完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > 「食」調査!!! > 『お雑煮について』調査
ウィふり調査団トップへ

『お雑煮について』調査

カテゴリ:「食」調査!!!
うすぐお正月ですが、お正月といえばお雑煮ですよね。我が家でも毎年作るんですが、地域や家庭によって作り方が違うと聞いたことがあります。毎年同じ味もそろそろ飽きてきたので、来年はちょっと違うお雑煮を作ってみたいんです。なので、皆さんの家がどんなお雑煮を作っているのかを調べてください!!!(マメ太郎さん)
Gg[ubN}[N

全国調査の結果は?

日本のお正月には欠かせないお雑煮。
ところ変われば雑煮も変わる、という訳で、地域や家庭によってその味は様々です。
みなさんの自慢のお雑煮レシピを大募集した結果、カレー以上に個性豊かなラインナップが勢ぞろいしました!
餅の形や、調理の仕方、そして味付け…
一見カンタンそうに見えるお雑煮ですが、実に奥深いです。

こんなメールをいただきました!
◆シンプルイズベスト!

我が家のお雑煮はしょうゆだしです。具は、おもち+里芋のみ!ちょっと飽きます。
でも美味しいです!トロトロのおもちが好きです☆(東京都出身 ロザンナさん)

◆あれ?お餅は?

我が家のお雑煮はお澄ましです。お澄ましの中に鶏肉と春菊とゆずの皮が入っています。
昔は焼いたおもちをいれていたのだけど私はおもちをいれるのがキライなのでいれません。
ゆずのかおりがとても香しい★(千葉県船橋市出身 ねむねむさん)

◆実際に作ってみた人はいるんでしょうか?
我が家のお雑煮は、しょう油ベースのスープに「鶏肉・大根・にんじん・ほうれんそう(もしくは小松菜)・餅」が具として入っているお雑煮でいたってシンプルです。
雑煮といえばミスター味っ子。
ミスター味っ子で味っ子が作った「白味噌にトチ餅」の雑煮は、お椀の底に溶けた餅がへばりついてしまうのではないかという欠点があったけど、大根の薄切りでへばりつかないからOKというのは、なるほどなぁと感心した気がします。でも、箸にはとろけた餅がくっついて食べにくいんじゃ……
あのGPの中で食べたかったのは、大根餅と鉄鍋手羽先雑煮です。
(神奈川県出身 おのでらさん)

◆おばあちゃんの味

うちの味は、というよりおばぁちゃんの作った雑煮がとてもおいしいです。
作り方を聞いてみるととっても簡単で「裏の畑から取ってきた、芋やら人参やらいれてるだけだよ。」って新鮮な野菜だけかよ。んでも、おいしいんですよ。
ちなみに出汁ではなく酒で煮込みます。(東京都出身 みちゆきさん)

◆おかあさんの味

母親が作るお雑煮は、毎年違います。
しょうゆ味に煮た角餅だったり、味噌味に焼いた丸餅だったりおすまし風で焼いた角餅だったり…。
具材は他に、ほうれん草・人参・ねぎ・椎茸・大根が毎年定番で沢山入っています。
あとナルトも。 今年は、しょうゆ味で焼いた角餅に野菜と豚肉が入ってました。
豚肉によって、いつもより少し豪華に見えました。
ちなみに群馬県在住ですが、母親は生まれも育ちも埼玉県です。
(群馬県出身 お象煮パォーンさん)

◆つきたてのもちもち感が味わえます。

さて今回のお雑煮の件ですが我が家(神奈川県川崎市)のレシピはこうです。
材料:大根・里芋・油揚げ・ちくわ・鶏肉
味付け:しょうゆ・砂糖・塩・和風だし
お餅:四角い切り餅を鍋でゆでて汁に投入
お持ちをゆでるのがちと面倒ですが、大鍋でパスタをゆでるのと同じ感覚かな?
つきたてのお餅のような食感が最高です。
でも最近硬い物好きの母や義姉の影響で、焼餅を入れて食べるようになってきました。
今年は久々に茹で餅で食べたいと思います(神奈川県川崎市出身 匿名希望さん)

◆あま〜いお雑煮!?

私の家は白味噌と米味噌をブレンドした味噌味の雑煮です。
具は白菜・金時人参などの野菜をたっぷり、そして餅は白丸餅と餡入り餅を1コづつ。
焼かずに入れます。具沢山でほんのり甘くておいしいです。
正式な雑煮は白味噌に野菜と餡餅らしいのですが、甘くなり過ぎるので、我が家では上記のようにして作ります。他県の人には「餡餅!?」と引かれてしまいます。
(香川県東部出身 りんごさん)

◆手間暇かかったご馳走です♪

1.まず、牛蒡の千切り(細ければ細いほどおいしい)をフライパンで油なしで炒めた後、お湯を入れて沸騰させる。茹で上がった後は水切りをする。この牛蒡の千切りが一番大変で、これさえ出来ればほとんど出来たも同然。
2.水切りした牛蒡をフライパンに戻し、醤油で味付け。
3.ダシ雑魚を前日の夜から鍋に入れておく。(水ダシをとるため)
4.だし汁を鍋に入れて沸騰させ、醤油、塩で味を調える。(少し濃い目が良い)
5.その中に北海スルメ(剣先スルメじゃないですよ)の細切り、ほうれん草、青ねぎを入れて茹でる。(切らずにそのままで)
6.スルメ、野菜を取り出し、野菜は食べやすい大きさに切る。
7.だし汁には竹輪、カマボコを入れて一煮立ちさせておく。
8.丸もちを別の鍋で茹でる(もちが浮き上がってきたらOK)
9.お椀にだし汁を入れてから、餅、牛蒡、スルメ、ほうれん草、青ねぎ、竹輪、カマボコを入れる。
10.最後の仕上げに鰹節を振り掛けて食べる。

母親が岡山県の山間部の育ちだったので、おそらくその地方の雑煮だと思います。
牛蒡の千切りに手間暇がかかるので、本当に正月にしか食べられないご馳走でした。(匿名希望)

◆同じ日本でも…

我が家は主人の家のしきたりで丸持ちに白みそ。でも元旦だけは昆布だしのしょうゆ味。
それから「喰い上がり」といって、前日より1つ多いか同じ数は絶対に食べなくてはなりません。
減らすことを「食い下がり」といって大変縁起が悪いとか。
あまりお餅が得意でない私はいつも1つスタートでその後2日に1度ぐらいアップします。
子どもは食べ残すのを一応大目に見て貰い、私たち夫婦が始末(食べる)します。
ちなみに私自身は関東の出なので、すましに鶏肉、青菜(小松菜かほうれん草)、大根、にんじん、小芋などをいれました。
結婚してから一度も作ったことはないですが。(こんな処でも完全同居の嫁のつらさが…。)
それから関東では餅は焼きますが、関西では餅は「たく」もので、餅のお粥やみそ汁の具として煮込むのが一般的なようです。
お汁粉も主人の家のしきたりで、一回目は餅は入れてたき、次回からは焼いて入れます。
カツオだしの無い生活がこんなにつらいと知ったのは結婚してから。
なまじ同じ日本人より外国人と結婚した方が、食生活のことから考えれば割り切れてずっと楽だったかも、なんて。
あぁぁぁ。関係ない話になっている。尻切れトンボですみません。(うさうささん)

◆お肉にする?お魚にする?

我が家ではいつも2種類のお雑煮を作っていました。
いわゆるお雑煮は、塩鮭と大根、にんじん、ごぼう、かまぼこ、きのこなど。
もう一つは菜雑煮といって、鮭と大根の代わりに、小松菜と鶏肉、かまぼこのかわりにナルトが入ります。両方とも醤油味ですが、随分味わいが違いますよ♪
大抵、一日はお雑煮、二日は菜雑煮でした。
結婚してからも、実家にいたころと同じように2種類のお雑煮を作っています。
夫の実家のお雑煮は、いただいたことがないので作れませんが(^^;(るせるさん)

◆ちょっといいお雑煮です。

私の家では、毎年、ちょっと豪勢に「ぶり」を入れたお雑煮をつくります。
父の実家が福岡だったのですが、そちらの地方のお雑煮と聞きました。
まずだし汁。たっぷりのお湯をわかし、かつおでだしをとって、生椎茸と、あらかじめ茹でておいた筍を入れます。塩と醤油で味を整えておきます。
別の鍋に、これまたたっぷりお湯をわかし、半分に切ったぶりの切り身と、皮をむいた親指大の生姜を1〜2片入れて、中火〜弱火で熱します。
火が通るまでの間に、かまぼこ・伊達巻をスライスし、小松菜を湯通ししてかまぼこと同じぐらいの大きさに切っておいたり、もちを焼いたりします。
そして!
すべて火が通ったら、ちょっといいお椀に、かまぼこ・伊達巻・小松菜を並べ、焼餅とぶりも添え、そこへ具入りのだし汁をたっぷり注ぎ、最後にゆずをちょこっと添えたら完成です。
これはうまいです!!来年、ぜひお試しください☆(神奈川県川崎市出身 鈴木にしじさん)
まとめ

基本となる材料や調理方法はほぼ同じにも関わらず、実にバラエティ豊かな内容でした。
個人的には、餡餅を入れるというりんごさんのお雑煮に大変心惹かかれました。
来年は甘いお雑煮にチャレンジしてみたいと思います。
おっとその前に今日のおやつはお汁粉できまりですね!

メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???