NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: Cの構造体と共用体の使い分けについて?

差出人: "しげぼん"さん
送信日時 2002/04/14 23:01
ML.NO [beginers:0146]
本文:

しげぼんです。

素早い御返答に感謝致します。

> > なお、実用レベルにしたいので、数量、単価、仕入金額、支払金額、差引残高は
> > doubleになると思います。 (品名のみchar)
>
>  外部記憶メディアにアクセスする際には信用のあるデータ
> ベースシステムを利用することをお勧めします。
>  構造体をそのまま読み書きするのは実務レベルでは絶対禁
> 止事項だとわたしは考えます。
>
>  理由は構造体メンバのアラインメントについて調べてくだ
> さい。

という、島倉さんのご返事でしたので、Turbo C++のプログラマーズガイド
をあちこち、探してみたら、「構造体メンバのパディングとアライメント」と
いう項目があったので読んでみました。

「構造体は、偶数アドレスにパディングされ、文字あるいは文字配列型
を持たないすべてのメンバは、偶数のオフセットに境界づけられます。」

「ただしこれは、アライメントオプション(-a)を使用した場合であって
デフォルトでは構造体にはパディングされません。」
と言う内容でした。 

質問1:
なんだかよくわかりませんがこの偶数アドレスに
パディングとか、偶数のオフセットに境界づけられますというあたり
が「正確なデータを保持できなくなるからなのかな??」と勝手に
推測してみましたが、いかがなもんでしょうか?

質問2:
それと信頼できるデータベースシステムとはよく知りませんが
昔にPOS端末(ポイントカード用)にB-trieve(ビートリーブ?)
というものを聞いたことがありますがそういうものでしょうか?
開発マシンがMS-DOSだと、もう難しいでしょうね、データベース
利用したくても。

また質問になりますが、よろしくお願い致します。


ここから、ちょっと話が、ずれて申し訳ありませんが余談として聞いてください。

実務レベルとは、いってもうちは自営業ですが、パッケージ
ソフトを導入するかExcelかAccessをコントロールしようか
ずっと悩んでいるので、(細かい仕事が多い有限会社)です。

零細企業ですから、マシンも、コピー機も自腹で買ったり
してます。 だから、帳簿のほとんどがオヤジ(社長)が手書きでつけて
私は、手書きで補助簿(仕入帳、売掛帳)だけやっているようなもんで
あとは備品調達、電話応対、雑用、コピー、お茶くみと
在庫管理(単にExcelでワープロベタ打ちです)などやってます。

実際のところソフトを導入したほうが補助簿の集計も
楽になるとは思うのですが、実際、仕分けがあまりよくわからない
ので(何度か3級簿記は受けましたが)導入してからが、大変そう
なので、以前にもC++で、売上伝票金額チェック(電卓もどき)を
作ったのです。 本当はExcelだと10分もあれば関数をちょこちょこ入れて
ほとんど同じものができますが、電卓並に手軽に起動できないので
わざわざ自分で、気に入った機能をつけて作った訳です。

ただいうまでもなく、グローバル変数とフラグのオンパレードで
無理やり動いているので、今度はもう少しシンプルでマシな
バージョンアップしやすいものをFDとHD対応でプリントアウトも
付けようとかなり無謀な挑戦を考えているのです。

つまり、「売上伝票と仕入伝票の入力画面を作って毎日入力して
月末には、仕入先と得意先の一覧表の集計」ができれば、今のところ
十分なんですね。 パッケージソフトだと社長のやっている範囲まで
ダブってくるので文句を言われるのは確実です。
零細企業だから仕方ないのですが、まあそのへんは会社のポリシー
によりますから。

あくまで、理想ですけどね、現実的には、プログラム作ってる
ヒマあったら仕事やれってなとこですから、なかなか悩みは
解決しません。

それでは。余談が長くてすいません。 (^^;;






このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト