かずさんのマイページ

ハッピーアワーを極めるぞ!

2010/03/04 08:54

お元気ですか?
今日のテーマはハッピーアワーです。ハッピーアワーとは、仕事のすぐ後に(5時ごろ)、仕事の同僚などと、ちょこっと飲んで、ちょっとしたものをつまむことを言います。口発音時代は、誘われることがなかったので、あまりその文化を知りませんでしたが、今は、よく誘われますし、そもそも、部署で、すでにいつも決まった日にあるんです。昨日行ったのは、1週間に1度のもの。それに加えて、もっと本格的に、1ヶ月に一回、部署のがあります。
もし、皆さんが一緒に私と来たとしたら、ものすごく圧倒されたと思いますよ。何がかというと、声です。同僚達の声です。喉声ですが、それもパワー喉声です。トランペットのようなものすごい大きい声です。それについて、解説した音声UPをしましたので聞いてみてください。
www.estat.us/blog/barconv.wav
周りががやがたとうるさいですから、喉の音がものすごく響く声で皆が喋ります。私も負けずと、声を張り上げてきましたが、喉発音でやっていると、全然、喉がいたくなりません。
あと、喋る内容よりも、声を張り上げて笑うほうが大切な感じがするほどで、気分もよくなります。
グループの半分ぐらいは、その後、すぐに運転をしないみたいで、ショットと呼ばれるのですが、お酒を一気飲みみたいなのをしていました。バーボンでしょうか。私は、運転するので、アルコールは飲みませんでした。
すると違いが出てきますね。歌いだすんですよ。大声で。TOP GUNの映画のシーンみたいでした。
そこまではハイパーになれなかったですけど、なんとなく、私も大声で適当なことを言いまくっていたら、ちょっと同僚に見直されたかもしれない、、、???と感じました。
なんとなく日本語で日本人と喋るときの勢いと、英語でのそれが近づいていると感じて、なんかうれしくなりましたよ。やっぱりリラックスすることが大切ですね。子供の気分にもどって。
というわけで、私は、これから、はっぴアワーの征服を目指そうと思います。大きな声で、楽しいときをすごせるように、頑張ると。
ちょっと思ったのだけど、話は硬いと相手が引くのが分かります。とにかく、何かくだらんことでも描写していたら、ものすごく盛り上がりました。
メカニズムがあるとは思います。
皆、楽しみに来ているのですから、硬い話はいらんわけです。
ハッピーアワーを極めるぞ!
ただし、お酒は飲みません。運転があるので。最近、私の住む州では法律が変わって、全面的に禁煙になったので、空気もけむたくありません。ただ、食べ物はバーフードと行って、脂っこいものが多いので、気をつけよう。
あるんですよ、アメリカでも、日本の居酒屋のおつまみに対応するものが。バッファローウィングとか、カラマリ(イカ?)とかね。うまーーー。
昨日行ったのは、ここです。写真で雰囲気が分かるかな。
http://www.greatamericanrestaurants.com/Arties/tour_ourspace.php


Binder: 英語喉ブログ(日記数:870/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=19806&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.