FX奥義極さんのマイページ

FX奥義極 評判

2012/02/15 19:48

FX奥義極(きわめ)





「FX奥義 極(きわめ)」は、1日に平均2回程度のトレードを繰り返し、勝率80%超、プロフィット・ファクター、1.56というハイパフォーマンスを実現しますが、トレードにおいて、一般的な投資で活用されるニュース等の情報は一切、参照致しません。純粋に過去の値動きだけを分析し、投資の世界で「アノマリー」と呼ばれる相場のクセを把握し、一定のトレード確立し、そのルールとおりに売買を繰り返すのです。

では、何故、そんなことが可能になるのか?

株でも為替でも、ニュース等の情報や直感で取引をする事が、一般的でしょう。

相場のプロとされる証券会社の人間は、基本的には企業業績を分析して、株を格付けます。

2005年、ジェイコム株の誤発注事件で荒稼ぎしたことで有名になったB・N・Fさんは、
アルバイト等で100万円余りの自己資金を元手に学生時代にデイトレードを始め、チャートをにらみながらトレードのテクニックを磨き、10年程で数百億円の資産を築き、個人で秋葉原に地上10階建の商業ビルを購入するまでに至りました。

しかし、これらの手法は、膨大な情報を処理する能力や、冷静な判断力、相場の心理学、鋭い感性等が必要とされます。普通の人が会得するのは、極めて難しいものです。

そこで、近年、注目されているのが、システムトレードという投資理論です。


FX奥義極

FX奥義極

FX奥義極

FX奥義極(きわめ)




システムトレードでは、過去の相場の価格データを分析する事で、利益に繋がる一定の法則を編みだし、ルールにしたがって売買を繰り返します。

つまり、システムトレードとは、確率と統計を応用した相場理論なのです。

「確率と統計」というと、何やら小難しい印象を持たれるかもしれません。しかし、相場分析によって、相場のクセ、トレードのルールが分かってしまえば、後は機械的にトレードを繰り返すだけです。
初心者でも、儲けられる可能性が高いのがシステムトレードの魅力なのです。

では、相場にはどんなクセがあるのでしょうか?ドル円で比較的有名なのが、8月の円高法則でしょう。2000年から2009年までのドル円チャートを調べると、10回中8回が陰線。つまり、円高に振れます。ならば、毎年、8月になったら、ドル円のショートポジション(売り)を持てば、儲かる可能性が高いと言う事になります。

理由には諸説あります。1つには、8月は米国債の償還と利払いが最も多い月であること。


FX奥義極(きわめ)

FX奥義極(きわめ)

FX奥義極(きわめ)

FX奥義 極(きわめ)FX初心者でもできるFX完全自動売買ソフトがついに登場!!



日本は世界有数の米国債保有国であり、8月の米国債償還の際、ドル建てで支払われた資金を日本円に交換する動きが強まるため、一時的に円高に振れやすくなるのです。

この8月の法則は、今や多くの投資家の間で知られるようになり、毎年夏になると、円高観測が騒がれるようになりました。かつてシステムトレードと言えば、一部の専門家だけが行ってきたものですが、近年は一般にも情報が流布し、多くの投資家が競って情報収集するようになってきました。

わたし、板東は、20年程前から、このシステムトレードの研究に携わってきました。

わたしが新卒で入社したのは、某大手証券会社でした。理数系学部出身と言う事もあって、営業には回されず、コンピュータを駆使して相場を分析するデリバティブ部門に配属されました。折しも当時は、日経225先物が上場して、間もない時期でした。わたしは、日々、日経225先物の研究に没頭しました。

では、日経225には、どんな法則があるのか。

EXCELで誰でも検証してみれば分かることですが、歴史的に日経225は、日々のローソク足を並べると、陽線よりも陰線の方が長いのです。つまり、寄付きでエントリーし、大引けでエグジットするデイトレードシステムであれば、売りから入るシステムの方が有利です。逆に大引けで買って、翌日の寄付きで売るという戦略も時に有効です。


FX奥義 極(きわめ)FX初心者でもできるFX完全自動売買ソフトがついに登場!!

FX奥義極(きわめ)

FX奥義極(きわめ)

FX奥義極(きわめ)


また、特に月曜日は売りが儲けやすい傾向もあります。おそらく土日に『会社四季報』で研究していたサラリーマン投資家が月曜日の寄付きで一斉に買い注文をする為だと思われます。

数年前から大流行した手口ですが、日本の投資家は海外の指標をよくチェックしていることも、システムのネタになります。

日本の投資家は、9時に株式市場が開く前に必ず前日のニューヨーク市場のダウ平均の結果を見ます。ダウが下がっていたら、日本株も下がりそう、ダウが上がっていたら、日本株も上がりそう、と日本の投資家は考えるのです。

現実に、日本の投資家はダウが下がると、寄付きで日本株を過剰に売り、ダウが上がると日本株を過剰に買う傾向があるのです。寄付きから大引けにかけて、この相場のゆがみは徐々に修正されます。


【完全版】トレンドストリーム ファーストクラス

超堅実FX

超堅実FX

超堅実FX

FX は、この やり方 で! 私は 両建て で 必勝 ! それを可能にするのが 資金管理 の 手法 だ!


システムトレーダーは、こうした投資家全体の習性を逆手に取ってシステムを設計します。つまり、ダウが上がっていたら、他の大多数の投資家の裏をかき、日経225先物を寄付きで売って、大引けで買い決済。ダウが下がっていたら、寄付きで買って、大引けで売り決済。このシステムは長い間、通用しました。

デイトレードシステムだけでなく、夜とまたいだオーバーナイト戦略もあります。代表的なのが、月末(27日以降)から月初め(2日以前)にかけて、大引けで買って、翌日の寄付きで売り決済するシステムです。

何故このロジックが有効なのかは定かでは御座いませんが、一説には、月末に給料の入ったサラリーマンが株を買うからとも言われています。

わたしは日々、相場を分析する事で、こうしたシステムを数多く開発し、巨額の会社資金を運用し、毎年、数億円の利益を出していました。

FX自動売買ソフト

しかし、いくら優秀なシステムを作っても、儲かるのは会社であり、給料という形でわたしに入ってくるお金はシステムの利益全体から見れば僅かなもの。そこで、わたしは数年前に独立し、フリーの投資システム開発者となったのです。現在、わたしは世界中の相場を対象に数々のシステムを開発し、その一部は大手ファンドの運用システムにも採用されています。

このような長年にわたる経験によって培ってきたテクニックの粋を凝縮したのが
「FX奥義 極(きわめ)です。

では、「FX奥義 極(きわめ)の特長をご紹介してゆきましょう。

>>更に詳しい内容はこちらから










Binder: FX奥義極のバインダー(日記数:1/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=10041146&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.