イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

イタリア人NGO2人、解放されローマへ帰国

差出人: act63…さん
送信日時 2004/09/29 11:46
ML.NO [URUK_NEWS:0634]
本文:

2004年 9月29日 水曜日     (転送・紹介歓迎)
[飛耳長目録]
 ☆イタリア人NGOスタッフ、イラク人2人とともに解放

 ★イギリス労働党、政府にイラク撤退の期限明示求める

 ☆アルジャジーラ支局閉鎖延長 「報道の自由」に壁

--------------------------------------------------------
伊女性2人解放、帰国 政府交渉で3週間ぶり
(共同通信) - 9月29日9時3分更新 <Yahoo
--------------------------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040929-00000034-kyodo-int
 【ローマ28日共同】バグダッドで今月7日、武装集団に拉致されたイタリアの非
政府組織(NGO)の女性2人が28日夕(日本時間29日未明)、バグダッド市内
で3週間ぶりに解放され、同日夜、ローマに帰国した。一緒に拉致されたイラク人ス
タッフ2人も同時に解放された。  ベルルスコーニ首相は解放直後の会見で、政府
が16回以上、交渉の場を持ったことを明かし、現地の仲介者の存在を示唆した。
 ・・・・


--------------------------------------------------------
イタリア人女性2人解放、ローマに到着
ロイターTV (日本語ではないがTV映像で伝える)
--------------------------------------------------------
http://tv.reuters.co.jp/ifr_main.jsp?st=1096423074984&rf=bm&mp=WMP&wmp=1&rm=0&cpf=true&fr=092804_094354_17d5d2axff45a8e76dx4c4d&rdm=644846.75130988
 イタリアは2人の女性の帰国を祝う


--------------------------------------------------------
イタリア人援助団体スタッフが解放された Italian aid workers freed
アルジャジーラ 9月29日
--------------------------------------------------------
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/DE75587F-5447-4BD1-946A-FAF05C4E2CD5.htm
 家族など関係者の喜びの声を報道したあと、まだ明らかになっていない今回の事件
の背景に関連して、記事の最後に「深まる疑惑」という見出しで次のように補足して
いる。

◆ ----------------
 2人のイタリア人を誘拐した者の身元は謎に包まれている。

 このイタリア人は、厳重に警護されたグリーン・ゾーンにも近いバグダッド中心部
で、、まっ昼間に拘束されたのだ。

 観察者は、イラク国家警備隊(いわゆるイラク軍)の制服を着た20人の武装グ
ループが作戦を遂行したと語り、彼らがイラク暫定首相アラウィのもとで働いている
ことを指摘した。

 これまでにも拉致された外国人の救出を調停し、広く尊敬を集めるスンニ派聖職者
のクバイシ師は、バグダッドで報道陣に、イタリア人救援スタッフが彼のもとを訪れ
たとき、彼らは脅されていると話していた、と語った。

 「彼らは脅されていた」、「彼らは誰かが脅していたと私に告げた」と彼は言っ
た。その脅迫の背後に誰がいるのかという質問に、クバイシ師は「外国の諜報機関が
疑わしい」と答えた。


--------------------------------------------------------
元閣僚らイラク戦争批判 英与党、大きな亀裂
(共同通信) - 9月29日9時26分更新 <Yahoo
--------------------------------------------------------
 【ブライトン(英国南部)29日共同】 ・・・ 同党の有力政治家のクック前外
相は首相の「(テロリストが)イラクを戦場に選んだ」との発言に言及し、「イラク
を戦場に選んだのはわれわれ(英国)だ。戦争前にはテロリストはイラクにいなかっ
た」と反論。 ・・・ ショート元国際開発相はイラクで起きていることは「惨事
だ」と批判。首相が11月以降に中東和平を優先課題とするとした点について「2年
前にも同じようなことを聞いたが、結局何もなかった」と不信感を募らせた。


--------------------------------------------------------
イラク問題、英労働党大会に影 軍撤退求める動議も
朝日新聞 9月28日 10:19
--------------------------------------------------------
http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200409280129.html
 英・ブライトンで26日に開幕した英国の与党・労働党の年次党大会に、イラク問
題が影を落としている。参戦を決断したブレア首相の「戦争責任」を追及する党地方
組織の一部は大会最終日の30日、英軍の早期撤退を求める緊急動議を提出する構え
だ。来年予定の総選挙をひかえ、党指導部はイラク問題への深入りを避け、堅調な経
済を訴えることで支持率低下に歯止めをかけようと躍起になっている。


--------------------------------------------------------
「アルジャジーラ」バグダッド支局支局閉鎖延長 「報道の自由」に壁
毎日新聞 9月28日
--------------------------------------------------------
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20040928ddm012030003000c.html
 ・・・・ 暫定政府の強硬姿勢には米国の影がちらつく。政府内部には「報道の自
由に反する」(内務省高官)と閉鎖措置に慎重な意見も強かった。しかし、「米国の
意をくんだ安保委が閉鎖延長を強行した。すべてが米国の考えを基に行われた」(同
高官)との見方もある。  米国は、イラク戦争と占領に批判的で多国籍軍を「占領
軍」と呼ぶアルジャジーラを非難してきた。国際テロ組織アルカイダの声明や、武装
勢力が拉致した人質の映像を流すなど、以前から米国の怒りを買っていたが、「今年
4月のバグダッド西方ファルージャの空爆中継でそれが頂点に達した」とイラクの報
道関係者は指摘する。

 ファルージャ攻撃作戦中、アルジャジーラは現地からの中継を続けた唯一のメディ
アで、「無実の子供や女性が殺されている」と訴え、米軍への国際的非難の契機を
作った。当時の米英占領当局(CPA)幹部は「報道はうそ」と公言し、いら立ちを
隠さなかった。 ・・・

-------------------------------------------------------
□□□□□ □■  □□□□□ □■  □□□□□ □■ □
※ イラク情勢ニュースのホームページができました!!
     http://www.geocities.jp/urknews/  

※ このニュース紹介は、freeMLを使ったメール形式で配信されて
います。下記URLから、誰でも無料購読の申込みができます。
http://excite.freeml.com/cats/society_mass_media/current_events/organizer-news-freeml.html
-------------------------------------------------------

Gg[ubN}[N
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: