NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: 小沢の 国替え選挙、おもしろい

差出人: Masaさん "Masa"<d2nto…>
送信日時 2008/09/22 02:11
ML.NO [meiguoriben:1456]
本文:



Masaです。うーさん、佐衛門さま こんばんは。

> Masaさん、佐衛門さん、みなさん、こんにちは。
>
>>佐衛門さま、こんばんは。 Masaです。
>>
>>>佐衛門です
>>>
>>>>Masaです。
>>>
>>
>
>>まあ、どちらもバラマキ派ですからね。バラマキは東京では人気がないですよ。
>
> バラマキに関しては下記(引用1)参照。
> 「特定の産業や企業層、家計層に恩恵を与える財政政策」をバラマキと称して非難
> するべきであって、政府から国民に金を配ること全てをバラマキというのではない。
>
> 自民党の経済総合対策や民主党の農業(後に漁業も)所得補償は「特定の産業や企業層、
>
> 家計層に恩恵を与える財政政策」に該当するのでバラマキとして非難されて当然ですが
> 公明党の定額減税は不特定ですからバラマキではありません。

ですから、
1) 効果の問題  2)財源の問題

これらについて、公明党の定額減税には疑問符がついているんですよ。

1) 竹中さんは、 こういう定額減税は、これまでの例からして、効果が期待薄といっています。 だから、ばらまきであるということ。
効果がないのを 人気取りのために 人々に金を与えるのは バラマキです。

2) この財源はどうするのですか。 結局、赤字国債に頼ることになるでしょう。公明代表の太田も、麻生も
財源については曖昧です。 今の時点では、赤字国債で賄うとは言えないのでしょう。 でも、結局
赤字国債ですよ。

3)公明党は、構造改革から距離をおこうとしています。結局、 きついことは言わない。 甘いことのみを言う。
構造改革をやって、そこから財源を捻出して、定額減税をやろうというのならば、まだしもですけどけね、
結局、甘いことしか言わない。 昨日の読売の社説でも、 公明党は甘いことしか言わないと、書かれてしまっている。

読売社説:
「大衆に受けそうな甘口の政策を掲げるだけでは、与党の責任を果たしているとはいえまい。」
それにしても、こういうことを書かれて、政党として恥ずかしくないのか、公明党は。


4)それと、 公明の案では、所得が1000万円以下ですよね。1000円以下で5,6万円を減税するというものです。
まあ、これもね、たとえば、所得が500万以下にして 10万円支給するとか、あるいは所得が200円のみに限定して
15万円減税するとするならば、 セイフティネットとしてのインパクトはあるでしょうがね、
1000万以下を対象とするというのはね、 やはり できるだけ幅広い世帯の関心を得たいということからなんでしょうね。
だから、バラマキなんです。


>
> 東京では人気がない?
> なんで、そういうことが言えるのですか。
> 東京も神奈川も同じ大都会です。都会・田舎の区別なく定額減税のような国民個人に
>
> 恩恵を与える財政政策に賛成する人は多いです(引用2)

そりしゃそうですよ、 金くれるといわれて 反対する人は少ないですから。
でも、そういう場合の 世論調査の質問のし方が問題ですね。
財源のことも付記して質問すると、都会では 賛成の割合が変わってくると思いますよ。

赤字国債を出してもいいから、減税してほしいかと質問すれば、おそらく都会では
賛成の割合が変わってくるでしょう。


>
> 「ネット・カフェ難民」が経済格差の被害者として挙げられることが多いのですが
> これは大都会にこそ多いのではないでしょうか。
>

公明の案では、所得が1000万円以下ですよね。1000円以下で5,6万円を減税するというものです。
まあ、これもね、たとえば、所得が500万以下にして 10万円支給するとか、あるいは所得が200円のみに限定して
15万円減税するとするならば、 セイフティネットとしてのインパクトはあるでしょうがね、

ということで、 「今回の公明党が言っている」 定額減税がバラマキである理由は、


1)有効性についての疑問
2)財源についての疑問
3) 構造改革はしたくない、でも定額減税はやるという甘いことしか言わない 公明党にについての疑問

これらのことから、「今回の公明党が言っている」 定額減税がバラマキであるということなんです。




Gg[ubN}[N
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: