kaisi123さんのマイページ

毎日毎日を遠ざけてくれるか

2014/01/08 12:31

日々の日光、日々のぬくもりはいつも通りして、心の喜び。時は移り、つかの間、毎日毎日を遠ざけてくれるか、知らない間に、年寄りじみた歳月、やせた美人。時の流れは止められないが、断る理由がない、楽しんであの一面の日光の光り輝く!恩に感じる心、道で、風と一緒に舞い上がり、抱きしめ空の下で、それの1束明媚な温もり!
ある種の縁を叫んで、美しいに出会って、1種の愛があって、名前は心の手を繋いで。ある種の情として生涯を、ある種の念を叫んで、天涯西東。
そんなあなたは、千裏を隔てて立っているほか、時間の距離で、日沒煙霞の夕闇の中に、私が寂しい後ろ姿を経由して、あなたの神秘的な、私はあなたを見て、その瞳にふと振り返ると、あの1部のサプライズ!一度はすばらしいとの出会い、その道の美しい、縁が、こんなに美しい魔法で!
ある愛、工夫を凝らして必要がなくて、あなたの心の底には、永遠にも消せない記憶!いくつかの愛する必要がなく、ナレーションにしても、黙って、その瞳の中で愛を伝えるの、十分に一生銘記!愛、1種のラブラブな美しいような香り、一輪のバラ、花の濃い、暖めて開心。
長い人生の道で、人と出会う、君の心は畳韻;紅塵万丈の中で、どのみち知遇を得て心の知己。たとえ越しに歳月の両岸で、たとえ一生会えないのに、急に変わって、離れないで見捨てない。お互い相手の心に入って、互いに寄り添ってるあの暗黙の瞭解が、あの感動をわからない、ただ心。
もしかすると、前世、借金したあなたの多すぎるの情、今生、返済時なので、やっと出会い時の渡し場。洋洋果てしない海に、あなたは私のよう舟一葉揺れて、探して探して、流されても、永遠に知らない、あなたと私、いったいどれだけ遠い距離越し。
今、私がぶつかり合う、前世の情を返しますかどうか、私は全身楽ですか?かどうかは、私がそう一肩の憂愁、余裕の向きを変えて、優雅に振り返る振り返ると、そこには惜しんで歩いて、向きを変えて、でも忘れないあなたの目疼惜。
私はこの端、あなたのその端、雲海の時空を隔てて、すべての変転浮瀋、命の凝りから?心に重鎖、シーツ、永遠にできないから、その夢のように、きれいな花が満開でしかない天崖果て、運命は、私の人生、触れられない痛み!
種の愛があって、心の奥で、距離を超えて、超脱して混雑、時を越えて。このような愛は、相顧無言の瀋黙は、離れないで見捨てない馬鹿の念は、暗黙の瞭解が守る、天涯咫尺のぬくもり。


Tags: なし
Binder: kaisi123のバインダー(日記数:7/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=11795196&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.