完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > あなたはなんて言う??? > 『どちらにしようかな♪の歌詞は?』調査
ウィふり調査団トップへ

『どちらにしようかな♪の歌詞は?』調査

カテゴリ:あなたはなんて言う???
ちらにしようかな♪という歌がありますよね?地域によって歌詞が違うようなんです。私(東京)は、「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり 柿の種」「〜 鉄砲で撃ってバンバンバン」「〜 柿の種 鉄砲で撃ってバンバンバン」「〜 あべべのべ 鉄砲で撃ってバンバンバン」の4つを知ってます。どんなのがあるのか、元々はどんな歌なのか、気になるので是非、調査お願いします。(美桜さん)
Gg[ubN}[N

こんなメールをいただきました!
北海道 | 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島 | 群馬 | 栃木 | 茨城 | 東京
千葉 | 埼玉 | 神奈川 | 山梨 | 長野 | 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 静岡 | 愛知
岐阜 | 三重 | 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山 | 岡山 | 広島 | 鳥取
島根 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 | 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分
宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 | 地域不明
地域不明

◆「どちらにしようかな 天の神様の言う通り あっぷっぷのぷのぷ」でした。
随分馬鹿げた感じですな…(笑)(夏目さん)

◆アタシの住んでるところでは、
「どちらにしようかな 神様の言うとおりのなすびのなすびの柿の種 あべべのべ」
なーんてめちゃ長いです。(桜.さん)

◆私の知っているのではこんなのがあります。
「どちらに しようかな?天の神様の言うとおり、かっかの かっかの 柿の種、ねんねの ねんねの ネズミ捕り、りんりの りんりの りんご取り」(tom☆ tomoさん)

◆「どちらにしようかな 天の神様の いうとうり なのなのな」でしたよ。(たんぽぽ山さん)

◆我が家?うちらの地方?では・・・
「どちらにしようかな、天の神様の言う通り ぶっとばいぶっとばい、ぶうぶうぶう。 柿の種。ねずみのしっぽ」と言ってました。ここで注意点!! 「ぶっとばいぶっとばい」の部分は何故か「ぶつとぶあいぶつとぶあい」 と言ってました。(おかちさん)

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり ぶっと書いてぶっと書いて ぶっぶっぶっ 柿の種 ねたねたねのね」なんかとても長かった気がしますが・・・(ぷよまんさん)

◆私の所は『どれにしようかな神様の言う通り』です。
あと、続きに 『鉄砲撃ってバンバンバン あぶら虫、月火水木金土日』
と、長々と続いていきました。これを、今でも分からないテストの選択問題に使ってたりします。(石河さん)

◆「どちらにしようかな(又はどれにしようかな)、天神(てんじん)さまの言う通り。スッポコポンのスッポンポン、柿の種、握り飯、月、火、水、木、金、土、日。また 明日!!」
と歌っていました。
たまに「おまけ付き!!」を追加する事もありました。我ながら、書いていて懐かしいです。(EMIさん)

◆私は「どれどれどれにしようかなてんの神様のいうとおり ぷっとこいてぷっとこいてぷっぷっぷっ」 でした。
おならの音だと思ってずっと使ってきたけど、どうして神様がおならをするんだろう?と今は思います。
(natalie98さん)

北海道/札幌

◆私の地域(北海道)では(私だけかも知れませんが)、
「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり  なのなのなすびの柿の種 鉄砲撃ってバンバンバン  もひとつおまけにバンバンバン」でした。よく考えると、なすびの…柿の種?なんですよね(笑)。(永遠の1/5さん)

◆「どちらにしようかな神様の言うとおり、なのなのなすびの花」
小さな頃から何かを決めるのに迷ったら、当たり前のように口ずさんでいました。
いつどこで覚えたのかはわかりません。(yumikoさん)

北海道

◆「どちらにしようかな 神様の言うとおり なぞなぞなすび 月・火・水・木・金・土・日曜日」
ってカンジです。ちなみに「なすび」は北海道弁でなすのことです。(周防環さん)

◆どちらにしようかな…ではなく、どれにしようかなという文言でしたが、この2つを経験しています。
「どれにしようかな、神様の言うとおり、赤とんぼ、白とんぼ、かたつむり」(北海道釧路市)
「どれにしようかな、神様の言うとおり、なのなのあられ、柿の種」(北海道岩内町)(Y.Hさん)

青森/津軽地方

◆「どちらにしようかな、神様の言うとおり、へのへのもへじ」 が基本形で、選んだものがいやな場合は、
「菊の花の花びら」か「鉄砲撃ってばんばんばん」を付け加えるというものでした。(シンチャンさん)

山形/寒河江

◆「どちらにしようかな。神様のいうとおり。おっちょこちょいのちょこあたり」だったような記憶があります。
(安孫子さん)

山形/舟形町

◆「どれにしようかな神様の言うとおり かえるが鳴いたげっげっげのげ」です。(小野さん)

宮城

◆「どれにしようかな あべべのべ みかんきんかんなつみかん」 と言ってました。
後半は蜜柑・金柑・夏みかんの意味です。しかし色々言い方があるんですねー。(ゆーゆーさん)

◆私は宮城県在住の15歳ですが、「どちらにしようかな〜」の続きは皆、
「神様の言うとおりあべべのべ」でした。何なんでしょうね?あべべのべって・・・;;
私の名字が「阿部」なので言うのが相当嫌でした。(legoさん)

◆「どちらにしようかな天の神様の言うとおり柿の種チェッチェッチェのチェチェッチェ」
でした。 転勤族だったのではっきりとは言えませんが、たぶん宮城県、かな?
(OJYOさん)

福島

◆うち(福島)では子どもの頃から
「どちらにしようかな 神様の言う通り 赤豆 白豆 三度豆 もひとつおまけに うまい豆」
です。「鉄砲バンバン」は今回初めて知りまし た。地域によって違うんですね。(いせも。さん)

◆私の住んでいる地域(福島県・県南)では、
♪どちらにしようかな、神様の言うとおり、生麦、生米、生卵♪
でした! 美桜さんのような、最後にバンバンバンが付くものは初めて知りました。(まるまるさん)

◆私の実家の福島県いわきでは・・・しかも、実家の周りだけかも・・・
「どちらにしようかな、神様の言うとおり。おすすのす。 赤豆白豆天の豆。 鉄砲うってバンバンバン」
ってぐあいでしたね〜(坂本さん)

群馬

◆「どちらにしようかな」の歌、子どもの頃に使ってました。 私の覚えている歌(?)があまりに笑えるので、メールしてみました。そして、私の記憶が確かならば・・・
♪どちらにしようかな 神様の言うとおり  あべべの便所で 新聞読めばわかるかな♪
こんなのだったと思います(笑)。ね?笑えるでしょう?参考までに年齢は20代後半です。
同じ記憶の方がいてくれるといいのですが・・・。(monkeyさん)

◆私たちの「♪どちらにしようかな天の神様の言うとおり」 に続く歌詞は
「〜ぎったんばっこんぎったんばっこん おすすのすずめの玉手箱」
です。群馬ですがもしかしたら県内でもパターンがあるかもしれません。(らむねさん)

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり おべべのべのべの電車にひかれてぺっちゃんこ」(群馬県群馬郡)(みずたまさん)

茨城

◆「どちらにしようかな、天の神様のいうとおり、あべべのべ、おすすのす、おっぽこぽいのぽい」
(スズキさん)

◆「どちらにしようかな 天の神様の言う通り あのねのね 仲良しこよし 柿の種」(宮里さん)

茨城/下館市

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり きっこんばったんきっこんばったん 柿の種 おすすのす」
です。(ミホコさん)

東京

◆私は東京ですが、美桜さんのを少し長くしたバージョンですね。
「どちらにしようか な天の神様の言うとおり 神様の言うとおり 鉄砲撃ってバンバンバンも一つオマ ケにバンバンバン 柿の種」という具合です。柿の種があべべのべになったりもしますが。(MOONさん)

◆私も東京で生まれ育ったのですが、MLの物(柿の種)とはかなり違い、こんな文句でした。
結構特殊な気がするので、もしかしたら身内だけかも.....
「どれにしようかな、天の神様のいうとおり。リスリス子栗鼠、ゲゲゲの鬼太郎に。」
今考えると、ヘンですねぇ(笑)
なんとなく、自分だけのオリジナルな様な気もしてきました(^_^;)(Hayashiさん)

◆私も東京生まれですが、私の知っている「どちらにしようかな」は以下のとおりです。
「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり あのねのね 玉手箱あけたかな」
「玉手箱開けたかな」と「玉手箱開けたかなあ」とその時によって使い分けていたので、あまり「どちらにしようかな」の意味をなしてなかったかもしれません。(みーすけさん)

◆「どちらにしようかな?天の神様の言う通り  鉄砲撃ってバンバンバン  もひとつおまけにバンバンバン  柿の種 白ウサギ 黒ウサギ」です。(A.Tさん)

◆微力ながら早稲田の情報を。
『どちらにしようかな、どれかな、ある日和尚さんが かぼちゃの種を蒔きました。そうしたら、芽が出て膨らんで、 花が咲いてじゃんけんぽん!』
なぜかじゃんけんがあるのですが、 ただのローカルルールだと思われます。(toocaさん)

◆私の育った吉祥寺(武蔵野市)では
「どちどちどちらにしようかな、神様の言うとおり、 ビックシャックシャミセン、ホトトギス」
と言っていました。 意味なんて考えたこともなかったです。(pukotanさん)

◆私が育った地域では(東京・江東区)
「天の神様の言うとおり、ナノナノナ」と言っていました。
この「ナノナノナ」については あまり深く考えたことはなかったのですが、『記紀万葉の謎』(藤村由加著、実業之日本社)という本に 韓国語の「ナ(私)」「ノ(あなた)」ではないかという説が載っており、興味深かったです。(やまちゃんさん)

埼玉

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり 鉄砲撃ってバンバンバン も一つおまけにバンバンバン 玉手箱 薬箱 柿の種」でした。いまから10〜15年くらい前の埼玉県です。 なつかしいなぁ。(ごんさん)

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり あっぷっぷのすっぷっぷの柿の種 ぽっぽ」
現在35歳なので、歌ってたのは四半世紀も前だと思います。
我が父が手を加えた可能性もありです。最後の「ぽっぽ」がうちの親父くさい。(月暈 夜梅さん)

◆「どちらにしようかな、天の神様の言う通り、鉄砲撃ってバンバンバン、あべべのべ」
でした。普通は「言う通り」までしか使いませんでした。
中学生になってから後半を覚えたような気もします。(Ozawaさん)

◆私は埼玉県で育ちましたが、私の住んでいたところでは次の様な感じでした。
『どちらにしようかな、天の神様の言うとおり、あべべのべ玉手箱、も一つおまけに玉手箱』
よく『鉄砲でうって』というフレーズがありますが、 私の育った所では、有りませんでした。(ぴんぴんさん)

千葉

◆S40年代の千葉県の出身ですが、小学生の頃
「 どちらにしようかな? 天の神様の言うとうり アベベノベ チヨコレイト」
でした。 未だに「アベベノベ」は、なんのことやら???(keikoさん)

神奈川/横浜

◆「どちらにしようかな、天の神様のいうとおり、なのなのな」
「どちらにしようかな、天の神様のいうとおり、ミカンの皮がむけたかな、な のなのな」
「どちらにしようかな、天の神様のいうとおり、なのなのな、鉄砲撃ってバン バンバン」
が一般的でしたね。
とりあえず、「なのなのな」ははずせません。 意味わかんないですが・・・(もえぎさん)

◆どちらにしようかな、天の神様の言うとおり、どんちやすぶ、 りんごりんご、 けけけの毛虫は食べちゃダメ。
横浜です。 今思い出すと妙な文句なので、私の覚え間違いかもしれない、と思い自信がなくて子供にも教えていません・・・「どんちやすぶ」って何でしょうねえ???(由美子さん)

◆私の地域(横浜市)では、
「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり なのなのな 柿の種を蒔きました」
と最後に柿の種を蒔きます(^^;)(まかろんさん)

神奈川/相模原市

◆「どちらにしようかな 天の神様の言う通り あのねのね 鉄砲打って バンバンバン もう一つおまけに バンバンバン」ですね〜〜 納得がいかないと、「もう一つおまけに・・・」を 何度か繰り返したりしてました。
(そうすると、自分の納得のいくようになったりして(笑))(あずきりんごさん)

神奈川/横須賀市

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり なのなのな」(町田さん)

◆「どちらにしようかな 神様の言う通り 鉄砲撃ってバンバンバン もひとつおまけにバンバンバン」
(宮里さんの息子さん)

神奈川

◆私の知っているのは、次の三つです。
「どれにしようかな 天の神様の言うとおり あのねのね 柿の種」
「どれにしようかな 天の神様の言うとおり あれれのれ 柿の種」
「どれにしようかな 天の神様の言うとおり ちんぷんかんぷんめ あぶらぬけ」
出身地は神奈川ですが、どこで覚えたのかは覚えていません。(POOHさん)

◆「どれにしようかな 天の神様の言う通り なのなのな 鉄砲バンバン打ーった 電気の玉切ーれた 指切つた 卵がふたあつ割れたかな ほんとかなうそかな 柿の種」
ほんとです(笑) 急ぐときは「なのなのな」までです。
これだけ長いと自分でもどれがいいのか分かって来たりします。
ちなみに私は神奈川育ち。 両親は熊本と東京です。(なげーらさん)

◆私は小学生の頃、神奈川に住んでいたんですけど、そこでは、歌詞は、こんな感じでした。
「どちらにしようかな 天の神様のいう通り 鉄砲打って バンバンバン も一つおまけに バンバンバン 柿の種」でも、ある子はこう言ってました。
「どちらにしようかな 天の神様のいう通り 鉄砲打って バンバンバン も一つおまけに バンバンバン 柿の種 なのなのな」意味は無さそうです。(海渡さん)

新潟/新潟市

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり スッポロ ポンのスッポロポン 犬のお稽古よ」 でした。
いろいろあるものなのですな。(町田さん)

新潟

◆私が知ってるのは
♪すっぽろぽんのすっぽろぽん アブラムシ のバージョンと
♪すっぽろぽんのすっぽろぽん  にんじん食って真っ赤 おサルのお尻も真っ赤  アブラムシ
の二つです。 「すっぽろぽん」の意味がいまだにわかりません。(リン子さん)

静岡

◆わたしが以前済んでいた静岡県沼津市では確か
「どちらにしようかな、神様の言う通り。ギッコンバッコン ギッコンバッコンおやじのはげ頭」
という歌詞だったと思いました。(とろたまさん)

静岡/静岡

◆主人と私は2人とも静岡市出身ですが、歌詞が違います。
主人の方は 「どちらにしましょうか 天の神様の言うとおり 赤豆 白豆 天の豆」 というシンプルなもの。
主人の実家より田舎だった私の実家のあたりでは、「どちらにしましょうか 天の神様の言うとおり ぎっこんばっこんどっこいしょ 赤豆 白豆 茶色豆 明日の日曜日」 という長いものでした。
バリエーションとして、選ぶものが複数ある場合は「どれにしようかな」、最後のフレーズの「日曜日」は、次の日の曜日に合わせて「明日の火曜日」などと言っていました。
でも、自分で言うのも何ですが、こんな変な歌詞で歌っているのを 他では聞いたことがありません(^ ^;)。
(北極 ペン子さん)

静岡/掛川市

◆「どちらにしようかな?うらの神様の言うとおり、その又隣の神様の言うとおり。」なーんて、言ってました。 (S. SZUKIさん)

愛知

◆私は小さいころ、こう歌っていました。
「どちどち どちらにしようかな  天の神様の言うとおり  ぶたこい ぶたこい ぶ・ぶ・ぶ」
です。でも、これは同じ市内で育っても 北の方で育った人だけみたいです。
ちなみに私の子供はこう歌います。
「どちらにしようかな  天の神様の言うとおり  鉄砲打ってばんばんばん  しろたね・くろたね・かきのたね」
(どっか〜んさん)

岐阜

◆岐阜県可児市に住んでいました。
「どちどちどちらにしようかな 天の神様の言うとおり  げげげのげ あっぷっぷのぷ バラの花 かきのたね。」でした。(Y.I さん)

◆どちらにしようかなの歌詞は岐阜県(西濃)ではこんなんだったような気がします。でも小学校が違うだけでも違っていたかも。20年近く前ですけどね。今もあるんだろうか。。。
「 どちらにしようかな 神様の 言うとおり おっぷくぷいの ぷいとこしょ 裏から まわって 三軒め ぷいとこ ぷいとこ ぷいぷいぷい」(ちゃぴごろうさん)

岐阜/各務原市

◆「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり オッペケペーのペーのペーの柿の種  あぶらむし」です。(メイさん)

三重

◆「どちらにしようかな神様の言うとおり あぶぶのぶのぶの柿の種」でした。(maruさん)

◆私の生まれ育った三重県北部ではこんな感じでした。
「どんどんどちらにしましょうか、それは神様の言う通り。ぽんぽこぽん のすっぽんぽん」
最初は「言う通り太鼓の笛で」だったのが、いつの間にか省略形(?)に なってた気がします。(眞澄さん)

◆上の子は
「どちらにしようかな 天の神様の言うとうり 鉄砲うってバンバンバン もひとつ打ってバンバンバン お茶碗いっちょうくださいな。」下の子は 3歳違いですが、最後が 「〜鉄砲うってバンバンバン 柿のタネ。」
同じ、幼稚園でも 違ったようです。(keikoさん)

滋賀

◆「どれにしようかな、天の神様の言うとおり。プッとこいてプッとこいて  プップップ、も一つおまけにプップップ、柿の種」です。どうやら、おなら好きな地域なのでしょうか?
「だるまさんが転んだ」という遊びがあるかと思いますが、それも私の地域では 「ぼんさんが屁をこいた、においだら臭かった」と言ってました。(匿名希望さん)

京都

◆『どちら(どれ)にしようかな 奈良の大仏さんに聞いたらわかりますよ』
その後に自己都合により(?)
『・・・きいたらわかりますよ まる』 『・・・きいたらわかりますよ まる ホイホイホイ』 とか、主導者(?)の都合の良いところまで勝手な言葉が付くことも、、、(あっぷるぱい@京都さん)

大阪

◆「どちらにしようかな,天の神様の言う通り、てんてんてーんのよいよいよい。」 でした。
しかし、納得いかない選択になって しまった場合、 「もひとつおまけにてんてんてーんのよーい よーいよい」 というおまけをつけ、無理やり自分の望みを かなえるように結果を持っていく場合もよくありました。
よく考えれば、天の神様を冒涜していますよね…。(まるめさん)

◆「神様の言うとおりプッとこいてプッとこいてプププ」です。
これが当たり前だと思っていたのですが・・・前にハイヒールのモモコさんの番組で関西だけだと知りました。
やはり関西人はそこまで笑い一筋かと思いました。(wattanさん)

◆私が住む大阪でも「天の神様の・・・」もありましたが、
「うらのごんべぇさんに聞いたらよぉ判る、ぷっとこいとぷっとこいとぷっぷっぷ、 柿の種、ドブの水たまり、百合の花」が私の小さいときは主流でした。 今はどうなんやろう・・・。(こばぴょんさん)

◆大阪のは、おもしろいですよ〜。奈良も同様です。
「どれにしようかな、天の神様の言うとおり。ぷっとこいて、ぷっとこいて、ぷっぷっぷ!柿の種!」
ちょっと有名になってるかなぁ?(chidenさん)

◆私は大阪に住んでいましたが、幼い頃から
♪どちらにしようかな 天の神様の言うとおり プッとこいて ・ プッとこいて プッ・ プッ・ プッ ♪
でした。 そして 最後に指した方に,いまいち 納得がいかない場合,,,
(それなら, 初めから自分で決めればいいのですが,笑)
♪もひとつ・おまけに ププ・プの・プ〜♪…の反則技もありました。(ゴマ太さん)

◆私は大阪のバージョンを紹介 したいと思います。但しうちの場合は「どちらにしようかな」 ではなくて「どれにしようかな」で始まるのですが…。
「どれにしようかな,天の神様の言うとおり プッとこいてプッとこいてプップップ。 あぶらむし,かきのたね,もひとつおまけにプップップ」です。なんか活字にするとマヌケですね…(-_-;)(SAEKOさん)

◆「どれにしょうかな、裏のごんべえさんに聞いたらよくわかる、ぷっとこいてぷっとこ いて、ぷっ、ぷっ、ぷっ」でした。 (テンさん)

大阪/岸和田市

◆「どちらにしようかな。ふくらのごんべさんにきいたらよくわかる。プットこいて プットこいてぷっぷっぷっ」
ちなみに「ふくらのごんべさん」とは「福良の権兵衛さん」のことか?
現在小学2年生の息子の仲間内では
「どちらにしようかな。天の神様の言うとおり、柿の種」です。テレビでやってたのかな?(なべさん)

大阪/池田市

◆「どちらにしようかな〜天の神様のゆうとおり。ぷっとこいて、ぷっとこいて、ぷっ、ぷっ、ぷっ。」
と、言っていました。(チョット下品ですが)(tarakoさん)

兵庫

◆「どちらにしよかな、神様の言う通り。 ぎっちょんちょんのぎっちょんちょん。
(もひとつおまけにぎっちょんちょんのぎっちょんちょん。) 」です。(^^;;;
ぎっちょん=きりぎりす?(ち〜ちゃんさん)

兵庫/神戸市

◆「どれにしようかな裏のごんべさんに聞いたら良く分かります(柿の種) 」
柿の種はオプションです。最後に気に入らないところにたどりついたらそこから逃れるために「柿の種」を使います。(Okadaさん)

兵庫/但馬、朝来郡

◆「どれにしようかな 天の神様のいうとおり ぷりっ ぷりっ ぷりっ あぶらむ し」
でしたよ。ぷりって何の音なんでしょ。(Kishikoさん)

兵庫/播州地方

◆ナカさん、私の地域(兵庫播州地方)は「天の神様」じゃないですよー。
「うらの神様」です!(ホントです)
♪どれにしようかな、うらの神様の言う通り、ぷりっぷりっぷりっ、柿の種(かー きーのーたーね)、ご飯粒、ねずみのしっぽ♪です。ちなみに最後に「もひとつおまけにねずみのしっぽ」と付け加えるときもあります。
ほんと、いろんな言い方があるんですね〜。(ぴろ姉さん)

山口

◆私の家の近くでは
「どちらにしようかな。  天の神様の言うとおり。  赤とんぼ、青とんぼ、銀色とんぼ、金色とんぼ。」
でしたよ。(ぴーちゃんさん)

徳島

◆「どちらにしようかな天の神様の言う通り  きんこんかんこんアブラムシ  おまけに1 2 3 4 5 6 7 8 9 10」という異様に長いものでした。(eriさん)

愛媛

◆『どれにしましょうか?天神様が決めますよ。鉄砲より刀です。ゲゲゲの鬼太郎走っ てる。』
というのがあります。(へんままさん)

愛媛/宇和島

◆『どちらにしようかな、裏の神様に、聞いてみようかな、あっぷぷーのあっぷぷ』
です。かわいいでしょ。(華茄枝さん)

愛媛/東部

◆「どちらにしよおかな、うらのおいべっさんのいうとおり!」で、物事を選択して大きくなりました。ちなみに、おいべっさんは恵比寿さんのことだと思います。(石川さん)

岡山/岡山市

◆「♪どちらにしようかな 天の神様の言うとおり ぎってんばってん 柿の種 へのへのもへじの変な顔」
柿の種の前の「ぎってんばってん」は意味不明です(笑)。
ただ、 岡山市とは書きましたが、私の住む隣の地区では、すでに歌詞が違うようなので、これは岡山市のごくごく一部かもしれません。(りょうさん)

岡山/笠岡市

◆僕が住んでいた岡山県笠岡市は、
「 どれにしようかな 天神様の言う通り  ちゅっちゅくちゅーの ちゅっちゅっ」
でした(笑)。実話です。(伊能四郎さん)

広島

◆「どちらにしようかな  天の神様の言うとおり  リンジのリンジのリンゴ種  ネンネノネンネノネムリトリ  鉄砲撃ってバンバンバン  おまけにもひとつバンバンバン!」 って言う、長い歌だったような気がします。
地域は、広島市の都心部じゃないところら辺です。(中村さん)

福岡

◆私は産まれも育ちも福岡・博多出身で、 現在は神奈川に住んで働いています。
これ、少し前に「笑っていいとも」でも話題になっていたような...
私はタモリさんと同郷なので、タモリさんが言っていることを聞きながら "そうだ、そうだ"とうなずいていました。そう博多では、
「どちら(どっち)にしようかな 天の(裏の)神様の言うとおり  けっけのけ〜のけのけの もひとつおまけに けっけのけ〜のけ」 と言います!!
簡略化して、 「どちら(どっち)にしようかな 天の(裏の)神様の言うとおり けっけのけ〜のけ」 と言うときもあります。(ジュネさん)

福岡/北九州市

◆「どちらにしようかな けっけっけのけむし あぶらむし ごはんつぶ かきのたね 1!2!3!」
長いですか? 今書いてみて気がつきましたが、 なんの脈絡もないですね。 うーん・・・。
(kazuさん)

大分/大分市

◆私のところでは
「どれにしようかな、天の神様の言う通り  毛毛毛の毛虫のアブラムシ’ 続ける場合は‘・・・も一つおまけに毛毛毛の けむしのアブラムシ」を繰り返します。(S.Kさん)

宮崎

◆「どちらにしようかな、天の神様の言うとおり。けっけっけ〜の毛虫、アブラムシ、みかんの皮がむけるまで♪」(Moriyamaさん)

鹿児島

◆わたし(鹿児島)が小さい時は、
「 どちらにしようかな 天の神様の言うとおり けけけのアブラムシ 柿の種」
でしたね。 今はどうなってるかわかりません。(hiroki_2さん)
メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???