NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: 小沢の 国替え選挙、おもしろい

差出人: Masaさん "Masa"<d2nto…>
送信日時 2008/09/19 21:33
ML.NO [meiguoriben:1445]
本文:

佐衛門さま、こんばんは。 Masaです。


> 佐衛門です
>
>
> >Masaです。
>
> >小沢が これまで地盤としてきた岩手を出て、公明代表太田の東京12区から
> 出る可能性を臭わせています。
>
> 失敗するとドロロンとばかりに消えちまう小沢の事、
> ブラフ以外出る勇気なんか有りはしないと思ってます。

まあ、出れば小沢のそれなりに人気が高まると思いますけどね。
思い切ったことをやるという理由で。

思い切ったことをやると政治家の人気は高まりますから。
小泉の郵制解散のときの 「殺されてもやる」というのがいい例です。

>
> >これにたいして、自民麻生派の管が 「それなら、麻生も国替えさせて 東京12区から
>
> 総務大臣の菅(カン)さんじゃなく菅さんですね。
> いつも思いますがこの人は腹が座ってます。

たしかに、管(かん) ではなく、 菅(すが)でした。

>
> >出す用意がある」と応じた。
> つまりは、「麻生 vs  小沢」を 東京12区で実現しようというわけです。
> http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080918/stt0809182100014-n2.htm
>
> これ実現するのならば、非常にいいことですね。
> まあ、意味があるといいますか。
>
> 麻生の圧勝でしょ。
> 誰が小沢なんかに入れますか。


まあ、どちらも バラマキ派ですからね。バラマキは東京では人気がないですよ。

>
>
> >どういう意味かといえば、ミニ首相公選制を現出することになるからです。
>
> 『俺は十二区から出るなんて一言も言っていない。』
> こう言う小沢の姿が見えるようです。
> 又カァですね。
>
> >将来の本格的な首相公選制への一里塚になるかもしれない。
> ということで、もしも、「麻生 vs  小沢」が実現するならば、
> ひっょとしたら 歴史的な出来事になるかもしれないという意味合いを内包している
>
> ということが言えるのではないか。
>
> 残念ながら
> 太田VS小沢さえも実現はしませんね。
> 小沢のカミサンは東北の学会重鎮だそうな。
> 実現すれば日本の学会の重鎮選挙ってことなんでしょうがね。
>

ほー、それははじめて聞きました。
おもしろいですね。



Gg[ubN}[N
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト