もしかめさんのマイページ

TVアニメ「Dr. slump アラレちゃん」を語る

2016/10/30 15:06

今回は、久しぶりにテレビアニメの話をしたいと思います。

取り上げるのは、最近CMで再び話題になっている「ドクタースランプアラレちゃん」です。



…いや、私がまだ子供だった時代は、CMといえば↓こっちの人↓がアラレちゃんでしたけどね。



余談はこのくらいにしておき…。

この私が日本のテレビアニメの中で一番大好きなのは、タツノコプロ制作の「キャッ党忍伝てやんでえ」であることは、以前ブログに書きましたが、その次に好きなのはどの作品か、と問われると、色々と迷いながらも、多分このアニメが候補に挙がるんだろうなあと思います。

そのくらいお気に入りのアニメ、それが「ドクタースランプアラレちゃん」です。



ちなみに、「ドクタースランプ」は80年代と90年代にそれぞれテレビアニメ化されておりますが、今回私が話題にしたいのは、主に80年代に制作されたほうです。

90年代のほうは、ハッキリ言わせてもらうと「論外」というべき程のつまらなさだからです。

その理由は、のちのち述べたいと思います。

じゃあ、どうして「ドクタースランプアラレちゃん」が私のお気に入りのアニメなのかについてですが、一つには私の好きなテレビアニメには基本的にギャグアニメが多いことも以前ブログに書きましたけれど、「ドクタースランプアラレちゃん」もギャグアニメであること。

でも、ギャグアニメなんて国内だけでも履いて捨てるほどある中において、「ドクタースランプアラレちゃん」を敢えてお気に入りとして私が推すのにも、理由がもちろんあります。

単純にただ面白い、と言うだけなら誰にでもできますが、きちんとその理由を考えて文章をまとめてブログに記すのが、今回の私のお題です。

幸いにも、動画投稿サイトに記念すべき第一話がありますので、まだ見たことがないという人は、是非とも先にご覧いただきたい。

「Dr. slump アラレちゃん第一話(旧)」→https://www.youtube.com/watch?v=8M2DeRW38gM

私が思うに、このアニメが面白いと感じられる最大のポイントとしては、漫才テイストのボケとツッコミにあると私は思います。

しかもボケとツッコミがキチンと噛み合っている。

これが全くかみ合っていないアニメは沢山あるけど、アラレちゃんは断然格が違う。

これこそが大人気の起爆剤となり、最終回まで一貫していたので、アラレちゃんが長寿番組となったのだと思います。

しかも放映当時は空前の漫才ブームでもありましたので、視聴率もアニメとしてはズバ抜けて高かったらしい。

特に第一話では、アラレとセンベエのボケとツッコミが序盤から絶え間なく、しかも鋭くスピード感をもって繰り出されていて、見る人を全く飽きさせない作りになっています。

更に言えば、ボケとツッコミがシナリオだけで進行するのではなく、絵や効果音もシナリオとしっかり連動して描けている点がすごいのです。

これは当時の監督や演出家のスタッフが優秀であったことを裏付けているのだと思います。

いまどきのアニメなら、口パクや絵の使いまわしでシナリオをスルーさせて時間稼ぎしてしまう手抜きアニメも多いです。


第一話から、一つだけ例を挙げると…



「博士!飛べません!!」



ズコッ!!



「べつに飛ぶ必要なんかないでしょうがっ!!」

とまあ、こんな感じに演出されています。



つまり、原作では僅か2コマのところ、アニメではわざわざ3コマに分割した演出になっているわけです。

だから、よりギャグが引き立ったのだと思います。

アニメの制作スタッフの優秀さと、作品に賭ける情熱が、このシーンたった一つだけとっても伝わってきませんか?

90年代にリメイクされた「Dr. slump」は、80年代制作の「Dr. slump」とシナリオが被る回はいくつもあります。

すなわち、どちらのアニメもある程度原作に沿った作りになっているわけですが、言っちゃ悪いけど、ボケとツッコミの鋭さといい、その演出といい、どれをとっても、リメイク版は酷く精彩に欠けているのです。

論より証拠ということで、リメイク版の第一話も動画サイトにありましたので、ご覧ください。

「Dr. slump 第一話(リメイク版)」→https://www.youtube.com/watch?v=F47ihhubjkY

敢えてリメイク版を褒めるとしたら、昔よりも絵が鮮やかになったね、アラレちゃんが以前よりも可愛くなったね、と。

それだけですよ…。

リメイク版の肝心の中身は、決して褒められたものではないと思います。

一本見ただけでお腹一杯になってしまい、もうこれ以上見たくない、アラレちゃんの思い出を壊したくない、という拒否反応が出てきてしまう。

90年代にリメイクされた「Dr. slump」は論外だと私が最初に述べた理由は、そこなのです。


しかし、80年代ドクタースランプにも、2点ほど残念に思っている点があります。

この点さえなければ、日本国内のテレビアニメで、たぶん一番私が大好きなアニメが「80年代ドクタースランプアラレちゃん」になっていたと思います。

では、それが何かというと、まず第一点。

アラレちゃんのキャラクターイメージが序盤以降からだんだん変わってしまったところです。

第一話を見ると、破天荒一辺倒でアラレ語バリバリなアラレちゃんのイメージとはちょっと違っていることに気付きませんか?

私はずっとこのイメージで最終回まで突っ走ってくれればよかったのに、と思うのです。

でも、たった数話だけとはいえ、そんな私の願いをかなえてくれた回があったんですよね。

その代表的な回が、これです。



アラレちゃんが真面目でおしとやかな女の子になってしまうという、原作の単行本にもあったお話です。

話数でいうと、第24話「アラレちゃん大変身!!」です。

あともう一本、かなり終盤のほうなのですが、オボッチャマンとアラレちゃんがデートする回がありました。話数でいうと、第241話「さよならアラレちゃん 見知らぬアラレの恋人」です。



アラレちゃんは基本的にはいつもの破天荒キャラなのですが、この回だけは妙に女の子に見れるところが良くて、個人的に大好きなお話。

アラレちゃんが極端な破天荒キャラでなく、いつもこれくらいの子だったらよかったのに…と、思ってしまったわけで、ここが残念でなりません。



他にも例えば第165話の「とら八おじさんの文鳥」みたいな、アラレちゃんが妙に良い子(に見える)な話もあるにはありますが、すぐに思いつくお話はそのくらいかな。あとは忘れました。

基本的にアラレちゃんは、ペンギン村の住人に迷惑ばかりかける「ムカツく子、でも憎めない」というのが、残念ながら基本的な私のイメージなのです。

まあ、人それぞれキャラクター性の好みの差があることなので仕方ない部分がありますが、私はある程度破天荒な部分を抑えて描かれたアラレちゃんのほうが好みでした。

あと一つ残念なこと、2点目は、作画、つまり絵です。

80年代制作のアラレちゃんは、序盤とそれ以降とでキャラの絵そのものが完全に変わってしまっています。

論より証拠ということで、ご覧いただきましょう。



↑初期のアラレちゃん↑



↑それ以降のアラレちゃん↑



↑初期のアラレちゃん↑



↑それ以降のアラレちゃん↑

どうですか?

違いに気付いてもらえたでしょうか?

まだわからない、という人のために、もう少し見ていただきましょう。




↑初期のアラレちゃん↑



↑それ以降のアラレちゃん↑



↑初期のアラレちゃん↑



↑それ以降のアラレちゃん↑


わからなかった人も何となく私の言わんとすることに気付いてもらえたのでは、と思うので言わせていただくと、アニメの初期と比べてキャラクターのディフォルメ化が進んでしまったんですよね。

顔もそうですが、体のほうも初期の頃は3頭身から2頭身半くらいだったのが、序盤以降は2頭身半から2頭身へと変化しています。

どうしてそうなってしまったのかはわかりませんが、おそらくアニメの制作スタッフが原作の絵に忠実に従った結果なのだろうと推察する。

つまり、悪いのはキャラをコロコロ変化させた原作ってことですね。

論より証拠、ということで、原作本も時系列で比べてみることにしましょう。




↑初期のアラレちゃん↑



↑それ以降のアラレちゃん↑



↑更にそれ以降のアラレちゃん↑



↑もっとそれ以降のアラレちゃん↑


年代によって明らかに絵にばらつきがあるのがハッキリわかります。

絵が上達したとか、そういうのじゃないですね。頭身や描き方そのものが変化していますので。

その点で言いますと、80年代制作のアニメはある程度原作に忠実に絵を描いたのに比べ、90年代はアラレちゃんの顔に試行錯誤したところが伺えます。

つまり、絵をオリジナルにしたことで、コロコロ変化する原作に対応したということでしょう。

なぜかって、90年リメイク版のアラレちゃんの顔は、明らかに原作臭さが抜けて、オリジナル色が強く出ているように見えるからです。

論より証拠ということで、比べてみましょう。




↑原作のアラレちゃん↑



↑90年リメイクアニメのアラレちゃん↑



↑原作のアラレちゃん↑



↑90年リメイクアニメのアラレちゃん↑

原作は顎がシャープに描かれているのに比べ、アニメでは丸みを強調して描いています。

アニメ版のオリジナルとして可愛さを追求した結果なのでしょう。

アラレちゃんの絵と声に関して「だけ」に限って言えば、個人的には90年代のリメイク版に軍配を上げたいと思います。

とりあえず最後にリメイク版をちょっとだけ褒めることが出来たところで、ひとまずアラレちゃん談義を終わりたいと思います。

気が向いたらまた取り上げたいと思います。

【送料無料】 ハロウィン コスプレ あられちゃん 帽子 選べるサイズ 大人用 子供用 めがね セット 男女兼用 Dr.スランプ アラレちゃん キャップ価格:1,280円(2016/10/30 18:35時点)感想(14件)


【公式】Dr.スランプ アラレちゃんキャップ ピンク価格:1,944円(2016/10/30 18:35時点)感想(3件)


Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLAMP THE BOX ほよよ編価格:351,000円(2016/10/30 18:36時点)感想(0件)


【中古】【DVD】Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編-全巻読破.COM漫画全巻大人買い専門店-価格:90,290円(2016/10/30 18:37時点)感想(0件)


Dr.スランプDVD SLUMP THE COLLECTION アラレちゃん誕生!&ニコチャン大王がやってきた!の巻価格:53,460円(2016/10/30 18:37時点)感想(0件)


Binder: もしかめのバインダー(日記数:160/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=12228148&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.