NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

生田長江(ちょうこう)=鳥取県出身の偉才  (参加人数  8人

オーナー河中信孝
公開設定:全体に公開    参加設定:誰でも参加できる

生田長江(いくたちょうこう)は、鳥取県日野町に生まれ、明治40年代から昭和10年ごろにかけて、翻訳、文芸・社会評論、創作、後進の発掘・紹介などに目覚しい活躍を見せ、当時、日本の論壇の中心に位置しました。
 長江は日本で初めての本格的作家論といわれる「風葉論(ふうようろん)」で一躍その存在を認められ、以来文芸評論の分野で光彩を放つことになります。また、女性解放運動のさきがけともなる、平塚らいてうを中心とする「青鞜(せいとう)」の産婆役を務め、その命名者であります。
 長江は新進の紹介や発掘に、特別の才能を持っていました。佐藤春夫(さとうはるお)、生田春月(いくたしゅんげつ)、島田清次郎(しまだせいじろう)、作詞家の藤田まさとなどなど、いずれも長江が世に出したといえる人たちです。また、翻訳家としての長江は、ニイチェ全集の個人全訳を通じて、ニイチェの本格的な紹介者としても大きな役割を果たしました。
 創作では、小説、詩、短歌、戯曲などがありますが、やはり長江の真骨頂は評論でしょう。文芸評論では、多くの原稿が長江のもとに持ち込まれ、驚くべき正確さで、前途有為な才能を見出した長江の鑑識眼は一流のものがあったと言われます。当時、文壇に力のあった夏目漱石(なつめそうせき)や森鴎外(もりおうがい)、島崎藤村(しまざきとうそん)などに対しても、歯に衣着せぬ鋭い論鋒で公平で先見的な評価を下しています。
 長江はやがて「科学的なもの〈真〉と、道徳的なもの〈善〉と、芸術的なもの〈美〉が、宗教的なもの〈聖〉に統一され、三位一体をなす」という信条から、病気の身体に鞭打って創作「釈尊(しゃくそん)」の執筆に執念を燃やしましたが、業半ばにして昭和11年歿しました。
 変転極まりない人生のように言われますが、実はその生涯に一貫してひとつの筋道が通っている事が明らかになりつつあります。
 ご興味おありでしたら、白つつじの会=生田長江顕彰会にご参加下さい。
http://my.sanin.jp/site/page/hino/choukou/

MLの詳細を見る

まだこのMLに参加していません!

メールの投稿や返信、フォト/ファイル共有へのアップロードは、
MLに参加しないとできません!もしこのMLに興味を持ったら、
是非参加してみましょう!


メンバー掲示板

  • 河中信孝 さん 03/22 10:22

    白つつじの会=生田長江顕彰会 は、発足8年目。4月からは、新年度を迎えます。2014年度もよろしくお願いいたします。 2013年度事業の最後として、「生田長…


  • 河中信孝 さん 02/06 22:25

    生田長江入門セミナー17『生田春月への旅』刊行に寄せて   ――長江と春月 講師上田京子さん(鳥取短期大学講師) 2月15日(2014)(土)13:30〜…


  • 河中信孝 さん 05/15 14:15

    新しい生田長江の資料をGET!  連休の後半、横浜の「神奈川近代文学館」に詰めて、生田長江の自筆のノート「下書き帳」「雑記帳」「創作ノート」など、写真に収め…


最近更新のあったメール

最近更新のあった共有フォト

生田長江(いくた…

(0)
河中信孝さん 2012/04/18 11:03

img014長江…

(0)
レオさん 2012/01/23 02:13

長江04まり子と…

(0)
レオさん 2011/06/07 13:52
 

共有スケジュール

2017年 10月17日 火曜日

[今日の詳細]
予定がありません。
明日から3日間の予定
10/18(
    予定がありません。
10/19(
    予定がありません。
10/20(
    予定がありません。