完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > 由来・語源 > 『中なのになぜ靴下?』調査
ウィふり調査団トップへ

『中なのになぜ靴下?』調査

カテゴリ:由来・語源
下は靴の中にはくのに、どうして靴下なの?実は近所の子に聞かれて答えられませんでした。いろいろ調べましたがよくわかりません。よろしくお願いします。(みーねさん)
Gg[ubN}[N

こんなメールをいただきました!
◆「下着」(=肌着)と言う言葉を了解していただければ納得していただけるでしょう。
上着があって下着があるごとく、靴があって靴下があるのです。
どちらも、外⇒内を、上⇒下と表現しています。
外着、内着では他の意味が発生してしまうので上記のような変換が当初より行われたと推測されます。靴下は当然この用例に従って造語されたものでしょう。(宇理庵 主人さん)

◆岩波国語辞典によれば「下」には位置が低いという意味のほかに「隠れて見えないところ、裏、内側」の意味があります。下にシャツを着るなどがその用例です。
つまり靴下とは「靴の内側の見えないところ」にはくものなのです。(さんそさん)

◆靴下…の件ですが、例えば、ズボン下、下着、などがズボン中、中着、と呼ばないように中ではなく下と表現するものなのでしょう。
つまり着るものは、例えば上着のように一番外側に着るものが上、内側に着るものを下と表現するルールなのだと別段不思議にも思っておりませんでした…。(piyokoさん)

◆「靴下」は「ズボン下」という呼び名同様、下着の意味を持って「下」という言われ方をします。
が、しかし、ズボン下はズボンの下着だが、靴下は靴の下着ではない。
日本では、もともと靴下を独立したアイテムではなく、靴と一対のものとして考えたため、靴下などと妙な名前が付けられたのだ。いかがです・・・?(Mr.Murasawaさん)

◆まず中に着てても「下着」と言います。
英語から来てるのか知りませんが英語で下着は「アンダーウェアー」って言いますよね。
野球でも「アンダーシャツ」とか。そのあたりにヒントがあるかも。(TOMさん)

◆靴下の下には、内側という意味がありそうですね。
着物の内側に着るのが下着、ズボンの下に穿くのがズボン下(ももしき)。
あるものを身に付けるための下地になるものという意味ですね。
こう考えると、靴を履くための下地として履くものが靴下です。
この場合は、上下の下だと考えるからおかしくなるのです。
下は内側と考えるといいでしょう。(堀澤@前橋さん)

◆上着:いろんな服の上に羽織るもの。
下着: いろんな服の「内側」にきるもの。
その延長で行くと,靴の「内側」にはくものは靴「下」では?(ひろさん)

◆『下着』…これも服の中なのに『下着』ですよね?
表面に出ている服を『上』と考えて、 中に着ている物を『下』と考えているから『下着』なんです。
『靴下』も同様。外から見えている靴を『上』にしているから、靴の中なのに『靴下』なのです。
『靴下』が『靴中』になってしまったら、『下着』は『服下』、『上着』は『服外』です。(のっちんさん)

◆三省堂の国語辞典には、靴下とは (おもに靴を履くとき)足に直接履いて足を覆うものとあります。
「上着に対して、下着というのと同じでしょ。」 とでも小学生以下の子には説明するのでしょうか。
靴をもう一枚、靴下の上に履くと考えると、下着と同じですね。(こうさん)

◆洋服の中に着るのに、「下着」っていいますよね。
それと同じことなんじゃないでしょうか。(ごんさん)

◆服の下に着るから下着のように“下着”という言い方に倣ってるのではないでしょうか?
(robbyさん)

◆別に誰に教わったわけでもありませんが、『上着』があれば『下着』があるように、『靴』の内側に履くから『靴下』と理解しています。……違うかなぁ。(やまこたさん)

◆最も多い答えかもしれませんが、”くつした”の下(立った状態でいえば、上から素足、くつした、靴の順番になりますよね)に靴を履くことになるので、”靴が下”か ら”くつした”となったのではないでしょうか。 (HALさん)

◆『下着』『下ごしらえ』等の 『下』という言葉は『上○○』や『本○○』に当たるものの先に付けたり、着たりする事を指します。
例えば、塀にペンキを塗るとすると、先に塗るのが『下塗り』で後から塗るのが『上塗り』ですね。
これがもし椅子の脚にペンキを塗るとしても同じですよね。
つまり『靴』と言う物を履く『下地』として履くから『靴下』で、足の肌の上に『靴下』を重ねて、その『上』に靴を重ねて履くから 靴下なのです。(pailanさん)

◆電子辞書「岩波国語辞典第5版」によると、

した 【下】
<一>((名))
<1>位置が低い、または表立っていない所。⇔うえ。
<ア>低い場所。「がけの―」
<イ>隠れて見えない所。裏。底。内側。「―にシャツを着る」「―ごころ」
▽(イ)が原義。→しも(下)。
<2>低い位置にあること。程度・地位・年などが劣っていること。
⇔うえ。「人物は彼より―だ」「―役」「兄より三つ―だ」「―にも置かない」(下座(しもざ)につかせないよう、大事にもてなす)「―に出る」(へりくだる)
<3>抵当。「これを―に金を貸してくれ」。支払う代金の一部にあてるもの。
「このカメラを―に取って新しいのをくれ」「―取り」
<4>すぐあと。直後。「言う―からぼろを出す」
<二>((接頭))《名詞にかぶせて》前もってする意。準備の。
「―仕事」「―検分」「―げいこ」「―しらべ」
と多数ある意味のうち
<1><イ>隠れて見えない所。裏。底。内側。「―にシャツを着る」「―ごころ」
が、<靴下>に適当と思われます。

つまり、「靴の下=靴の隠れて見えない所=靴の内側」
と言う意味ではないでしょうか?
同様の言葉に、「ズボン下」=「ズボンの内側にはく下着」が、あります。

因みに、知人KING(キング)さんの意見も合わせてお送りします。
> 概念的にいうと、靴下も靴も 足を包み込み保護しているのです。いわば、靴も靴下も
> 足を入れる袋のようなものです。昔は日本の履物は草履、足袋というものです。
> そう、袋なんです。そうなると袋の中心は足になり、一番外側の袋が靴になるわけです
> 。古来、日本では物は外側からものを見てきました。靴の下にある靴下。その下(中)
> にあるのが足という事になります。
> 想像してみてください。地球の表面を地面といいます。その内側を地下というではあり
> ませんか!
> 文明開化と共に多くのものが西洋から入ってきました。靴もそのひとつです。それまで
> は草履、つまり草で作られたものでした。靴を見たときに革で作られたものでしたから
> 、革が化けるという、この漢字が生まれたものと推測されます。
> と、いう答えはどうかな?

(westy (ウェスティ:♂)さん)
メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???