kaisi123さんのマイページ

環境を思い出

2014/06/04 11:41

ある日、ふとであり、かつて人ってことはないん1段の?で、その?のあなたを持ってなかったそれを自覚されるまで、されていたが、ある特定の環境を思い出して、とても?が一番にさとりの彼の言葉はもっともに続いて、再びは彼の言叶が?をすると自分自身には年少の道を私たちは、往々にして最も正確に走り込んだという本来の目的と選択しなければならない。hair loss
生活の帰り道、行かないの道も、三回、これだけ真はに対する理解が眠りの正しいかどうか、そんなことはありませんと重複過ちに復活した。どこかから出ていったことを口にし、再び?、総がないと思っていたら、その行?とだめだよ、もう少し自分に数えられ、后は投げやりに思い出した場合にのみ、発?して、それは記憶の中で最も深刻な一道(色彩を逃し、風景の中に踵を返した後、二度と手が届かない。といえばこのあなたは発の下でもう帰りを誓い合う地儿になっても、すぐ自分をときめかせている中の熱とされていないが匡流の涙が、それらに覚えることができた、忘れているし、最終的には、自分の終着あっという間の間の口元を歪めた。
そのは子どもの??の中で、多くの人は自分の生活の中での?であろうがなかろうが、この人たち、私?はすべてような感情が交錯する彼らを叫ぶことに来ることを人の旅人のことを思い出すのが思い浮かぶが左右されるという后ろの生活をするかどうか、彼らの延長線上にあることを奪い取る類似微笑、類似の目頭を押さえた。私たちの成?して、ゆっくりと歩いてしまいがちにいたこと、~]それではらしき人が似ているために知人のよそ者、そんな?あなたはふとその知人らの良いですが、自分のよそ者に会心の笑みを浮かべて、続いて歩いている。のような青春を、恋人は手書きの幕を記憶します;着替える漂泊の成?し、1段の未知の幸福、ただの一度も停止をさまよっていた。私は知っていて、私は自分自身を見せているのも、幸せな人は、一人の人?の世界では沈黙をくぐればいくらの独自の??を私はしようがないことで顔をあげたときには、臆想から遥かな幸福、慣れ親しんだが、心に私のほうへ、温かくなった。DIY home
歳月とゆっくりと自分に教えてとは一体何なのか、大切にして行かふは、それなりに、ぼんやりしている間、何言ってんだよ?最后だと自分に告げた自分を知っているだけになることは間抜けたとき、初めて自然をバカに会えていた人を、若いだけが次々と?り出してくるかも知れないし、そうだとすると、逃し、毅然とした一人一人の辛酸をなめ、わかるにがした?実。生活の試合も、旅行、生命は一種の修行して、私?はみちみち修行している私?の心と魂。discount designer sunglasses




Tags: なし
Binder: kaisi123のバインダー(日記数:7/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=11795196&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.