ZENさんのマイページ

『How the Mighty Fall CD: And Why Some Companies Never Give In』

2009/10/17 08:35


How the Mighty Fall CD: And Why Some Companies Never Give In著者:Jim Collins販売元:HarperAudio発売日:2009-06-01おすすめ度:クチコミを見る

マーケティング方策の振り返りを行なう時、一番大切なのは「何がうまくいったか」ではなく「何がうまくいかなかったか」を共有することだ。それは企業の研究をする時にも同じはず。しかし、『失敗の本質』といった名著もあるものの、特に日本においては企業の失敗に焦点を当てた書籍は驚くほど少ない。それはおそらく、企業側から情報が出てこないことが大きな理由なのだろう。

著者もかつては「成功」の要因を分析する著作を何冊か出している。しかし、そこで取り上げた「成功企業」が間を置かずして凋落していく様を見るにつけ、「失敗」の原因に目を向けるようになった。

企業30年説も根強い。どんな大企業もいずれ衰退するというのは歴史的事実だろう。しかし、同じような業態で同じ頃に創業しても、成長し続ける企業もある。消えていく企業には、何か特有のパターンがあるのではないか。著者はそれらの企業を、財務、戦略、組織、リーダーシップ、環境など様々な観点で分析し、どの時点でどのような失敗があったのかを浮き彫りにしようとする。Across a range on dimensions, such as financial ratios and patterns, vision and strategy, organization, culture, leadership, technology, markets, environment, and competitive landscape. Our principal effort focused on the two-part question, what happened leading up to the point at which decline became visible and what did the company do once it began to fall? (p14)

著者の使う、癌のアナロジーは分かりやすい。外見はまったく健康体に見えても、実は内部では病が確実に進行している。そして恐ろしいことに、気がついたときにはすでに取り返しがつかない状況になっている。I began to think of decline as analogous to a disease, perhaps like cancer, that can grow on the inside while you still look strong and healthy on the outside. (p3)

that's what makes the process of decline so terrifying; it can sneak up on you, and then - seemingly all of a sudden - you're in big trouble. (p18)
企業によって速度の差こそあれ、企業の凋落にも癌と同じようなステージがある。
 Stage 1: 成功の中で生まれる傲慢
 Stage 2: 分不相応な拡大の追求
 Stage 3: リスクと危機の認識拒絶
 Stage 4: 救済へのあがき
 Stage 5: 不適切な方向転換、もしくは死

ステージ2まではまったく自覚症状が無い。むしろ企業業績からは順風満帆に見える。だから、初期症状を過小評価し、見て見ない振りをしてしまうのだ。

ついに異変から目を背けられなくないほど病状が悪化したときにも、企業は往々にして意味を成さない愚行に及ぶ。組織再編などはその最たる例で、「癌の宣告に対してリビングの模様替えをするようなものだ」と著者は言う。Reorganizations and restructuring can create a false sense that you're actually doing something productive. (中略) It's a bit like responding to a severe heart condition or a cancer diagnosis by rearranging your living room. (p80)

「大企業の失敗」というと、「図体が大きいが故に変化に対応しきれなかった」という図式が条件反射的に浮かぶ。しかし実際のところはその逆だ。身の程知らずの拡大路線こそが、大企業を自己崩壊の道へと突き進ませる。

本書のポイントは、「変化への対応は重要だが、そればかりに気をとられて、自社の本来の強みや目的を忘れるな」ということに尽きる。the companies in our analysis showed little evidence of complacency when they fell. Overreaching much better explains how the once-invincible self-destruct. (p47)

Never give in. Be willing to change tactics, but never give up your core purpose. ...Be willing to embrace the inevitability of creative destruction, but never give up on the discipline to create your own future. ...Be willing to form alliances with former adversaries, to accept necessary compromise, but never - ever - give up on your core values. (p123)

いろいろな小さなトライアルを積み重ねつつ、最悪のシナリオを想定して、これなら成功する、あるいは踏み出さなければアウトだという状況までロールアウトしてはいけないとも言う。

結局は、大企業においては石橋を叩いて渡る堅実経営こそが長生きの秘訣、ということなのだが、さて今の時代、そこまで悠長に構えていて大丈夫なものか。著者には、十年後にまた同じテーマで研究してもらいたいと思った。


以下、いつか使うかもフレーズ集。
"All models are wrong; some models are useful." (Statistics professor, George E. P. Box, p20)

To be a knowing person (中略) differs fundamentally from being a learning person. (p39)

One notable distinction between wrong people and right people is that the former see themselves as having "jobs," while the latter see themselves as having responsibilities. (p57)

while no leader can single-handedly build an enduring great company, the wrong leader vested with power can almost single-handedy bring a company down. Choose well. (p62)

"A crisis is a terrible thing to waste." (Merck CEO, Dick Clark, p116)

"For me, this was all about having a company that people could retire from, ...having a company that actually would have pride some day in terms of its accomplishments." (Xerox CEO, Anne Mulcahy, p116)


Tags: 書評 | 企業 | NEVER | 著者 | YOUR | PEOPLE | 失敗 | | 凋落 | 成功
Binder: ZENのバインダー(日記数:270/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=175505&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.