完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > 由来・語源 > 『日本のこと、なんで「ジャパン」っていうの?』調査
ウィふり調査団トップへ

『日本のこと、なんで「ジャパン」っていうの?』調査

カテゴリ:由来・語源
人に、聞かれたのですが答えられませんでした。その質問とは「日本のこと、なんで「ジャパン」っていうの?」です。日本語では、ニホン。全然似ていません。この言葉の、由来はなんなんでしょうか?よろしくお願いします。(じんさん)
Gg[ubN}[N

全国調査の結果は?

ものすごい数の情報から発覚した8つの説。内容はかなり濃いです!!読みごたえあり!

〜諸説・ジャパンの由来〜

説1 「黄金の国・ジパング」説
ヨーロッパが大航海時代だった頃、マルコ・ポーロなどが日本を訪れた際、当時の金閣寺などを見て、「黄金の国」だ〜!と。その、黄金の国というような意味=「ジパング」から変わっていったもの。
「東方見聞録」で紹介された。
稲穂がゆれる日本の農村風景を遠巻きに見たとき、オレンジに光る稲穂が「黄金」に見えたから「ジパング」と名付けたとか…。

説2 「中国語読み“Jih-pen”」説
日本という字は中国北方語読みすると「リーベン」という発音になります。
「リー」という音は舌をグッと巻き上げて上顎の奥の方にくっつけて出すため「ジー」という音に限りなく近い発音になります。(「りー」と「じー」の間の音なのです。)
「本」の「ン」も中国語では「ng」音。なので「ジーペン」と聞こえることもあるようです。
マルコ・ポーロがそれを聞いて"Zipangu""Jipangu"をヨーロッパに広めたのではないでしょうか。

説3 「中国語読み“yat-pun”」説
日本という字は中国南方語読み(広東語など)すると「yat-pun(ヤップン)」と発音するのをオランダ人が「Japan」と聞き取った。
(広東語では「ヤップン」で、ドイツ語なんかでJapanを「ヤパン」と読むのに似てます。)
ポルトガル語表記で「ヤ」は「ja」なので「japon」それが巡り巡ってJapanになったのでしょう。

説4 「漆器」説
小文字で japan と書くと辞書には「うるし」とあります。
当時の輸出品として漆器工芸が中心だったのではないでしょうか。どうもそこから来たようです。

説5 「野蛮な国」説
中国で日本の事を馬鹿にして「野蛮な国」と言っているのを西洋の人が言い伝えているうちに「ジャパン」になったと聞きました。
そういえば、「ヤバン」と「ジャパン」、国によっては「ヤーパン」て言いますが、似ています。

説6 「右から左!?」説
説ですが、昔、日本は横書きでも、右から左へ書いていたので「日本」は「本日」と書いていました。
それを、訳される方が、HONJITUと読み間違え、さらに右から読むことから、JITUHONと読み、それが転じて、ジッポン、ジパン、ジャパンと、伝えられたそうです。

説7 「発音しにくい〜?」説
ニッポン→ニッパン→ジ(ギ)ッパン→ジャパン
・・・と聞いた覚えが。「ニッポ」という発音はコーカソイドには難しいらしいです。

説8 「聞き間違え?」説
始めに来日したヨーロッパ人は、ポルトガル人でした。その人が、国の名前を聞いた。
そしたら、にっぽん(nippon)という発音がやっぽん(jappon)と言う発音に聞こえたそうだ。
昔、マルコ・ポーロが中国の皇帝に日本について聞かされたとき、皇帝は「日本」を「イルホン」(だったと思います)と発音しました。
それがマルコ・ポーロには「ジウホン」と聞こえ、「ジウホン」→「ジュホン」→「ジュポン」→「ジャポン」と変化して「ジャパン」という形になったそうです。

と、たっくさんの説が発覚しちゃったのです!いったいどれがほんとなんでしょっ!?
↑の説を幾つか憶えて「これには諸説あってねぇ・・・」とお友達に教えてあげましょう!

こんなメールをいただきました!
>中国語の「日本」(「ジーベン」か「リーベン」と聞こえます)が由来と聞いています。
これがマルコポーロによって「ジパング」と伝えられ、英語の「ジャパン」、仏語の「ジャポン」になったと。ちなみに「Korea」は「高麗」の韓国・朝鮮語読みが、「China」は「秦」の中国語読みが由来のようです。

→スタッフ:他の国の由来についても教えて貰っちゃいました!今回の調査団、勉強になります。

>国名でいえば、サッカーのワールドカップ、韓国のサポータが持っていたタオルに「Corea」の文字が入ってたのがありましたが、あれは「Korea」の間違えではなく、過去に、韓国側ではもともと「Corea」としたかったのを、日本が「Japan」のあとに韓国を順番づけたかったので、「Korea」にしてしまったというのを歴史の時間に先生から聞いたことがあります。
最近の「日本海」の名称問題にしろ、日常の生活の中に隠れている過去の歴史が、ときどき目を覚まして、私たちを「はっ」とさせてくれますね。

→スタッフ:「はっ」と気付くために、歴史を知る大切さがあるのですね。
日本の由来は?
↓は「ジャパン」の由来とともに情報があった「日本」の由来です。こちらも諸説こもごもなのです。
いやー、それにしてもみなさん博識ですねぇ。

●《万葉集》では〈ヒノモトのヤマト〉というように、古くからの国号であるヤマトにかかる枕詞として用いられていた。

●中国との交易が始まった頃から東方、つまり日の本という意味で日本と書いてヤマトと読ませていた。

●平安時代には「ニホン」、ついで室町時代に「ニッポン」と呼ばれるようになった。

●「にほん」の由来ですが、遣唐使が中国王朝に対して「日、出ずる国より、日、没する国へ・・・」という手紙を渡し、中国王朝を大変怒らせてしまったことは歴史的にも有名。
これが「日本」という国名の語源になった。

●一般的な説は、「大化の改新」の前、天智天皇二年(663)8月27日「白村江の戦い」の後天智天皇が国号を其れまでの倭国から日本に改めたのが一般的に言われている説だと言われている。

●「ニホン」の国号ですがこれは遠く大宝令(A.D.701成立)に「日本の・・・」という記述があることから、すでにA.D.701には「日本」という国号が使われていた。

メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???