ゆきさんのマイページ

大大ダナナ様

2010/03/05 14:46


ゆきは旦那さんのことを日本語で「旦那さん」と呼びます。

そのまま・・・ですね(笑)



旦那さんも、3年以上、自分のこという時は日本語で「旦那さん」と言います。

本当にそのまま・・・です(笑)







でも、ある日の夜、さぁ〜寝よう!っと言う時、旦那さんが言いました。

「敬意のある呼び名で呼ばれたい!」 っと。







そして、しばらく考えてから

「大大ダナナ様 (読み方:おおだい だななさま)」と呼んで欲しいと。







日本語が間違ってて、聞こえが可笑しくて、馬鹿らしい

けど、何だか立派そうに聞こえる、この名前が気に入っていると。







それから、ゆきは旦那さんのことを・・・旦那さんのリクエスト通り

「大大ダナナ様」と、笑いを堪えながら呼んでいます。







そう言えば、昔、「ダナナさん」と呼んでって言われました。

バナナみたいな聞こえで、好きらしい(笑)







大大ダナナ様は、もう4年以上、毎晩ベッドでゆきに背を向けて

体勢がひらがなの「く」の形で横になりながら、日本語でこう言います。







「抱いて お願い!」 っと。







後ろから抱くのですが、長い時間横向きの体制は体が疲れるし、

大大ダナナ様の体は暖炉のように熱く、長い間くっついていられないので

しばらくして大大ダナナ様から離れます。







すると、背を向けた大大ダナナ様から聞こえてくるのは

「キュ〜ン、キュ〜ン・・・」 っとだけ。







子犬が鳴くような、悲しい声・・・。







無視していると、大大ダナナ様が体の向きを変えて、くっついてこようとします。







「熱い〜から・・・。」って言うと

悲しそうに、また、体を反対に向けて







聞こえてくるのは

「キュ〜ン、キュ〜ン・・・。」 っとだけ。







ゆきが 「ごめんね・・・。」 って、言うと。

大大ダナナ様は、「もう寝る時間だから。」 って。







毎晩、4年以上このような光景が繰り返されています。






Binder: ゆきのバインダー(日記数:1051/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=1335531&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.