もしかめさんのマイページ

3年ぶりの…

2018/06/12 00:02

親戚の法事の為、3年ぶりに四国へ渡りました。

私の親父も法事に行くことにしたようなのですが、6日の晩、私よりも先に家を出たと思ったら、すぐに帰ってきました。

どうしたのかと聞いたら、乗るはずだった電車にうっかり乗り遅れたそうでした。

時刻を間違えてメモしたのが原因だそうです。

…ということで、私が6日の晩に一足先に家を出ることになり、親父はサンライズ瀬戸の指定席をキャンセルし、翌朝7日の朝早く、在来線の特急と新幹線とを乗り継いでくることにしたようでした。

とにもかくにも、親父はバスと飛行機がお嫌いなようです…。

1396.jpg

私は6日の夜に大阪行き夜行バスに乗車し、翌朝7日の朝に大阪到着。

大阪からは、高知行き高速バスに乗って、四国に渡ります。

どちらのバスも、乗客はまばらでございました。

私は午後2時ころに高知駅BTに到着、すぐさまJRにのりかえ、出発時間待ちの奈半利方面に向かう列車に飛び乗りました。

親父とは後免駅でバッタリ再会。

新幹線ってやっぱり早いですね…。

田野で降りて、葬祭会場と聞いていた施設まで徒歩で約5分。

葬儀の時間までまだ2時間以上あるので、すぐ近くのたのたの温泉に行くも、この日は木曜日で定休日でした…。

仕方ないので、控室で時間を潰していると、やがて見覚えのある親戚がぽつりぽつりと集まりだしてきました。

遺体も到着していたので拝見しました。

聞いた話では、肝硬変で血を吐いて冷たくなっていた、と伺っていたのでしたが、遺体の顔はまるで笑っているかのようでした。

人の気も知らずに何という顔してるのかとツッコミたかったです。。。

祭壇をみると、遺影は随分前のものと思われる若い写真。。。どうやら、写真が見つからなくて、仕方なく免許証をさがして顔写真を遺影にしたらしい。

それから、今回の葬儀で初めて「神葬」というものを知りました。

帰ってきてからいろいろと調べてみたのですが、日本では仏教が渡ってきてからお葬式がメジャーとなりましたが、神葬はそれ以前から行われていたようです。

つまり神式のほうが日本古来の法要のありかたってことになりますね。

数珠は使わない、線香ではなく玉串をお供えする、など、仏式とはいろいろと異なる点があって戸惑ったのと同時に、興味深かったです。

夜は3年前にご厄介になった家と同じ家に泊めてもらいました。

1397.jpg

昔から飼われてた犬(さっちゃん)はまだ元気でした。

あともう一匹、名前は忘れたけど、やたらと人懐っこいダックスフンドが、3年前にこの家に伺った時に1匹いたんですが、なぜか2匹に増えていました。

1398.jpg

聞いた話では、娘が飼っていたダックスを引き取ったらしい。赤い首輪で、名前は「ソラ」というらしいです。

1399.jpg

更にもう一匹、新入りがいました。「マルモ」と呼ばれていたので、そういう名前なのでしょう。

せわしなく走り回るダックスとは対照的に、おとなしい犬でした。


そして翌日の8日、遺体を焼いて骨を拾い、すべての儀式が終了したので、暗くなる前にご先祖様のお墓をお参りに行こう、という話になりました。

雨も止んでいたので、ちょうどよかったのです。

そしたら、向こうから親戚のおばちゃんが、大声張り上げて飛んできて、それは止めなさいと強く引き止められました。

「ついで参りは友を引く」といって、やってはいけない行為だという。

また一つ勉強になりました。

お骨が喪主の自宅に戻って、日を跨げば、ご先祖様をお参りしてもよい、ということだったので、翌日9日の朝、ご先祖様のお墓を参って、それから家に帰ることにしました。

1400.jpg

今度来るときは、法事ではなくて、遊びに来いよ!と言われました。

願わくば私もそうしたいですが、みんなすっかり年を取って、ここ数年で随分と元気な親戚が減りましたよ…。


Binder: もしかめのバインダー(日記数:160/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=12228148&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.