 更新情報 ★★★★★★
     さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
     今回は、呟き尾形の色の心理学  第173回 国旗と色 51 国旗の黒が象徴するもの 1 エジプトの国旗  過去の抑圧の克服を象徴する黒を追加しました。
     次に、サイトコンテンツ紹介 村の広場 呟き尾形の哲学講座 を追加しました
     次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
     次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
     次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。

  • MLNo.19573   amachiさん  (1) 2016/11/27 15:32  [メール表示する]
    こんにちは、呟き尾形さん、amachiです。

    時々ですが、コメントを読ませて頂いております。今回のご考察もテキスト「鏡の法則」の言葉に沿いつつ、誰にも通じるような普遍性を考慮されてのものと拝読いたしました。

    そしてこの解読に沿いつつ、それをこのML「みな哲」に寄せられる様々なコメントに当て嵌めてみることもまた意義あることかと、その一つの場合を考えてみました。

    >“今の世の中では、
    >「目に見える部分」つまり「どんな花を咲かせたか」
    >「いくつ実をつけたか」ばかりが注目されがち。
    >ついつい他人と自分の花や実を比較して、
    >焦ってしまうこともあるでしょう。
    >そんなとき、「目に見えない部分」
    >つまり「根っこ(人間性)」に意識をフォーカスすることで、
    >地に足着いた生き方ができます。”
    > ― 野口嘉則 ― 「鏡の法則」

    そうするとこのML「みな哲」に寄せられる様々なコメントの一つ一つは「咲いている花」に相応し、「目に見えない部分」つまり「根っこ(人間性)」は「コメントを書いた当人」を指すことになります。従って一見「花」は「枯れるもの」であり「一時的なもの」ですが、「花を咲かせる土壌は花が枯れても残るもの」とも見えます。

    もし「花」に「絶対花」というものを求めるとすれば、この理は矛盾しますが、ML「みな哲」に寄せられるコメントが「真理を探求する考察」つまり「道端に咲いた花」として観察される限り、その花は枯れる宿命であり、その土壌(人間性)もまた変貌するもの言わざるを得ません。

    こう考える時、すべての花は枯れる宿命だと分かりますが、そうすると「これは良い花で、あれは悪い花」というような差別の心は消滅し、「どんな花を咲かせたか」とか「いくつ実をつけたか」というような相対的な見解によって一方を肯定し一方を否定するような態度の愚かさに気付かされるのではないかと思うのです。

    それ故私は何方のコメントを読んでも、「この見解は良いが、あの見解は悪い」という取り方はせず、子どもは子どもの見解を持ち、大人は大人の見解を持つのが当然なように、一切の見解はそれぞれ各自の現在に於ける実存状態に相応する必然で当然有ってよい見解として、とても参考になるものとして読ませて頂いております。

    そうではあっても、私も時々「素晴らしいご見解ですね」と讃えることはあります。それは実に「花(見解)」を褒めているのではなく、「土壌(人間性)」の「真理を求める情熱の真摯さ」を感じ取ったのことなのです。この点に於ける呟き尾形さんの「真理を求める心の継続性」にも感じ入るものがあります。
    ----------------------------------
    >
    > こんにちわ。呟き尾形です。
    >
    > “今の世の中では、
    > 「目に見える部分」つまり「どんな花を咲かせたか」
    > 「いくつ実をつけたか」ばかりが注目されがち。
    > ついつい他人と自分の花や実を比較して、
    > 焦ってしまうこともあるでしょう。
    > そんなとき、「目に見えない部分」
    > つまり「根っこ(人間性)」に意識をフォーカスすることで、
    > 地に足着いた生き方ができます。”
    >  ― 野口嘉則 ― 「鏡の法則
    >
    >
    >  人はついつい、目に見える結果だけで評価されがちです。
    >
    >  それは、見た目のきれいさや数値化が注目されるということです。
    >
    >  しかし、キレイさや数値はいくらでもごまかせます。
    >
    >  ごまかせないのは、目に見えない部分。
    >
    >  その人の人間性をごまかすことはできません。
    >
    >  植物でいえば、目に見えるのは花や実の数です。
    >  しかし、根っこがしっかりしていなければ、花はすぐ散ってしまい、次の花はさきません。
    >  実も数をつけても、おいしい実とはなりません。
    >  なにより、すぐに枯れてしまいます。
    >
    >  人間でいう根っこは人間性です。
    >  今は花を咲かせなくても、いつか花をさかせ、たとえ花が散っても次の花が咲きます。
    >  実の数は少なくても、おいしい実が実ります。
    >  なにより、ずっと丈夫でいられます。
    >
    >  目立つところだけで自己評価せず、目立たない努力を続ける。
    >  目立たない親切や思いやりを積み重ねることが良い人間性を育てます。
    >
    >
    >
    >
    >  
    > ★★★★★ 更新情報 ★★★★★★
    >  さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    > http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
    >  今回は、呟き尾形の色の心理学  第173回 国旗と色 51 国旗の黒が象徴するもの 1 エジプトの国旗  過去の抑圧の克服を象徴する黒を追加しました。
    >  次に、サイトコンテンツ紹介 村の広場 呟き尾形の哲学講座 を追加しました
    >  次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
    >  次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
    >  次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。
    >

  • MLNo.19794   呟き尾形さん  (15) 2017/02/22 10:10  [メール表示する]

    こんにちわ。呟き尾形です。


    他人の悪口3分で言われる悪口6分間。
    他人の賞賛3分で、言われる賞賛6分間。
    律儀な宇宙の倍返し。
     ― 小林正観 ― (著述作家)

     悪口をいわれてうれしい人はいません。

     褒められて、悔しい人はいません。

     しかし、悪口をいわれれば誰しも悔しい思いをしますし、褒められれば誰しもうれしい思いをするものです。

     悔しいことを言われれば、言った人の悪口に上乗せして悪口を言いたくなるし、ほめたくないでしょう。

     うれしくなるようなことを言われれば、言った人の誉め言葉に上乗せしてほめたくなるし、悪口は言いにくいものです。

     他人の悪口も、賞賛も言った分の倍になって相手から返されるものです。


    ★★★★ 更新情報 ★★★★★★

     さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
      今回は、小説を書こう!  第188号 小説の文章の特徴について 1 を追加しましたを追加しました。
     



     次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
     次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
     次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。



  • MLNo.19795   核防御兵器さん  (1) 2017/02/22 15:14  [メール表示する]
       尾形さん、今日は、核防御です。


     時間がないので、後で詳しく説明します。

    現実は、格言という小説より奇なりです。少し違ってるかかなり違うかです。


    >
    > こんにちわ。呟き尾形です。
    >
    >
    > 他人の悪口3分で言われる悪口6分間。
    > 他人の賞賛3分で、言われる賞賛6分間。
    > 律儀な宇宙の倍返し。
    >  ― 小林正観 ― (著述作家)
    >
    >  悪口をいわれてうれしい人はいません。
    >
    >  褒められて、悔しい人はいません。
    >
    >  しかし、悪口をいわれれば誰しも悔しい思いをしますし、褒められれば誰しもうれしい思いをするものです。
    >
    >  悔しいことを言われれば、言った人の悪口に上乗せして悪口を言いたくなるし、ほめたくないでしょう。
    >
    >  うれしくなるようなことを言われれば、言った人の誉め言葉に上乗せしてほめたくなるし、悪口は言いにくいものです。
    >
    >  他人の悪口も、賞賛も言った分の倍になって相手から返されるものです。
    >
    >
    > ★★★★ 更新情報 ★★★★★★
    >
    >  さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    > http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
    >   今回は、小説を書こう!  第188号 小説の文章の特徴について 1 を追加しましたを追加しました。
    >  
    >
    >
    >
    >  次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
    >  次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
    >  次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。
    > 。
    >
    >

  • MLNo.19796   核防御兵器さん  (1) 2017/02/22 22:12  [メール表示する]
    尾形さん、今晩は、核防御です


     違うって何が? ということですが、まず、尾形さんが、尾形さんの小林氏の格言の解説通りの解釈だとすれば、ですけれど、その場合は、私が、おおせの通りの意味でエスティさんを褒めたのだとしても、そうでないのだとしても、それを尾形さんが今ここでこのタイミングで、発言するべきことではないように思うのです。

     事実、私は、立場を失った感じになっているからです。折角、まとめ上げて出来上がった作品を台無しにされたという気がします。

     まるで、私がエスティさんを大してその気もないのにエスティさんから褒められたので(実際は褒められていませんが)気分を良くして大げさに称賛したかのようで、私自身が地に足がつかなくなったような感じになります。

     お分かりいただけますか? 

      私は、本当は、エスティさんには、もっと聞きたかったのです。「本当の幸福」
    についてです。先の私のエスティさん宛てのメールにも書いていますように、


    「 因みに、私がお聞きしたかったのは、「本当の幸福」です。そして、エステ

    ィさんは、どういう時に、どういう状況で、その本当の幸福を感じられるの

    ですか? まさか、その「本当の幸福」も下記のような単純なことではない

    でしょうね? では、エスティさんは、いつも本当の幸福に浸っているという

    わけですか?」

     エスティさんは、「まさか、その「本当の幸福」も下記のような単純なことでは  ないでしょうね?」というところと、 
     「エスティさんは、いつも「本当の幸福」に浸っているのですか?」というところについて砕いて聞きたかった。幾らか明白にならないところがあったからです。

     ところが、明馬さんが、強姦云々のことを言われた。それで、私はそれもそうだなと思いました。でも、私は仏陀の話は知っていたので、一般人は無理でも、修行を積めば、人から赤痢菌の入った食事を食って赤痢になってくるしめられ続けて入滅した仏陀のことを思い出すと、やはり、考えようによって、幸福なのだと思い当たり、その話をして、エスティさんの幸福論を否定するところまでには至らなかったのです。

     ただ、明馬さんの例は、それだけではしっくりと解決されない部分はあるものの、私は仏陀を気に入っているので、その仏陀をこそ称賛するつもりであの例を出したのです。

     ここは、エスティさんの幸福論の賞賛というより、仏陀賞賛です。
    さらに、そのあとは、前から取り上げていた、インディオのことを引き合いに出したくて、それに結び付けました。それは、「Leo Rojas」の「 El condor pasa=コンドルは飛んでいく」です。

     だから、実際上は、エスティさんの幸福論は、さほどまで、否定できないところがあり、幸福の定義に近い部分がありますから、それは評価しています。その評価を仏陀賞賛とインディオ賞賛を述べたことで大げさにしているように見えたのかもしれませんが、私には、そのつもりは全くないのです。

     エスティさんの幸福論は、まだ考える余地がありそうだからです。
    明馬さんの例は、簡単ではないですからね。
     仏陀ですら、ただ、常になんでも幸福かどうかは一概には言えない部分はあるのです。
     小難しい例を出さなくとも、仏陀の赤痢で苦しみながらの旅も幸福といえたかどうかは疑問です。これは微妙です。幸福とは違うのではないかと。

     そういう風に問題はあったのです。しかし、大体において、エスティさんの幸福論は、私があげた仏陀の例を考えれば、仏陀の涅槃にかかわることなのだろうと理解したので、細かいことは切り捨てて評価したのです。

     それも、仏陀賞賛とインディオ賞賛を挙げたかったからなのです。エスティさんを称賛したわけではありません。そういう意識はありません。初めの方だけ評価しているのはわかるでしょう。それは当然のことにすぎないからですよ。

     それを、エスティさんに褒められたから、または、エスティさんが、有難うございましたと、殊勝に返事されたから称賛したくなったという風に取られると、私の立場がなくなる気がするのです。

     立場がなくなりますよ。曇ってしまいます。私が仏陀賞賛とインディオ賞賛を事としたのに、そういう誤解をされれば。

     それに、私は、エスティさんに、まだ反発は上で述べているようにあったのですが、明馬さんが、かなり落としにかかっているので過重の負担になると思って遠慮したのでもあるのです。


     大体、そういう事情です。何にしても、尾形さんの格言解釈による批判は、尾形さんにとっては、明馬さんと私との二人のエスティさんに対する対応を直接的に述べるつもりで書いたのではなく、格言解釈が主だったとしても、私たちに向けてなされた発言だとみるのは免れません。

     だから、尾形さんには、その辺の我々の気持ちを理解するに及ばなかったのではないかと懸念します。

     一応こんなところです。









    > こんにちわ。呟き尾形です。
    >
    >
    > 他人の悪口3分で言われる悪口6分間。
    > 他人の賞賛3分で、言われる賞賛6分間。
    > 律儀な宇宙の倍返し。
    >  ― 小林正観 ― (著述作家)
    >
    >  悪口をいわれてうれしい人はいません。
    >
    >  褒められて、悔しい人はいません。
    >
    >  しかし、悪口をいわれれば誰しも悔しい思いをしますし、褒められれば誰しもうれしい思いをするものです。
    >
    >  悔しいことを言われれば、言った人の悪口に上乗せして悪口を言いたくなるし、ほめたくないでしょう。
    >
    >  うれしくなるようなことを言われれば、言った人の誉め言葉に上乗せしてほめたくなるし、悪口は言いにくいものです。
    >
    >  他人の悪口も、賞賛も言った分の倍になって相手から返されるものです。
    >
    >
    > ★★★★ 更新情報 ★★★★★★
    >
    >  さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
    > http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
    >   今回は、小説を書こう!  第188号 小説の文章の特徴について 1 を追加しましたを追加しました。
    >  
    >
    >
    >
    >  次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
    >  次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
    >  次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。
    > 。
    >
    >

  • MLNo.19797   呟き尾形さん  (15) 2017/02/23 16:36  [メール表示する]


    こんにちわ。核防御さん。呟き尾形です。

     何が間違っているか、ぜんぜんわかりませんでした。
     核防御さん批判という私の意図しないことが核防御さん自身が感じられている
    こと自体に首をかしげています。
     該当する名言および、私の解釈が批判に当たるとすれば、核防御さん自身が誰
    かに悪口を言っているという意思がある場合ですが、そうなのですか?
     そうであれば、悪口は控えていただきたいところです。悪口を言っていないな
    ら別に批判に当たりようがないかと思いますし、そもそも、まったく別の話題
    です。

     本日の名言は、私のライフワークであり、それをみなてつに投稿するのは、
    ルーチンワークにすぎません。

     もし、立場を失ったと感じられるなら、それは偶然かと思いますし、別段他
    意はありません。

     まぁ、ライフワークというのは、自分が出会えた名言について、名言を引用
    し、その引用した名言を呟き尾形が思考して、それがなぜ名言たり得るのかと
    考える思考訓練にすぎません。
     で、みなてつに発言するのは話題作り程度の話です。
     スルーされれば、それまで、そこから話題が生まれればラッキーというレベ
    ルです。
     エスティーさんと核防御さんのやりとりについては、その返信ではなく、別
    の本日の名言の返信ですので、他意はありません。ご安心ください。

     たまたま、核防御さんがそれをどう感じるかは私の考えの及ばないところで
    す。
     その時点で間違いでもなんでもないかと思います。

     ですので、
    >  お分かりいただけますか? 
     ぜんぜんわかりませんし、想像もしていませんでした。


    >  大体、そういう事情です。何にしても、尾形さんの格言解釈
    >による批判は、
     そもそも、批判ですらないんですけど、なんで、批判と核防御さんが感じた
    のか、理由がまったくわかりません。
     もしかして、誰かに悪口を言ったのですか?
     だったら、悪口は控えていただくよう、お願いするほかありません。
     そうでないなら、批判にすらならないはずですよ。

     なんにしろ、レスポンスいただいたものは、
    http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/diary/201702210000/
     のコピペにすぎません。
     月曜日から土曜日までほぼ毎日更新して、いくつかの条件を満たしたときに
    みなてつにコピペしているのは、これまでと同じです。
     その条件は私が単純にやることリストを作ってそのリストの順番が回ってき
    てから出しただけですので、ご安心ください。

     批判したいなら、直接します。
     まぁ、悪口を言っていたならやめてくださいといいたいところですが、どこ
    が悪口だったのか、正直よくわかっていません。
     そもそも、該当するメールの内容は、本日の名言のスレッドで別の話題にす
    ぎません。

  • MLNo.19799   核防御兵器さん  (1) 2017/02/23 19:01  [メール表示する]
        尾形さん、今晩は、核防御です




     尾形さんが知ってか知らず課は知りません。メールのやり取りの概要も見らずに出してるのですか?
     それにしてはタイミング悪すぎです。

     それに誰が私が悪口を言ったといったのですか?
    尾形さんが出した格言は悪口だけじゃないでしょ?
    賞賛の方もあったでしょ? 私の前のメール内容を理解されてない。

     これ以上の会話は無駄ですから、もう一度よく読んで理解されたらそれでいいですから。まさか返事が来るとは思いませんでしたよ。

     それだけです。返事はいりません。


    >
    >
    > こんにちわ。核防御さん。呟き尾形です。
    >
    >  何が間違っているか、ぜんぜんわかりませんでした。
    >  核防御さん批判という私の意図しないことが核防御さん自身が感じられている
    > こと自体に首をかしげています。
    >  該当する名言および、私の解釈が批判に当たるとすれば、核防御さん自身が誰
    > かに悪口を言っているという意思がある場合ですが、そうなのですか?
    >  そうであれば、悪口は控えていただきたいところです。悪口を言っていないな
    > ら別に批判に当たりようがないかと思いますし、そもそも、まったく別の話題
    > です。
    >
    >  本日の名言は、私のライフワークであり、それをみなてつに投稿するのは、
    > ルーチンワークにすぎません。
    >
    >  もし、立場を失ったと感じられるなら、それは偶然かと思いますし、別段他
    > 意はありません。
    >
    >  まぁ、ライフワークというのは、自分が出会えた名言について、名言を引用
    > し、その引用した名言を呟き尾形が思考して、それがなぜ名言たり得るのかと
    > 考える思考訓練にすぎません。
    >  で、みなてつに発言するのは話題作り程度の話です。
    >  スルーされれば、それまで、そこから話題が生まれればラッキーというレベ
    > ルです。
    >  エスティーさんと核防御さんのやりとりについては、その返信ではなく、別
    > の本日の名言の返信ですので、他意はありません。ご安心ください。
    >
    >  たまたま、核防御さんがそれをどう感じるかは私の考えの及ばないところで
    > す。
    >  その時点で間違いでもなんでもないかと思います。
    >
    >  ですので、
    > >  お分かりいただけますか? 
    >  ぜんぜんわかりませんし、想像もしていませんでした。
    >
    >
    > >  大体、そういう事情です。何にしても、尾形さんの格言解釈
    > >による批判は、
    >  そもそも、批判ですらないんですけど、なんで、批判と核防御さんが感じた
    > のか、理由がまったくわかりません。
    >  もしかして、誰かに悪口を言ったのですか?
    >  だったら、悪口は控えていただくよう、お願いするほかありません。
    >  そうでないなら、批判にすらならないはずですよ。
    >
    >  なんにしろ、レスポンスいただいたものは、
    > http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/diary/201702210000/
    >  のコピペにすぎません。
    >  月曜日から土曜日までほぼ毎日更新して、いくつかの条件を満たしたときに
    > みなてつにコピペしているのは、これまでと同じです。
    >  その条件は私が単純にやることリストを作ってそのリストの順番が回ってき
    > てから出しただけですので、ご安心ください。
    >
    >  批判したいなら、直接します。
    >  まぁ、悪口を言っていたならやめてくださいといいたいところですが、どこ
    > が悪口だったのか、正直よくわかっていません。
    >  そもそも、該当するメールの内容は、本日の名言のスレッドで別の話題にす
    > ぎません。
    >

  • MLNo.19802   呟き尾形さん  (15) 2017/02/24 12:25  [メール表示する]
    こんにちわ。核防御さん。呟き尾形です。

    >尾形さんが知ってか知らず課は知りません。メールのやり取りの
    >概要も見らずに出してるのですか?
     いいえ。見てますよ。
     なにがどのようにタイミングが悪いのでしょうか?
     タイミングも何も、関連のない別のスレッドの返信です。
     説明お願いします。
     できないなら、別段、タイミングは悪いという事実はないかと思います。

    >  それに誰が私が悪口を言ったといったのですか?
     別段、私は、核防御さん批判をしていないのに、呟き尾形は核防御さん批判をしているとおっしゃられたので、批判に当たりそうなのは悪口というところかと予想したまでです。
     悪口をおっしゃっていないなら、なんら核防御さん批判にあたるのか、まったく理解できないので、ご説明願います。

    > 尾形さんが出した格言は悪口だけじゃないでしょ?
     批判にあたるのは、悪口ぐらいかと思いますが他にあるなら、引用して説明願います。
     できないのなら、客観的な根拠はないかと思います。

    > 賞賛の方もあったでしょ? 私の前のメール内容を理解されてない。
     そうですね。
     正直、別段、核防御さんの前のメールにあてたメールですらありません。
     たまたま、核防御さんの後に送信されたというだけの話ですし、関連性はありませんよ。
     まぁ、たしかに、関連のないものに関連があるかのような核防御さんの思考は理解できないのは確かです。
     で、賞賛すれば、さらに賞賛されるというのが、どのような批判にあたるのでしょうか? 理解できません。
     理解できないのでご説明願いますという話です。

     そもそもみなてつは、一つのテーマのみ話し合わなければいけないルールもないし、いくつかのテーマが並行して話し合われることは昔からあることです。
     たまたま、私のルーチンワークてきな投稿があったから、間違いだと言いがかりをつけられるのは心外です。
     そのうえ、無関係なのに関連付け批判されているというのは私からすればなんのことかさっぱりわかりません。
     一方的に私が批判したといいますが、別に批判の意図すらないものを批判だと勘違いするのは思い込みというものではないでしょうか?




  • MLNo.19803   呟き尾形さん  (15) 2017/03/31 09:08  [メール表示する]

    こんにちわ。呟き尾形です。

    昨日の自分に比べて、今日は一歩でも、
    いや、半歩でも前に進んでいるか。
    そう問い続けていくことは必要だと思います。
    比較の対象を、他人 から自己へ。
    その習慣の切り替えを、ぜひ行なってください。

     ─ 枡野俊明 ─ (建功寺住職)

     人はついつい、他人と比較してしまいます。

     それは、他人は目に見えるし、比較しやすいからかもしれません。

     しかし、それは、不適切な比較です。

     なぜなら、自分と他人は条件も環境も能力も違うし、比較する他人のことを知らなすぎるからです。

     ちょっとだけ見える1側面だけと、自分を比較しても無意味です。
     さらに、比較する1側面が事実であるかどうかも怪しいのです。

     そうではなく、比較するのであれば今と過去の自分自身です。

     今の自分は昨日の自分より、一歩、半歩でも進んでいるか意識して問い続けるべきです。

     そうすることで、自然と成長するための行動がなされます。

最新の10件 1 2 3 4 5
メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト